全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全91ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

また一人・・・

日本全国を仕事場として流れ歩いていたショータレントとしての仕事を辞めて群馬に定住して20年になります。

将来を夢見ることもなくなんとなく無気力に毎日を過ごしていた時に現在の妻と知り合い、素晴らしい技術があるならその技術を活かした仕事をしてほしいといわれて再び始めた芸能活動。

いろいろと経験してきた中で自分の本当にしなければならない道を選んで始めたのが「ポップス尺八」の演奏活動でした。
その決心をする前に勤めていた仕事場で知り合った人が68歳で生涯を終わりました。
群馬県で尺八の演奏活動を始められたのはこの方のお陰です。

人生には出発点になる出会いがありますが、その瞬間のご縁の深さにいまさらながら意味深いものを感じます。

この方に会わなければ、玉樹での長期のライブ活動もありませんでした。
玉樹でのライブをきっかけにその後の仕事の活動がどんどんと広がり現在のように演奏だけで生活が出来ています。

一つ一つの接点が今に全てつながっているご縁に感謝です。


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

世の中のご縁その2

昨日、道の駅思川での第27回目のコンサートが行われました。
午前10時過ぎに会場に到着すると数名のお客様が並んでいます。
午後1時30分開演なのに!

10年ほど前、ここで出店している業者の社長さんが、組合の旅行で伊香保温泉お宿玉樹にご宿泊されて
ポップス尺八ライブを聞いていただくことがありました。
演奏後にお話があり小山市にある道の駅思川に評定館というイベントスペースがあり、ここでお客様を集めて
私の演奏を聞かせてあげたいとのことでした。
問題は出演料をどうするか?

後日、この道の駅思川に出店している業者の協力を得て出演料を確保していただきコンサートが行われました。
興味津々にほぼ会場いっぱいのお客様が集まってくださいました。

演奏後の評判はとても良く、これを機会に道の駅思川が主催して4か月ごとの定期コンサートになりました。
あれから9年・・・・

毎回、たくさんのお客様が早くから並んでくれています。
今回も12時30分の開場時間には長蛇の列で、開場して1分以内には満席になります。
今回はステージスペースを少なくして客席数をできるだけ増やしてはみましたが、会場後部は立ち見のお客様であふれています。
が、これ以上の椅子はありません。

慣れているお客様はマイチェア持参で一番前に座って楽しむ人もおいでになります。
イメージ 1


昨年の1月から開設された“ポップス尺八カラオケくらぶ小山教室”の生徒さん達の実践演奏を主催者の許可を
頂き私のコンサートの始める前に実施することにもなり、生徒さん達の出演も4回目になり、地元のお客様にも
喜んでいただけるようになりました。

噂を聞いて初めて来場されるお客様も今回はたくさんいました。

次回は7月の予定!

その前に小山市文化センター大ホールでの演奏会が6月3日(水)に午前10時から午後3時まで行われます。
会場の都合で立ち見が許可されないので、入場整理券を配布していますが、昨日のコンサートで増えましたので3月25日現在900枚ほどになりました。

1012席の大ホール満席になりそうです。

小山教室の会員は初めての大舞台での演奏が心に残る思い出の一つになってくれたらと思います。

演奏活動の中で、いろいろな人とのかかわりの中で自分が活かされていることに喜びを感じています。


この記事に

開く コメント(1)

世の中のご縁

伊香保温泉お宿玉樹でのライブ演奏が15年目を迎えます。

15年前の3月3日のご縁から始まりました。

たまたま、ゴルフを一緒にさせていただいた方の依頼で、その方の関係する会合の演奏を依頼されました。

宴席での演奏の中で“月の砂漠”はしんみりとしてしまう曲なので吹くことはありませんでした。
なぜか、この日は突然演奏するこしになりました。
どうしてこの曲を演奏したのかもいまだに覚えていません。

この会に初めて参加した(これが最初で最後)玉樹の社長がおいでになりました。

“尺八の”演奏で月の砂漠がよかった” の一言で伊香保温泉お宿玉樹でのライブが始まりました。

あれから14年が過ぎ、15年目に入ります。

群馬県内を主に仕事で演奏活動をしている中で、出演した宴席で、本当に偶然聞いていただいた
当時の県知事にお会いできたことも偶然でした。

いろいろな会合宴席に出席される方なので、スピーチが終わると早々と会場を退席されるのが常ですが
たまたま、この日はスピーチの前に私の演奏を披露してから始まる(何かの都合でこのようなことになった
ようです)ことになったのも、偶然の出来事です。

知事のサプライズとして県の幹部の人たちの前で演奏を聞いていただく機会が生まれて、以後さまざまな
イベントで参加させていただくことになりました。

今、群馬を主に活動しているのは、お世話になった不思議なご縁がある人たちへの感謝の気持ちを残して
行きたいと思い、頑張って演奏活動に、後継者育成活動に活動しています。

振り返って思うと、不思議なご縁が始まりで“ポップス尺八奏者昌平”が誕生して、今日まで元気に活動させて
頂けることに感謝するばかりです。

この記事に

開く コメント(0)

新しい年が目前!

一年の時の流れが早く感じてなりません。
 
まだまだしなければいけないことが山ほどあるのに、また新しい年になろうとしています。
 
仕事の予定も、いただくときはまだ半年以上先と思っていると、瞬く間にその日がやってきます。
 
あと、どれほどのやりたいことが出来るか?
 
 
 
とにかく、今できることを確実にしなければと感じます。
 
来年の6月には小山市立文化センターでの演奏会が決まっています。
そして、秋には高崎の毎回行っている“たまごホール”で、全曲お客様から頂くリクエスト曲をその場で演奏する
コンサートがあります。
尺八の演奏会で、お客様からリクエストをいただいて演奏できることが、会員の練習目標になり、毎回の稽古に
熱が入ります。
 
まだまた進歩するポップス尺八カラオケクラブが楽しみです。
 
 
栃木県小山市を中心に地元の企業の皆様の後援をお願いするため、会員諸氏がお願いに行っています。

この記事に

開く コメント(0)

全91ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事