将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

コンピュータ将棋考

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
『アルファ碁』を含め、我々がコン君から学んだことが二つある、と思う。(注1)


将棋には格言がある。(注2)

この格言を十二分に理解すれば、プロには勝てないが、アマトップには成れる。

ならば、世の中の全てのことに同じ理屈が当て嵌まる。

例えば、経営の格言を十二分に勉強すれば、ビジネスでそこそこの成功を納められる。(注3)

と、云うことだ。

これが学んだことの一つ目。


そして、もう一つ。

前述のレベルは、プログラマもアウトプット(将棋なら指し手)を説明できる。

しかし、プロに比肩する『機械学習』だとか、『ディープラーニング』だとかになると、

もう、誰も解説できない。

コン君の中は、ブラックボックスと化す。


この結果、コン君が、絶対、人間のプロに敵わない点が発生する。

それは何か。

「 説明 」である。

それは、医療AIに当て嵌めれば解ると思う。


畢竟、利用者に対する「 責任 」を果たせず、「 満足感 」を得られないことに帰結する。

これが、二つ目に学んだこと。


*----------*----------*
【注解】

注1.コン君

 先崎学八段が、コンピュータ将棋ソフト及びコンピュータを「コン君」と呼ぶ。

 流石、上手いもんだ。私も拝借させて頂くことにした。


注2.将棋には格言

 格言の例

 「 歩のない将棋は負け将棋 」
 「 金底の歩、岩より固し 」
 「 敵の打ちたい所に打て 」
 などなど。

 同時に矛盾するものもある。

 「 底歩三年の患い 」

 とか。

 しかし、これは矛盾しているのではなく、ケースバイケースなのだ。


注3.経営の格言

 格言の例(P・F・ドラッカーより)

 「真のマーケティングは、顧客から出発する。」
  (すなわち人間、現実、欲求、価値から出発する。)
 「リーダーを育てることの方が、低コストで生産することよりも重要である。」
 「成功した企業は、誰かが勇気ある決断をした。」
 「コミュニケーションで最も大切なことは、相手が語らない部分を聞くことである。」
 「ビジネスには二つの機能しかない。マーケティングとイノベーションである。」

*----------*----------*
【参照】

ゴールデンウィークと云えば、コンピュータ将棋選手権である。

もう、コン君は人間を超えたか?(注)

いつも話題になる。

意見は二分している。


羽生名人、渡辺竜王が「 逃げている 」と嘯く人達が居る。

愚かだ。


対局するとなると、それなりに準備が必要である。

羽生名人は、本気でやるなら1年間、公式戦を休むと条件を出したとか。

当然であろう。

ならば、対局を自分で決められない。


渡辺竜王は、ボナンザ(Bonanza)と戦った十年前でさえ、当初、拒否していたくらいである。

駒落ちなら兎も角、プロ棋士側に何のメリットもない。

勝って当り前、負ければ、失うものが大きい。

戦う意味がない。


私が連盟会長なら、向う20年間の連盟収入をファイトマネーとして請求する。

最低100億円だ。

それでも、現在の新聞社と天秤にかけたら、悩む。

やらないのが最善手だ。


コン君将棋選手権は別世界のものとして、楽しもう。


*----------*----------*
【注解】

注.コン君

 先崎学八段が、コンピュータ将棋ソフト及びコンピュータを「コン君」と呼ぶ。
 流石、上手いもんだ。私も拝借させて頂くことにした。
『 アルファ碁 』が李世乭(イ・セドル)に勝つ前のニュースで、やや古いが、面白い談話を見つけた。

『DeepZenGoプロジェクト』発表の席で加藤英樹代表の話。

『Zen』と『アルファ碁』とのレーティング差は500程度。勝率は約3〜4%程度

メンバーの山本一成の話。

囲碁の局面の把握は『絵画の評価』に近い


とうとう、囲碁ソフトの世界は、打倒『アルファ碁』となりましたね。


*----------*----------*
【ニュース冒頭】

打倒『アルファ碁』を目指し『DeepZenGoプロジェクト』が始動


日本最強ソフトの『Zen』開発チームに(代表:加藤英樹)に山本一成とドワンゴが加わり、
『DeepZenGoプロジェクト』が始動。
米Google『アルファ碁(AlphaGo)』の打倒を目指す。 〔平成28年3月1日ニュース〕

ドワンゴは3月1日、世界トップレベルのコンピュータ囲碁ソフトを開発する
『DeepZenGoプロジェクト』を発表した。

『Zen』開発チーム『DeepZen』のメンバー
 加藤英樹代表
 チーフプログラマー・尾島陽児
 将棋ソフト「PONANZA」を開発した山本一成
 AIを専門に研究する東京大学の松尾豊准教授
 ドワンゴがハードウェアや開発スペースといった開発環境を提供
 日本棋院はプロ棋士と対戦する場を設けるなどのサポートを行う。

