Shokoの映画と旅のオーストラリア日記

2019年おめでとう!ブログタイトル変更しました。これからもよろしくね。

全体表示

[ リスト ]

スコットランドからイングランドに戻ってきました。
境界の街、カーライルから車で約30分のところにあるギルスランド(Gilsland)へ。

イメージ 1

イメージ 2

道を聞くために立ち寄ったパブの正面の牧場にいた馬さん。

イメージ 3  イメージ 4

可愛い♪

イメージ 6

Hadrian's Wall (英語読みではヘイドリアンの壁。日本語ではハドリアヌスの長城とも長壁ともよばれる)を見に来たんです。
ハドリアヌスの長壁はイングランドとスコットランドの境界線近くにあります。
2000年ほど前にローマ帝国が繁栄し、次々に領土を拡大し、やがてブリテン島にも上陸。
その拡大した領土を守るために、紀元122年に第14代皇帝ハドリアヌス(Hadrian)帝が、10年かけて築いたのがハドリアヌスの長壁です。

この長壁はローマ帝国の支配が及ばなくなった4世紀後半以降もスコットランドに対する防御壁として17世紀まで使われていたというのは今回初めて知りました。

イメージ 7

ハドリアヌスというとついテルマエロマエのこのお顔を思い浮かべてしまいますが、、

イメージ 8

彫刻ではこういうお顔。

イメージ 9

カーライルからニューカッスル・アポン・タインまで118kmにも及ぶ防御壁。
壁の高さは4〜5m、厚さ約3m。
主要な部分には、1ローマン・マイルごとに監視所(milecastle マイルキャッスル) を構築し、ローマ軍兵士が駐屯したそうです。1ローマン・マイルは約1.5キロ。

イメージ 5

ギルスランドには保存状態のいいマイルキャッスルがあるというので、そこにいってみることにしました。

イメージ 10

車をおいて、Poltross Burn マイルキャッスルに向かって歩きます。

イメージ 11

イメージ 12


続く



閉じる コメント(18)

顔アイコン

侵略したローマ軍が築き上げたんですか、守る方が築くものと思ってましたから滑稽と言ったら叱られそうだけど面白いです。

118キロって想像もつかない。全然壊されずに残ってるのかな、生活に支障はないのかな?
続きを楽しみに待ちます。

2014/2/16(日) 午前 2:33 [ 地味 変 ] 返信する

ハドリアヌスの長壁は映画「センチュリオン」に出てきました、ローマ軍が海峡を渡りブリテン北部まで侵攻してきたっていう歴史的事実が呆然とするほど凄いですね。
「センチュリオン」はマイケル・ファスヴェンダー主演、機会がありましたら、☆は4個くらいかな。

2014/2/16(日) 午前 11:30 じゃむとまるこ 返信する

アバター

地味変さん

長くなるのでくわしい説明は書きませんでしたが、ブリテン島まで領土をひろげたローマ帝国も、北部に住むケルト人の一派、ピクト人との激しい戦いには苦労したようです。

賢帝といわれるハドリアヌス帝はさらなる領土拡大政策とるよりは、広大化した領土の保全をはかることにして、ローマ帝国の北限の国境として防壁をここにつくったんです。

次の第15代皇帝アントニヌスは更に北方にアントニヌスの長壁を建設しましたが、ピクト人にやぶれ、わずか20年でハドリアヌスの長壁まで撤退しています。

2014/2/16(日) 午前 11:43 Shoko 返信する

アバター

じゃむさん

「センチュリオン」知りませんでした。
それでYou Tubeをチェックしたら、なんと全編がアップされている〜。
やった〜。今日みてみます。
ところで昨夜アメリカンハッスルみてきましたよ。
またあとでレビュー書きますね

2014/2/16(日) 午前 11:51 Shoko 返信する

顔アイコン

スロベニアで出版された、「HADRIAN'S WALL in the days of the

Romans」 と言う本を持っていますが、まだ読んでいませんが、

かなり細かく書かれています。下の絵は、RONALD EMBLETON

ですか?

