将棋の茶店「芹沢鴨?」

将棋は大切な日本文化の一つ。将棋界が羽生(はぶ)さんを得たことは、天恵です。

コンピュータ将棋考

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
夕食休憩の団欒の様子は、面白かった。

棋譜速報や『ニコ生』中継がされるようになって、棋士の食事内容が映し出されるようになりました。

私は、鬱陶しく感じていたのですが、なんと「観る将」ファンにとっては重要なんだそうですね。

失礼しました。

そうすると、今回の夕食の様子は、最高の映像だったのかも知れません。


この夕食休憩中に森下九段が、ぼやいていたのが、▲8五歩に続いて▲6五歩と位を張る構想。

若手2人がこれを主張するのだが、森下九段は合点が行かない。

合点が行かないとは言え、俊英の若手2人が主張するのだから、

自分の考え方が古いのか、と森下は自嘲気味の様子。


結局、61手目▲6五歩と2つ目の位を張った。



【図1. 61手目▲6五歩まで】
イメージ 1



よく見ると面白い。


後手のソフト側は、駒組みが頂点に達したと考え、60手目△7一玉と引いた。

手損である。

手損しても、△7一玉と引いた局面は有利と考えた。

否、この観測は人間の感情である。

コンピュータは、手損とかなんとか関係ない。

ただ、△7一玉と引いた局面の評価値が高かっただけなのだ。


対して、人間側は、位を張って有利を拡大できる、と考える。

ソフト側の真似をするなら同じ様に▲7九玉と引いても良かったのだが、人間は手損を嫌う。

そもそも、飛車の上下なら兎も角、玉を囲いから出すなんて、有り得ない。


この辺りが、勝敗の分かれ目だったのではないか。

結果論だが、森下九段の大局観が正しかったのかも知れない。


*----------*----------*
【開催概要】

『電王戦合議制マッチ2016』

棋士軍とソフト軍による3対3の対局。棋士軍の指し手は合議により決定。
ソフト軍の指し手は各ソフトの候補手を基に多数決で決定。
多数決で指し手が決まらない場合は将棋電王トーナメント上位ソフトの候補手を採用。


日程:2016年12月31日(土)大晦日

対局カード:棋士軍 vs ソフト軍

棋士軍:森下卓九段、稲葉陽八段、斎藤慎太郎六段

ソフト軍:PONANZA、nozomi、大樹の枝

持時間:3時間(チェスクロック方式)、秒読み3分。

対局開始時間: 17:00

結果:156手で後手ソフト軍の勝ち

対局会場:ニコファーレ

代指し:新 電王手君(株式会社デンソー)

解説者:木村一基八段、野月浩貴七段

聞き手:香川愛生女流三段、室谷由紀女流二段

記録係:山口恵梨子女流二段

主催:株式会社ドワンゴ、公益社団法人日本将棋連盟

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昨年末12月31日に行われた『電王戦合議制マッチ2016 棋士軍vsソフト軍』は、ソフト軍が勝ちましたが、意外と面白かったですね〜

要因は、森下九段がリーダーで、木村八段が解説だったからかも知れませんが・・・


イメージ 1


私は、合議制でソフトの棋力が下り、棋士側の棋力が上るのではないか、と期待していたので、残念です。

はっきり言って、格の差を見せ付けられた。


対戦した森下、稲葉、慎太郎の3人だけでなく、解説の木村、野月の2人、計5人の度肝を抜いた。

その上、読みの深さと構想力でも負けた。

要するに、完敗だった。


構想力の差を見せ付けられたのが、60手目△7一玉の局面。



【図1. 60手目△7一玉まで】
イメージ 2


これは、44手目に一旦8二へ入った玉を引いたものだ。

人間には発想できない。


野月七段は、次に△6二玉と上がり、飛車の転換も視野に入れていると解説していた。

指し手の意図を説明することは出来る。

しかし、発想は出来ない。

よしんば、思いついても、生理的に指せない。


但し、唯一この種の手を見たことがある。

羽生さんが七冠達成した頃だったと思うが、アマ名人相手に角落ちで指したとき。

一旦入った玉を引いたことがある。

そして、勝った。

解説の中村修七段(当時)が、驚嘆。

「私も角落ちで羽生さんに勝つ自信ありません」と言わしめたので、憶えている。


追記:

食事風景は、今後、将棋番組において重要なコンテンツとなるのではないか。


*----------*----------*
【開催概要】

『電王戦合議制マッチ2016』

棋士軍とソフト軍による3対3の対局。棋士軍の指し手は合議により決定。
ソフト軍の指し手は各ソフトの候補手を基に多数決で決定。
多数決で指し手が決まらない場合は将棋電王トーナメント上位ソフトの候補手を採用。


日程:2016年12月31日(土)大晦日

対局カード:棋士軍 vs ソフト軍

棋士軍:森下卓九段、稲葉陽八段、斎藤慎太郎六段

ソフト軍:PONANZA、nozomi、大樹の枝

持時間:3時間(チェスクロック方式)、秒読み3分。

対局開始時間: 17:00

結果:156手で後手ソフト軍の勝ち

対局会場:ニコファーレ

代指し:新 電王手君(株式会社デンソー)

解説者:木村一基八段、野月浩貴七段

聞き手:香川愛生女流三段、室谷由紀女流二段

記録係:山口恵梨子女流二段

主催:株式会社ドワンゴ、公益社団法人日本将棋連盟

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

明けまして

おめでとうございます!