イメージ 1

ドワンゴ社の川上量生会長は、プロ棋士に5戦5勝で圧勝したGoogleの『アルファ碁』をライバル視。
完成後は、プロ棋士との対戦に加え、『アルファ碁』にも挑戦したい考えだ。
「将棋に限らず、囲碁の『電王戦』を本格化させようとした矢先、『アルファ碁』の活躍に衝撃を受けた。電王戦のシナリオが変わってしまった」(川上会長)
『Zen』開発チームの加藤英樹代表は、AlphaGoとのレーティングの差は500程度で、勝率は約3〜4%程度と話す。
ディープラーニングの手法を用いて「Zen」が不得意な序盤での立ち回りを改善するなどし、勝機を見出すという。
また、CPU4個とグラフィックスカード8枚を搭載するAlphaGoに対し、Zenはデュアルソケット、
グラフィックスカード4枚とマシンパワーで劣ることも挙げ、ドワンゴの協力のもと、ハード面の見直しを進める。

『ポナンザ(PONANZA)』開発者の山本さんは、「将棋とルールは近しいが、囲碁の局面の把握は『絵画の評価』に近い」と説明。
画像認識と相性がよいディープラーニング技術の活用に期待を寄せる。

『アルファ碁』は3月に、国際棋戦で10勝以上している韓国のプロ棋士・李世ドル(Lee Sedol)さんとの対戦も予定しており、
川上会長は「この勢いのまま『アルファ碁』が勝ってしまうと、世間に“囲碁は終わった”との印象を与えかねない」と危機感をあらわにする。
「現時点で日本最強の『Zen』に総力を結集し、『アルファ碁』だけではないことを世に示したい」(川上会長)


今、第3次AIブームなんだそうである。(注1)

知らなかった。


先月、第9回UEC杯コンピュータ囲碁大会が行われ、盛況だったそうである。(注2)

今大会の注目は、私見で3つだった。

1.『ダークフォレスト(darkforest)』の参加

 開発者は、フェイスブックのAIチーム(Facebook AI Research)である。

2.山本一成氏の参加

 山本氏は将棋ソフト『ポナンザ(Ponanza)』の開発者。
 『DeepZenGo』のメンバーで参加。(注3)
 今年は試験的参加で、本格的に優勝を狙うのは来年からと語っていた。
 知らなかったがソフト名『ゴナンザ(Gonanza)』で保木邦仁氏も参加していた。


この大会の直前に『アルファ碁』が李世石(イ・セドル)九段に勝ち、各開発者は衝撃を受けた。

よって、3つ目の観点

3.『アルファ碁』を超えられるか?

となった。

しかし、結果からレベルを推し量ると、世界第2位のソフト決定戦だった。(注4)


閉会の挨拶で伊藤委員長は、

「アルファ碁の出現によって、意欲を殺がれている開発者もおられるようですが、

 モンテカルロ探索を使っている限り、問題点は残っている」

と締め括っています。(注5)

ねっ!
コンピュータ囲碁も、コンピュータ将棋も
所詮!
基本はAI(人工知能)です。
人間を真似しているだけの機械。
但し、眠らなくても動くし、疲れない。
1200人分の頭脳を同時に動かすことも出来る。

しかし、無からの創造は出来ないんです。


*----------*----------*

【注解】

注1.第3次AIブーム

 第3次AIブームの技術の柱は、コンピューター自身が学習する「機械学習」が広まり、「ディープラーニング(深層学習)」技術が進展したことだ。
 ディープラーニングとは、人間の脳の構造をソフトウェア的に模倣し、人間が関与せずに学習を進めることができる学習法だ。
 例えば、これまでは画像を見て、それが犬か猫かを判別する「画像認識能力」は人間にしかなかった。それがAIでできるようになったのである。
 日本で働く人間の約49%の仕事が、10〜20年後にはAIに代替可能になるという。

注2.盛況だった

 第9回UEC杯コンピュータ囲碁大会

 日程:2016年3月19日(土)20日(日)の2日間
 主催:電気通信大学 エンターテイメントと認知科学研究ステーション

 大会史上最多の32ソフトが参加し、海外も含めマスコミも昨年以上に訪れた。
 因みに第8回23ソフト、第7回20ソフト、第6回22ソフト、第5回24ソフトの参加だった。

 Googleが「アルファ碁」を発表し、ドワンゴが「DeepZenGo プロジェクト」を発表し、中国では「異構神機」と呼ばれるプログラムを発表し、
 コンピュータ囲碁の開発競争がにわかに盛んになっており、益々コンピュータ囲碁のイベントに注目が集まっております。

 過去最多優勝経験を誇る「Crazy Stone(仏)」、過去何度もCrazy Stone と優勝争いを繰り広げた「Zen(日本)」、成長著しい「DolBaram(韓)」、
 Face Book 開発チームの「darkforest(米)」、台湾の開発チームによる「CGI Go Intelligence(台)」など世界最高峰のプログラムが優勝を争います。

