ここから本文です
湘南の若旦那日記
日本料理屋の世代交代をいかに成し遂げているかの日々をつづります

圧倒鵜的な存在感の花

日本料理屋はお料理以外にも様々なところに気を配ることで、日本料理屋としての格式とブランドを構築しているといっても過言でありません。

たくさんの要素の1つとして挙げられるのが…

「花」

です。当店では女将が花を管理しております。茶道の精神に基づいたおもてなしを基本としているため、花も茶花が中心です。茶花は野に咲くものを用いることが基本のため、当店のような地方では花屋さんから仕入れることはかなり厳しいのが現実…幸いにして、当店ではご協力いただいている方からどうにか入荷できていますが

初夏の時期…百花の王と呼ばれる花といったら

イメージ 1

牡丹

この圧倒的な存在感!!!

実は…昨日の朝にはつぼみだったのが、夕方にはこんなに開いていました。もったいないとは思いますが、これも魅力の1つなんですよね。

お客様から「造花ですか?」と聞かれることもございますが、当店では店内のお花はすべて生花をしようしております。このことを当たりの前の感覚にして、これからも守り続けていきたいと思っています。


イメージ 2
oneclickお願いします♪

 
Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://takeman.co.jp
★:::::::☆::::::★:::::::☆:::::::★
■割烹竹万 
〒254-0824 平塚市花水台37−3


花山椒が入荷

日本料理に欠かせない食材の1つに

「山椒」

があります。今時に言えばスパイスというものになるのでしょうね。

木の芽はお椀や炊き合わせに、花山椒はお椀や炊き合わせ・佃煮風にしたりします。実山椒は佃煮などに一緒に炊くことで香りを注ぎ、皮は粉山椒として活用します。

ここでざっと紹介しただけでも年間を通して山椒は重要な食材であることがお分かりだと思います。

イメージ 1

先日紹介した筍に続き、地元農家さんから花山椒が入荷できました。

まずはお椀の吸い口からですね。


イメージ 2
oneclickお願いします♪

 
Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://takeman.co.jp
★:::::::☆::::::★:::::::☆:::::::★
■割烹竹万 
〒254-0824 平塚市花水台37−3

昨日のお天気から一転して、本日は気持ちの良い快晴!

そんなお天気の影響からか今年は地元農家さんから仕入れている筍が不調のお知らせがありました。

また、イノシシの被害によってほぼ全滅をしてしまった農家さんも(涙)

イメージ 1

来週から企画をしている地元の筍を食べつくす「筍づくし」のイベントが地元のではない筍での提供になるかもしれません。このままの入荷状態であればすでにご予約を頂戴しているお客様のみで打ち切りも考慮しております。

食材は自然が相手ですので人ではどうしようもないこともございます。しかし、それも1つの魅力でもあります。改めて、食への感謝の気持ちはもちろん、生産者への感謝の気持ちも忘れてはいけませんね。



イメージ 2
oneclickお願いします♪

 
Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://takeman.co.jp
★:::::::☆::::::★:::::::☆:::::::★
■割烹竹万 
〒254-0824 平塚市花水台37−3

某企業様が外国からお客様がいらっしゃるとのご連絡…

「春らしく華やかなお弁当」

をリクエスト…

ということで、試行錯誤いたしましてこのようなお弁当をご用意しました。

イメージ 1

お値段4320円になり、別に赤出汁が付きます。

華やかというリクエストには「ちらし寿司が」が最適♪

ご要望がございましたら何なりとお伝えください。



イメージ 2
oneclickお願いします♪

 
Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://takeman.co.jp
★:::::::☆::::::★:::::::☆:::::::★
■割烹竹万 
〒254-0824 平塚市花水台37−3


本日4月8日はお釈迦様の生誕祭にあたる「花まつり」です。

お寺ではそれぞれに行事があるところもあるかと思います。

当店はお世話になっている横須賀のお茶の先生宅へ花まつりのお茶会のお弁当を配達してきました。

イメージ 1

こちらのお弁当も通常販売しているものではなく、特別内容でお値段からご相談に応じてご用意しております。私どもが担当させていただき4年目になることもあり、お弁当内容も年々に充実したものになるように試行錯誤した結果、このようになりました。

イメージ 2

当店主人が描いた季節の絵を表紙にしています。色々な絵をお楽しみいただきたく、絵替わりにしております。


時代と共にお客様の目も厳しくなっている昨今では、飲食店同士の競争が激しくなっております。各店舗が独自の対策を練り上げることで、生き残りが出来るか出来ないのかは弱肉強食の世界です。

当店は安易な値下げを行いことを徹底しております。マイナスのサービスではなく、プラスのサービスでお客様に喜んで頂くためにはどうしたらいいのかを常に追求しております。

こちらで紹介しているお弁当もある方のご紹介がきっかけで、1つのご縁が結んでくれたお仕事でした。当初は限られた予算での対応でしたが、そのご縁を大切にしながら、毎年お弁当内容を可能な限りで充実させてきました。

きっと最初だけのご利用でしたら、ここまでの内容のお弁当に仕上がってないと思います。人と人との繋がりを大切にして、お客様の信頼を得ることで共に作り上げていく…これが当店が考えるプラスのサービスの一環になります。




イメージ 2
oneclickお願いします♪

 
Written by 湘南の若旦那 @ 竹万 http://takeman.co.jp
★:::::::☆::::::★:::::::☆:::::::★
■割烹竹万 
〒254-0824 平塚市花水台37−3


[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事