新年早々「 疑惑騒動 」の話かよ?

と、眉を顰められそうですが、将棋界、将棋ファンにとっては、

この問題が落着くまで、新春は来ないんじゃあないでしょうか?

以前にも書きましたが、

将棋連盟理事も、棋士も、一生懸命です。

それ故に生じた。


人生において、ミスを犯かさない人が居るでしょうか?

ほとんど将棋しか勉強してこなかった専門家が、経営をやってるんですよ。

専門の将棋ですらミスを犯すのに、経営の一度や二度の疑問手や悪手

当り前です。

勿論、その最たる被害者の三浦九段には、謝罪しなければならない。


しかし、あの、谷川浩司が会長、責任者ですよ!

これ以上の決断が、将棋界にあったでしょうか?

絶対に有りません!

文句があったら、大橋宗桂、伊藤看寿に言え!

文句がある棋士は、自分が会長に立候補すべし!


私は、将棋ファンとして、谷川会長を支持します。

勿論、三浦九段の名誉回復、汚名払拭は、大前提、全力を尽くすべきです。


それでは、今年も宜しくお願いします。

イメージ 1

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

例えば。

平成19年(2007年)11月16日未明、香川県の坂出市で女性とその孫の幼児姉妹2人の計3人が、殺害され、

死体が遺棄された事件。

みのもんたは『みのもんたの朝ズバッ!』の11月19日の放送で、父親をあからさまに犯人扱いするかの

ような発言を執拗に繰り返した。

週刊誌や他のマスコミも、右へ倣えで、父親を犯罪者扱い。

残酷無惨。

犯人は、祖母の義弟(義理の大叔父)K。11月27日に逮捕された。


にも拘らず、その後、みのもんたは、テレビで一切謝罪せず、恬として恥じない。

田原総一郎、鳥越俊太郎、筑紫哲也など『似非言論自由キャスター』も、一切言及せず。

重鎮タレントに対する口の利き方に非礼があったとかで、十年近く干されたタレントが居る。

そんな非礼と比較にならない、みのもんたの人権侵害明瞭甚だしい発言。

放送倫理協会から厳しい叱責があってしかるべきなのになのに、何のお咎めもなし。

本来なら、テレビ界から永久追放されても不思議じゃあない。

密かに番組関係者が謝罪したらしいが、意味が無い。


*----------*

たとえば。

施錠を何度も確認しないと収まらない心配性の人がいる。

この心配性の男は、口髭と顎鬚を生やした小太りのトレーナー姿。

ハンチングを被り、緑の唐草模様の風呂敷を背負えば、コソ泥である。

海外から帰国したら、必ず税関で身体検査を入念にされる顔つきなのである。

ある夜、マンションの駐車場で、車のトランクの施錠を何度も確認していた。

偶々、巡回中の警察官が、見咎めた。

当然、「お前!何してる!」と職質される。

免許証を提示し、この車の持ち主であることを説明し、疑いが晴れるまで数分。

非常に気分の悪い思いをする。

こんなことは、一度や二度ではない。

大抵の人は警察官に食ってかかる。猛抗議する。

ところが、この小太り男、「ご苦労様」と警察官を慰労する。

なぜなら、街の安全維持と、この不快感は、共存せざるを得ないと考えるからだ。


イメージ 1

イメージ 2



*----------*

仮令ば。

隣の家で悲鳴が聞こえたので、警察に通報した。

調べたが、何も不審なことは無かった。

しかし、警察は近隣に聴取もする。

噂が噂を呼んで、子供の虐待か、殺人事件じゃないかと憶測が広まった。

興味を抱いた某週刊誌が、「事件有り」と睨んで、近隣住人の話だけをニュースソースに記事を書いた。

結果、この家族は、犯罪者扱いされ、県外へ移住せざるを得なくなった。

しかし、某週刊誌は、責任をとるどころか、痛痒を感じた様子もなく、謝罪すらない。


*----------*

「警察に通報した」人は、決して悪くない。

こんな人が居るから事件が発覚したり、事前に防止できる。

他人(ひと)の目である。


憶測で噂話した近隣の人々も、罪を問えないであろう。

否、むしろ自分の子供の安全の為には、仕方ない。

ロリコン男の陰湿な幼児誘拐虐殺事件が散見される現代。

「知らない人に着いて行っちゃあダメ」

どころか、

「知らない人に話しかけられても返事しちゃあダメ」

と教えるのは、しぜんな教育である。


しかし、子供の虐めに繋がらせないよう配慮しないとならない。

最も良くないのは、マスコミに不用意に喋ることである。


警察とは違う。

警察は、守秘義務があり、事実関係を詳細に調査分析して判断を下す。



*----------*----------*
【参照】

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

心配していることがある。

次は、連盟理事が責められる。

それは構わない。

しかし、久保九段、千田六段、羽生三冠が非難されるとしたら、

許されることではない。

内輪の非公開であるべき内容だったからだ。

H・T八段が矢面に立つのは仕方ない。

自ら意見を公表したのだから。

渡辺竜王は、微妙である。

羽生三冠らと違う。

千田六段と羽生三冠は、理事から意見を求められ答えただけだ。

羽生三冠は、「疑わしきは罰せず」の姿勢を表明している。

渡辺が、疑惑解明を連盟に具申したのは、全く問題ない。

しかし、タイトルを人質に、理事に対して決断を迫った。

これが、真実だったら、非難されるのは人情だろう。

だが、最後に処分を決断したのは、理事である。


*----------*----------*

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事