注3.『DeepZenGo』のメンバーで参加

 打倒『アルファ碁(AlphaGo)』を目指し、『DeepZenGoプロジェクト』を始動。
 日本最強ソフトの『Zen』(開発者:加藤英樹)に山本一成とドワンゴが加わり、
 『DeepZenGoプロジェクト』が始動。
 米Google『アルファ碁(AlphaGo)』の打倒を目指す。 〔平成28年3月1日ニュース〕

 ドワンゴは3月1日、世界トップレベルのコンピュータ囲碁ソフトを開発する
 『DeepZenGoプロジェクト』を発表した。

 『Zen』開発チーム『DeepZen』のメンバー
  加藤英樹代表
  チーフプログラマー・尾島陽児
  将棋ソフト「PONANZA」を開発した山本一成
  AIを専門に研究する東京大学の松尾豊准教授
  ドワンゴがハードウェアや開発スペースといった開発環境を提供
  日本棋院はプロ棋士と対戦する場を設けるなどのサポートを行う。

注4.結果からレベルを推し量ると、世界第2位のソフト決定戦

 【大会結果】

 第9回UEC杯コンピュータ囲碁大会

 優 勝:Zen (チーム DeepZen)
 準優勝:darkforest (Facebook AI Research)初参加
 第3位:CrazyStone (Remi Coulom , Fabien Letouzey)第8回優勝ソフト
 第4位:Aya (山下 宏)
 第5位:DolBaram (Lim Jaebum)第8回準優勝ソフト

 【第4回電聖戦の結果】

 上位2チームは、3月23日「第4回電聖戦」で小林光一名誉棋聖と対戦を行った。
 対局条件:3子局、黒半目コミ出し

 結果:1勝1敗

 第1局 darkforest戦が231手までで小林の白番中押し勝ち。
 第2局 Zen戦は260手まででZenの黒番4目半勝ち。

 【エキシビションマッチの結果】

 優勝プログラムZenと吉崎久博さん(アマ高段者)によるエキシビションマッチが行われ、 Zenの中押し勝ちとなった。


注5.閉会の挨拶で伊藤委員長は・・・

 大会実行委員長 伊藤 毅志(電気通信大学)
 「アルファ碁の出現によって、意欲を殺がれている開発者もおられるようですが、モンテカルロ探索を使っている限り、色々問題点が残っている」
 「デープラーニングという手法(の出現)によって見えなくなっていますが、まだ課題が残っている」
 と締め括っています。

その前に、将棋ソフト対プロ棋士の状況を振り返る。

将棋ソフトが現役A級棋士を破ったときの棋界の反応は、6つに分かれた。


1.怒り派

 あんなもん開発する奴は許せない。将棋の尊厳を損なう。

2.他人事を装う派

 俺はもう年齢(とし)だし、今更ね〜。退治に行くのはバリバリの羽生世代以下でしょ!

 薹が立った低段の俺が適うわけないじゃん。

 頑張れ〜!

3.無視派

 将棋ソフトなんて無視!

 誰がなんと言おうと、人間の方がレベルが上。ただ、終盤で逆転されるから結果が伴わないだけ。

4.挑戦派・自信あり派

 公式戦並みに研究し準備すれば、絶対に勝てる。

5.諦め派

 バイクや自動車に、生身の人間が速度で勝てないのと同じ。コンピュータに勝てる訳ないじゃん。

6.魂抜かれ派

 いつ洗脳されたのか、自ら服従したのか、コンピュータ信者になってしまう棋士も居る。
 将棋ファンからすると、裏切り者に映る。


しかし、こうやって俯瞰すると・・・

もし、日本が、いや、人類が、宇宙人に占領されたとすると、やはり、

人々は、同じ様に分類される行動を起すだろう、と、思う。


王銘琬九段は、「1.怒り派」から「4.挑戦派・自信あり派」へ変身した。

通常

怒り派は、そのまま殻に閉じ籠もって、頑なに接触を拒むのが、常。

だが、彼は、接近して、分析し、理解に努めた。

口で言うのは簡単だが、99%の人が出来ない!

何故なら、嫌いなものに時間を割く気になれないからだ。

これは探究心だけでは片付けるべきではない。

見習うべき、勇気と英知だ。


*----------*----------*
【参照】


*----------*----------*

【プロフィール】

王 銘琬(オウ メイエン)九段

昭和36年11月22日生、55歳、男性

出身地:台湾台北市

所属:日本棋院東京本院

タイトル獲得数:6期

平成12年第55期本因坊戦で趙善津本因坊を4-2で破り本因坊奪取
平成13年第56期本因坊戦で張栩七段の挑戦を4-3で退け初防衛
平成14年第50期王座戦で趙治勲王座を破り初の王座獲得

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事