ここから本文です
湘南の若旦那日記
日本料理屋の世代交代をいかに成し遂げているかの日々をつづります

ひな人形飾りました

2月も中旬になり、バレンタインデーを過ぎたということで、そろそろ世間は初節句でにぎわってもいいのになぁと期待を抱いている私がおります(笑)


イメージ 1

このような時期でもあるため、本日ひな人形を飾りました。今年は本会1階の改装工事をしているのえ、飾ったおひなさまは吊るし雛と関東雛を飾りました。スペースの関係で京雛はお休みかなぁと思っております。

お料理もひな祭りの内容に変更しております。はなぐりのお椀と蒸し寿司がお料理につくことが特徴です。また、お子様が同席の初節句やひな祭りのお祝いの方のためにひなまつりプランをご用意しております。





イメージ 2
oneclickお願いします♪

 
Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://takeman.co.jp
★:::::::☆::::::★:::::::☆:::::::★
■割烹竹万 
〒254-0824 平塚市花水台37−3
℡0463-31-3322

この記事に

日本人は外からの影響で内なるものの価値を再認識する傾向があるということが言われています。

日本では花開かなかった人が、海岸で評価されることで逆輸入的に評価される…そんな方々もたくさんいらっしゃいます。また、そのような文化・芸術・風習というものもたくさんあります。

外国人観光客が増加し、オリンピックが来年に迫っている今だからこそ、日本への注目は大きくなっています。そして、大きなイベントが一過性のもので終わることなく、起爆剤となっていくことを期待していくと注目すべきことが明らかになっていきます。

それは・・・

改めて日本の文化風習から学ぶということ

になります。

その時には当店は日本料理屋としてどのようにして社会に貢献できるのかを私なりに模索をしている最中です。


例えばどうして日本人は神社へお参りに行くのか…ここ地元では平塚八幡宮の割合が大きいかと思いますが、地域の神社があれば是非そこへ参りに行ってほしいと思います。神前式、お宮参り、七五三など家族が増えるごとに神社へお参りに行くということの意識が高い人たちがこれから増えてくると思います。また、その価値を伝えていかなければなりません。

イメージ 1

画像は平塚八幡宮の新しくなった待合室…


宮司さんとお話をさせて頂きながら感じたことを綴ってみました。



イメージ 2
oneclickお願いします♪

 
Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://takeman.co.jp
★:::::::☆::::::★:::::::☆:::::::★
■割烹竹万 
〒254-0824 平塚市花水台37−3
℡0463-31-3322

この記事に

私が家業を継いだのが32歳の頃ですでに8年が経ちました。

アメリカから帰国後、茶道に興味があった私は表千家茶道家元出入りの東京柿傳にご縁があり修行をさせていただきました。そして、当店に戻ったばかりの頃は茶道関係の仕事はかなり限られており、茶道人口の減少はあれど、都内と平塚という立地が大きく異なることを実感したのを覚えています。

しかし、最近になって、修行時代の経験や師匠・先輩方の教えが私の根幹を築いてくれたと感謝する場面にたくさん出会うようになってきました。

昨日は、ふとしたきっかけでご連絡を頂戴した表千家茶道のお祝い料理の配達へ昨日は横浜へ行ってきました…

そして、私の師匠である大西先生をご存知の方ということで、終了後に思わず昔話に盛り上がってしまいました。

ご縁を大切に育てるということをたくさんの諸先輩方から教えていただきました。頭ではわかっていることも、実体験で肌身で感じることでその意味がようやく理解できている年齢に私もなりました。

このように人と人はどこかで繋がっていくのですね。

イメージ 1

およそ10年前の写真:大西先生と私で・・・

先生は柿傳を退職しておりますが、まだ現役で茶道講習などをされています。ユーモアたっぷりの独特のお話から親子で長年通い続けている方もいらっしゃるぐらいの私の憧れでもあります。

