白ウサギを追いかけて

2017年、皆様のご健康とお幸せをお祈りします。

全体表示

[ リスト ]

法善寺横丁にて

法善寺の水掛不動へ行きました。ここへ来たのはこれで三回目。派手でコテコテな大阪とはまた違った、昔のなにわを感じさせてくれる場所です。

イメージ 1

なんだか以前より苔のかんじがもっちりしているようにみえる、、。
火炎の中に立っているんですね。
右手には剣をもっています。
苔の下の姿って考えたことがなかったけど、こんなかんじなのかも。

イメージ 2

鎌倉成就院のホームページからお借りした不動明王立像の写真です。

人間界の煩悩と欲望を燃え尽くす炎〜〜。
不動明王には大威力があって難をとりのぞき、魔を降伏し、すべての人に利益を与えてくれるのだそう。水掛け不動で水をかける理由は、水がお供え物の役目をしているからとか。

法善寺といえば「月の法善寺横丁」という歌が有名だそうな、、知らない、、。
と思ったけど、「包丁一本、さらしにまいて、、」って、え〜ここのことだったんだぁ。と今頃(笑)
歌詞よむとけっこう情感にあふれていてぐっときます。そういう時代があったんだなぁ。



法善寺横丁の雰囲気、好きです。一度、仕事関係でとっても上品で高級感のあるお店につれてきてもらったことがあって、以来、法善寺横丁といえば私にとってかなり特別な場所(笑)

ガイドブックを読むと必ずかかれているのはこの場所にある「夫婦善哉」というお店で、織田作之助の同名の本に書かれていたそうなのですが、未読なのでこれを機会に読んでみました。
iPadの電子文庫にはいっていたんだよ〜。日本に帰らなくても気軽に日本の本が読めるようになって本当に嬉しい^^

イメージ 3 内容(「BOOK」データベースより)

芸者上がりと所帯を持った化粧品卸問屋の息子柳吉は、勘当され、家を出る。剃刀屋、関東煮屋、果物屋、カフェーと転々と商売を変えるがちっとも長続きしない。こんな男になぜ蝶子は惚れるのか。たくましい大阪人の、他人には窺い知れない男と女の仲を描く『夫婦善哉』ほか、人間の切ない感情を見事に謳い上げた『木の都』など6編。

どうしようもない男でも惚れてしまえばやっぱりあなたじゃなくちゃイヤ。
男女の仲って理屈じゃありませんね。
苦労に苦労をかさねた蝶子が最後にぜんざいを食べながら「一人より夫婦の方がええいうことでっしゃろ」とさらっといってのけるセリフがなんとも深いです。


イメージ 4

この話は1955年に森繁久彌さんと淡島千景さん主演で映画にもなっているそうで、見てみたいです。

道楽者の柳吉は食道楽でもあったので、小説の中に美味しいものの話がたくさん書かれているのも興味深いです。

ぜんざいだけじゃなくて、塩昆布とか自由軒のカレーライスとか、どて焼きとか。食べてみたいなぁ。




ところで「自由軒」のホームページを見てたら、不思議な記述が。

いわく:

「現在、カレーのトッピングといえば、真っ先に生玉子が挙げられることでしょう。」←あげない。。

「カレーには何をかけて食べる?」と聞かれれば多くの方が「ソース」と答えられるのではないでしょうか。←かけない。。

むむむ、、これは大阪の食文化?

自由軒のホームページ

http://www.jiyuken.co.jp/curry/different.html

追記

この方のブログに「夫婦善哉」にでてきた食べ物について書いてありました。

http://marikome.cocolog-nifty.com/maricine/2009/07/1955-0dc1.html

この記事に

閉じる コメント(21)

アバター

馬酔木さん

法善寺はミナミの繁華街の路地裏にポツンとひとつある小さなお寺で、そのまわりの法善寺横町は昔ながらのなにわ情緒と静けさが感じられる場所です。
石畳の細い通りに老舗の料理屋さんや飲みやさんが軒を連ねていて、雰囲気がいいですよ。

巣鴨の下町の庶民的イメージとはちょっと違うかも?
あ、カレーの「自由軒」は法善寺横町にはありません。

百聞は一見にしかずなので、一度ぜひどうぞ♪

2011/7/14(木) 午後 5:45 Shoko 返信する

あんど&あんどの〜猫〜w^^w〜しょこしゃま♪のご情報どおり

でちたあ〜♪〜ぎゃびぎゃびぃw^^w〜・・

法善寺横丁といえば〜このお不動しゃまと〜夫婦ぜんざいの事を

しょこしゃま♪必ず触れられとおもいまちたですぅ〜・・

あわしまちかげしゃま♪〜美人でしゅう〜w^^w〜・・

昔の映画みた時に園児〜そうおもいましたですぅ〜・・

☆林檎幼稚園・猫組・猫(永年留年中)