2014/2/16(日) 午後 0:37 [ ousyuehon ] 返信する

「センチュリオン」は西暦117年のお話で122年からローマ軍がハドリアヌスの長壁作りに着手する少し前のローマ軍を描いています。ちょっとコメの書き方が変で、直接長壁は出てきません、その状況がわかるという興味深いものです。
ピクト人との戦い(何と相手はオリガ・キュリレンコ)をニール・マーシャル監督が、なかなかにえぐく描いていますが、ラストシーンが美しいのです。

2014/2/16(日) 午後 0:41 じゃむとまるこ 返信する

アバター

ousyuehonさん

仕事でスロベニア在住の女性と会って、とても美しい場所だと教えてもらいました。遊びにきてといわれたけどいまだかなわずです。ハドリアヌスの長壁は西洋史では重要なので、いろいろ本が書かれていますね
。ロナルド・エンブルトンさん、よくご存知ですね。

2014/2/16(日) 午後 2:16 Shoko 返信する

アバター

じゃむさん

ヤフー映画のレビュー読んで、役立ち押してきました^^
見るのが楽しみです♪

2014/2/16(日) 午後 2:26 Shoko 返信する

恐縮です、ありがとうございました。

2014/2/16(日) 午後 4:54 じゃむとまるこ 返信する

アバター

じゃむさん

今、映画みましたよ。迫力でした〜。

2014/2/16(日) 午後 9:45 Shoko 返信する

イングランド最北部の寒〜い空気が良く描けていたと思われません?
ニール・マーシャル監督作って初めて見たのですが、迫力ありました、映画館で観たかったです。

ところで、ワタクシあれからセブンのうす塩味ポテチに嵌っています、今日も食べてしまいました、神様お許しください(笑)

2014/2/16(日) 午後 10:19 じゃむとまるこ 返信する

アバター

じゃむさん

レビュー書きました〜。役者さんたち、凍傷になった人もいたそうで、寒い中、がんばりましたね〜。タイムリーな映画を教えてくれてありがとうございました。
セブンのうす塩味ポテチ、日本に帰ったら絶対に食べます!

2014/2/16(日) 午後 11:17 Shoko 返信する

レビュー拝読、確かにご都合主義的美女がいちゃうんですね〜、サービス精神旺盛というか(笑)キュリレンコさん≒もののけ姫、わかります!

2014/2/16(日) 午後 11:27 じゃむとまるこ 返信する

アバター

じゃむさん

せっかくいい俳優さんたちがでているのに、脚本が弱くてもったいない、、という気持ちがしましたが、目的であった当時の様子がよくわかったのは本当によかったです。今いくとのどか〜な田園地帯にみえるのに、前線で戦ったローマ兵も、侵略者にたちむかったピクト人も大変でしたね。壁をつくった気持ちがよくわかります。

2014/2/17(月) 午前 7:18 Shoko 返信する

顔アイコン

私は「壁」で覚えてましたが、イラストを見ると万里の長城みたいで、「長城」とも言うって、よくわかります。

あと、温泉好きの私としては、Spaというのがやけに気になります。(笑)

2014/2/20(木) 午後 4:41 [ junnyana ] 返信する

アバター

junnyanaさん

スパね、私もおおっと思いました(笑)
リゾートホテルのようだけど、温泉がでるのかは不明^^

2014/2/20(木) 午後 6:31 Shoko 返信する

こんな長い壁があるなんて、知りませんでした。
幅が3mというのもすごい。10年でできちゃうのもすごい。
4〜5mの高さは怖いぞ〜、強い風が吹いたら、よろ〜〜・・・ひゃぁ〜・・・なんて、あり得る・・・うむぅ〜・・・
(考えただけで・・・ぞぞぞ!の意)
「進撃の巨人」(アニメ)真っ青・・・

2014/2/20(木) 午後 10:26 [ たつろう ] 返信する

アバター

たつろうさん

ハドリアヌスの次の皇帝アントニヌスはわずか二年で壁を作らせちゃったようですけどね、全然ハドリアヌスの長壁のようなしっかりしたものじゃなかったようですよ。結局その後10年でその壁をすてて、ハドリアヌスの壁まで撤退することになったし。
進撃の巨人って有名なんですね。

2014/2/20(木) 午後 11:25 Shoko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事