このご縁を大切に育てていきます。



イメージ 2
oneclickお願いします♪

 
Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://takeman.co.jp
★:::::::☆::::::★:::::::☆:::::::★
■割烹竹万 
〒254-0824 平塚市花水台37−3
℡0463-31-3322


この記事に

松花堂弁当お届けし〼

今日は関東地方でも雪が降っており、積もるところもあるそうですね。何も事故がないことを祈っております・・・こちら平塚市は曇り空…雪の心配はございませんが、かなりの寒さです。

また、本日は建国記念の日ということで連休最終日でもあります。もちろん当店は通常通り営業ですので、相変わらずの連休知らずです(汗)

連休中はご来店もお届けもどちらも受け付けております。2月の節分・初午という内容のお品書きから3月のひな祭りのお品書きへと変更になります。

イメージ 1

お届け料理はその時その時の季節に応じてご来店の内容と並行して変更しております。急な依頼も承りますのでご遠慮なくお問い合わせください。



イメージ 2
oneclickお願いします♪

 
Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://takeman.co.jp
★:::::::☆::::::★:::::::☆:::::::★
■割烹竹万 
〒254-0824 平塚市花水台37−3
℡0463-31-3322

この記事に

地元である平塚市は東京オリパラ2020でのリトアニアの事前キャンプ地として決定しています。

昨年に引き続き、今年も選手が事前キャンプのプレということで平塚に訪れることが決定しています。役所もオリパラ課を設け、実行委員会と部会を設立して昨年より準備を着々と進めている状態です。

このように時間と予算をかなり費やしてはいますが、平塚とリトアニアの関係を知っている人たちが市内にどれぐらいいるのだろうかという疑問を抱くことがあります。

この事業について関係している人や関わったことがある人はもちろん知っていますが、そのような関係が全くない人にとってはまだまだ事前キャンプのことをどのように知ることができるのでしょうか…

また、リトアニアが事前キャンプ地であることは知っていてもリトアニアについて何も知らないという人も多いかと思います。もちろん、インターネットで情報が溢れているので、興味を持てばリトアニアがどのような国であるか、どんなスポーツが盛んなのか、どのような選手がいるのかということを調べていくことは可能ですが…

そのような中、昨日は静岡県の島田商業高校からリトアニア語の平塚市内飲食店紹介アプリを作成したことの報告会が開催されました。

どうして静岡の高校?と疑問に思いますね。

それは昨年の5月に(公社)平塚青年会議所(当時は私が理事長でした)で高校生がまちづくりに積極的に参加している事例として島田商業高校の取り組みを紹介したことがきっかけでした。その時に島田高校の生徒が平塚市とリトアニアのことに興味をもち、アプリ作成に至ったという次第です。

イメージ 1
非常に堂々と素晴らしいプレゼンでアプリを紹介してくれました。

イメージ 2
アンドロイドでもアップルでもどちらもDL可能です。実用性としてはまだまだ情報が不足しているものではありますが、自分たちで調査をしてアプリまで作成している高校生にとにかく脱帽でした。

最後に部会に参加している企業・団体の人たちとディスカッション&発表会

やはり、平塚市がリトアニアの事前キャンプ地であることをもっと市民に広く知ってもらう必要があること、そしてもっとリトアニアについて知ってもらうことが必要であるという声が多く聞けました。

そのためには、駅・駅ビル・商店街・小売店舗などにバーナー・横断幕・フラッグなどで統一したものを掲げることをまち全体で盛り上げる必要があるのかと思っております。

また、リトアニアは美男美女が多い国ですので、ビジュアル的に際立ったポスターを作成しても面白いかなぁと思っています。


イメージ 2
oneclickお願いします♪

 
Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://takeman.co.jp
★:::::::☆::::::★:::::::☆:::::::★
■割烹竹万 
〒254-0824 平塚市花水台37−3
℡0463-31-3322


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事