2011/7/15(金) 午前 0:36 [ 猫ちゃま ] 返信する

アバター

猫ちゃまさん

本がとてもよかったので、機会があればぜひ映画もみてみたいと思います。
森繁さん、家が実家の近くなのに、若い頃の写真など今回初めて見ました。

2011/7/15(金) 午前 1:07 Shoko 返信する

猫〜昔〜夫婦ぜんざい〜たしか見たことがあったような・・

森繁さんね〜屋ねの上のバイオリン弾きの舞台よかったでしゅね・・

あ、しょこしゃま♪のご実家わ〜○田○にゃんでしゅかあ〜・・

○浜かにゃあ^^;とおもっていた猫^^;でちたぁ〜・・

でも森繁しゃまわ〜確か〜大○出身のお方?でちたよね?・・

☆林檎幼稚園・猫組・猫(永年留年中)

2011/7/15(金) 午前 1:40 [ 猫ちゃま ] 返信する

アバター

猫ちゃまさん

東京から横浜の大学に4年通いました。
遠かったけど、今となればいい想い出。

2011/7/15(金) 午前 11:35 Shoko 返信する

アバター

先日の「王将」今回の「月の法善寺横町」50年ほど前の紅白歌合戦で歌われていたような覚えが有ります
♪まってて〜〜 コイさん♪小さい頃なのでなぜ魚のコイを待つのかと疑問でした
うん昔は確かに東京でもソースをかけていましたよ。
なかなかの味でした。
ソースが当たり前と思っていたある日、ソース無しで食べたら
これがまた美味しい、大人になった気分でしたよ。
卵もかけたような覚えがありますが、一般的ではないですよね
写真をみると思わずロコモコを思い出しました
ポチ トナ(=^・^=)

2011/7/15(金) 午後 5:07 カルロス 返信する

アバター

カルロスさん

魚の鯉さん、あはは、おもしろ〜い(笑)
でもそういわれて、こいさんって誰?って^^;
「こいとさん」の略で、末のお嬢さんって意味なんですね。
勉強になりましたー。

カレーにソース、カレーに生卵。
「洋食」の時代はそうだったんですね。
目玉焼きにしたらたしかにロコモコ(笑)

2011/7/15(金) 午後 5:47 Shoko 返信する

Shokoさんって・・・私より大阪をよく知ってるかも!
私は・・・法善寺横町には行ったことがないのですよ。もちろん、水掛不動は知っています、Dもね、見たことがなかったのです。
行こうかなと思ったとき、火事があって・・・
ふむぅ〜

自由軒は・・・近くにあるのですけど、行ったことはありません。
生卵はあまり好みではないので。
でも、そのまた近くに行列のできるカレー屋さんがあります。
これは是非とも行きたい〜!

2011/7/15(金) 午後 9:07 [ たつろう ] 返信する

アバター

今カレーにまつわる面白い話を思い出しました
海軍カレーなんですが
独特なレシピーでとても美味しいらしいのですが
いつも金曜日にだされるですって
それはなぜかというと
長い洋上生活で曜日感覚がなくなるので
カレーがでると今日は金曜日なんだと知らせるためなんですって
いまでも海上自衛隊だはそれが行われているんですって

2011/7/15(金) 午後 9:59 カルロス 返信する

アバター

たつろうさんは家がキタにあるから、ミナミの方はあまり行く機会がないんじゃないですか?
私も東京では実家のある西側は知ってても、東側はまだまだ要開拓です。
それに東京は変化が早いし。。

たつろうさん、卵がけご飯とか好きじゃないんですか?
こちらではあまり生の卵って食べない方がいいっていわれるけど、でも食べちゃう(笑)
近くの行列のできるカレーやさん?おしえて、おしえて(笑)

2011/7/16(土) 午前 0:11 Shoko 返信する

アバター

カルロスさん

どこかのカレーミュージアムのショップで「海軍カレー」のレトルトを売っていたような気が。
そのあとに「鯨カレー」のレトルトをみて、これイマ的にマズイんでは、、と逃げ出しましたが(笑)
「海軍カレー」、そんなうんちくをきくと食べてみたくなっちゃうな^^

