七艸庵 短い間でしたが有難う御座いました。

【正満 英利】2012/8/21 永眠 もう更新は、御座いません

全体表示

[ リスト ]

 
 「織田氏の庭園」で、近頃脚光を浴びている 「城下町小幡」 
 
 その群馬県甘楽郡甘楽町に、「桃花山龍門寺」がある。
 
イメージ 1
               桃花山龍門寺山門
 
 元禄13年(1700)に、奥州白河藩主松平忠弘の養子忠尚(ただなお)が、
 
 伊達郡桑折に陣屋を開き、桑折藩2万石を起した。
 
 このとき忠尚は、奥州利府(宮城県利府町)に「霊嶽山龍蔵寺」を開いていた、
 
 「鳳山元瑞和尚」(ほうざんげんずい、黒瀧山二代)を迎えて、
 
 松平家の位牌所として開山したのが龍門寺である。
 
 従って開山は鳳山元瑞、開基は松平(奥平)忠尚である。 
 
 この、桑折藩二代の玄蕃守忠暁(ただあきら)は、
 
 享保8年(1723)に領内の「半田銀山」で有力な鉱脈を発見し、
 
 銀の産出を増大させたが、元文元年(1736)病に倒れた。
 
 三代を継いだ、摂津守忠恒(ただつね)は、直接銀山経営に当たっていたが、
 
 延享4年(1747)7月、幕府に半田銀山は収公されて、
 
 所領の一部は、上野(群馬県)の邑楽郡・吾妻郡・碓氷郡などに替地されると、
 
 邑楽郡篠塚に陣屋を新たに構えて「篠塚藩」とした。これで桑折藩は消滅した。
 
 寛延元年(1748)9月、再び所領替えがあり、桑折の所領が移されると、
 
 新所領の群馬郡上里見に陣屋を構え、「上里見藩」を成立した。
 
 この時、桑折に残して在った「龍門寺」を、上里見に引移したのであるが、
 
 明和4年(1767)9月、又また所領替えが行われ、
 
 明和事件で失脚した織田氏の跡の小幡藩に封じられた。、
 
 そこで、龍門寺も再び藩主と共に小幡に移されたのである。、
 
イメージ 2
 
 その後、忠福(ただよし)、忠恵(ただしげ)、忠恕(ただゆき)と、
 
 松平家の位牌所として藩主に守られ
 
 明治維新を迎えた。
 
 松平(奥平)家の菩提所は、江戸墨田区の弘福寺である。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事