2011/7/16(土) 午前 0:32 Shoko 返信する

ね、猫^^;〜ちゅぎの〜しょこしゃま♪の日記(道頓堀〜猫〜

おりこうしゃん♪に開けずに〜いましゅよお〜w^^w〜・・

ぎゃびぎゃびぃ〜^^;〜道頓堀のちゅぎの日記を猫〜待ちますぅ〜

w^^w・・

☆林檎幼稚園・猫組・猫(永年留年中)

2011/7/16(土) 午前 1:07 [ 猫ちゃま ] 返信する

アバター

猫ちゃまさん

その次のは大丈夫です。

2011/7/16(土) 午前 1:33 Shoko 返信する

ぎゃびぎゃびぃ〜w^^w〜・・やあ〜つぱり〜猫にわ危険だったの

でしゅね^^;〜^^;〜・・

でわ〜しょこしゃま♪が〜そのちゅぎの日記をアップされりゅ日まで

〜猫〜ねむりにゃんこ^^;ににゃっていましゅう〜w^^w・・

☆林檎幼稚園・猫組・猫(永年留年中)

2011/7/16(土) 午前 1:57 [ 猫ちゃま ] 返信する

不動明王様…比較的温和なお顔…
憤怒の権化と言われるだけあって、怖いお顔が多いです。。。

背後の猛炎は迦楼羅焔。。。これも柔らかく感じますね。。。
苔に明るい陽射しが、心地良さそう。。。空気がきれいな感じ♪

( ´艸`)どぅしようもないオトコ…本人には大切なのよね♪
つまらに占いかもしれませんけれど、ある占いの結果…
私は良妻賢母にむいてて、良い家庭を築けるらしいのですが…
・・・・・・・・オトコをミルメがナイ!そぅです(^◇^)
そぅなのよねぇ。。。。竹久夢二みたなの、好きかも…(;^_^Aです。

カレーは茹でたホウレン草に生卵が好き♪
揚げたナスやパブリカとか♪ 嗚呼、お腹が空いてきたぁ〜^^;

2011/7/16(土) 午前 11:28 リッキョ 返信する

アバター

リッキョさん

不動明王さんの写真、いっぱい見たけど、けっこう怖いですよね。
こちらの苔むしたお不動さんはなんだか丸っこいので、このお寺の写真がイメージに近いかなって想像してみました。
もとの姿はどうなんでしょうね。

火炎の存在、今回はじめて気がついたんです。
今までは水をじょうずにかけるのに気を取られていて^^;
写真にとるとあとからじっくり考えられるからいいですネ。

男を見る目、、難しいですよね。
私も好きになったらわ〜っといっちゃいます(笑)
かけひき、計算は苦手^^;

トッピングじゃないけど、ほうれん草カレー、なすカレーも私、大好きです♪
卵はゆでてきざんでかけるのもいいなぁ♪

2011/7/16(土) 午後 1:29 Shoko 返信する

あ^^;〜園児イジメのドスコイウィッチのお姉しゃま♪が〜

おいでににゃってりゅうぅ〜w^^w〜ww〜・・


しょこしゃま♪〜ふどうみょうおうしゃまわ〜たいてい〜火炎の前で

〜仁王立ち♪にゃさってりゅよお〜園児の猫もね〜時折〜園の正門前

で〜仁王立ちちてりゅかもよお〜w^^w〜ぎゃびぎゃびぃ〜・・

☆林檎幼稚園・猫組・猫(永年留年中)

2011/7/17(日) 午前 0:47 [ 猫ちゃま ] 返信する

アバター

猫ちゃまさんのファンタジーの世界には時々ついていけなくなるので、ここではお手柔らかにお願いしますね。
火炎了解しました。

2011/7/17(日) 午前 0:55 Shoko 返信する

顔アイコン

法善寺横町は、本当に歴史が古く、食事するところも有名な場所が
たくさんありますね。

夫婦善哉も善哉しか売っていない。
自由軒と並んで有名です。
私も食べたい〜。
甘党なのですが、ゼンザイなんて食べる機会がないもの。
みつまめ、わらびもち、ぜんざい食べたい。(笑)

2011/7/17(日) 午後 8:24 [ バンコ ] 返信する

アバター

バンコさん 甘党だったんですか^^
夫婦善哉でぜひぜんざい食べたいですよね〜。
本を読んだおかげでありがたさが増しました(笑)
自由軒のカレーも食べたい。
みつまめは上野で堪能したけど、わらびもち!
あぁ、もう何年食べてないことか、、。
食べたいものばかりが頭の中でグルグルまわっちゃいます(爆)

2011/7/17(日) 午後 10:12 Shoko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事