イメージ 3
国立西洋美術館で「アルチンボルト展」を見てきました。

ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593年)は、
16世紀後半にウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍した、
イタリア・ミラノ生まれの画家です。

20世紀のシュルレアリスム以後のアーティストたちにも、大きな刺激を与えた
「だまし絵の名手」「奇想の宮廷画家」として知られていますね。

イメージ 4

顔がまるで図鑑!
60以上の水棲生物、80以上の花など、近くで一つ一つ見たり、離れて肖像画として見たり…。

自然科学に深い関心を示したマクシミリアン2世、芸術愛好家として知られるルドルフ2世という
神聖ローマ皇帝たちに寵愛された、
アルチンボルドは、
皇帝たちが、世界中から珍しい植物、動物を集め、研究していたことから、
16世紀前の時代、
ほとんどの人が目にすることもない果物や野菜、魚などを細密に描くことができたのです。

パーツが動物であっても花であっても、内面も描きだしていると感じさせる肖像画。
アルチンボルトは、「人間とは何か」という哲学的な概念を持って、
肖像画を描いていたのではないかしら?

人間というのは、多種多様なパーツでできている。
普通の肖像画で見える一面だけではなく、
もっと複雑なものですよ、というメッセージが聞こえてくるような気がしました。

ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝のために最初のヴァージョンが制作された連作『四季』。
《春》《夏》《秋》《冬》、日本で初めて一堂に公開されています。
だいたいの人間が、資質により、この4つに分けられるとか。

ウィンザー城(イギリス王国コレクション)所蔵の
レオナルドの素描が「参考画」として展示されていました。
グロテスクな頭部のカリカチュアに、アルチンボルトは影響を受けたのですね。

イメージ 1



イメージ 2
「アルチンボルドメーカー」の前に立つと、自分の顔をアルチンボルド風の3D絵にできます。
これが不思議なことに似てるのです!
皆さんそれなりに似た感じになっていました。

イメージ 5
常設展も見てきました。
国立西洋美術館 新収蔵作品です。


イメージ 6
こちらはアルチンボルトと同時代の作品。

イメージ 7


イメージ 8
美術館内の「すいれん」で、いろいろなフルーツがパーツになったケーキを。
アルチンボルト風に見えませんか?

「アルチンボルド展」は9月24日までです。
ぜひぜひお出かけください。



この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
ニューヨークで大流行のゼンタングル。
「Zen(禅)」と「Tangle(絡まる)」を合わせた造語です。

簡単なパターンを繰り返し書くことで集中が得られ、心がすっきり、癒されます。
ヨガや瞑想のような効果があるそうです。

湘南美術アカデミーのカリグラフィー教室では、
お仕事帰りのリフレッシュに、ゼンタングルも人気です。

絵が上手い、下手は関係ないそうです。
ゼンタングルを習えるお教室は、なかなかありませんので、ぜひ見学、体験にいらしてくださいね。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
箱根・芦ノ湖畔に立つ成川美術館は、
現代日本画を中心に、4000点を超える作品を所蔵する美術館です。
展望室から望む芦ノ湖と富士山の景色は、いつの季節も、
一枚の絵画のような素晴らしさです。


イメージ 2
今回は「柳沢正人 落花流水」展にて、柳沢正人先生にお話を伺いました。
1955年 長野県佐久市生まれ
東京芸術大学日本画科卒業、同大学院日本画家専攻修了、1983年に、文化庁芸術家国内研修員に選ばれ、
数々の受賞歴を持つ柳沢氏。

世界中の文化遺産や自然遺産を描き続けています。
世界遺産を巡る、というより、何とも言えない魅力を感じて描いた場所が、
のちに世界遺産になった、ということです。

「フィレンツェの燈」は柳沢先生が考えた手法「分割画面」によって描かれています。
大画面を分割するという、このような絵は始めて見ました。
まるで、六曲一双の屏風画のようです。

柳沢先生の制作のテーマは「刻」。「とき」と読みます。
分割された隙間によって、時空間を表現しているということです。

屏風は、折ることで立体感が生まれます。
山ができれば谷もできます。
正面から見たり、左隻(せき)、右隻(せき)と視点を移して見たり、
山の陰の谷に息づくものを感じたりする楽しみがあると思います。

「フィレンツェの燈」も屏風絵のように見てみました。
今のフィレンツェから隙間に目を移すと、700年前のルネサンスの空気や匂いを感じることができます。
左隻から右隻へ見ていくと、大きな時間の流れが見え、
隙間を見ると深い時間の流れが見える。これは「時の割れ目」なのだと思いました。
なんと立体的で壮大なフィレンツェの「刻」!


イメージ 3
柳沢先生は「油と石の文化であったルネサンス時代を描くことで、
火と水の文化だった、日本の弥生時代に思いを馳せる」とおっしゃっていました。

「地球の歴史は46億年。最古の文明はメソポタミアの約5000年前。文明とは地球の歴史の中で、なんと小さいものだろうかと思うのです」とのことで、
「イタリアを中心とした建造物から、アメリカ、アフリカの大陸に興味が移ってきた」といいます。

先生の作品には、脈々と流れる大自然のエネルギーを見ることができます。



イメージ 4
岩絵具、水干、胡粉、膠…、日本画の材料には、
鉱物、植物、動物など、天然自然に存在するものが多くあります。
素材自体が悠久を刻んでいるのです。
洋画の魅力も感じさせる柳沢先生の日本画は、
斬新さとともに古来より続く日本画の素晴らしさを堪能できます。




イメージ 5
「平松礼二〜世界を魅了するジャポニスム〜」展も開催中です。


イメージ 6

イメージ 7
モネの華やかさと琳派の清々しさを感じます。

若い世代の方にも、ぜひ見ていただき、日本画の魅力を知ってほしい!

イメージ 8
日本を代表する彫刻家、舟越保武の作品が出迎えてくれます。

2017年6月15日(木)〜9月14日(木)
柳沢正人 落花流水
平松礼二〜世界を魅了するジャポニスム〜
日本画の煌めき〜代表作を選抜して展示〜

ぜひ、お出かけくださいね。

湘南美術アカデミーの日本画講師・松谷千賀子先生と柳沢先生はお知り合いでした。
松谷先生の作品もまた、若々しくみずみずしく、ときに愁いを感じさせる、
新しい魅力のある日本画です。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6



藤沢OPAさんの階段ホールに
湘南美術アカデミーの先生や生徒さんの作品が展示されています。
各教室の雰囲気を感じていただけると思いますので、ぜひご覧くださいね。
展示作品は、定期的に変わります。
次回はボタニカルアートも展示の予定です。
ショッピングの合間に、ぜひ美術鑑賞をお楽しみください。

ガラスにライトが映ってしまいました。ぜひ実物をご覧になってくださいませ。


湘南美術アカデミー

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
パナソニック汐留ミュージアムで
を見てきました。

戦後社会の成長の一翼を担ってきた日本の住宅。
歴史的な名作から最新の秀作まで、70点を、写真 映像 ドローイング スケッチ 模型などで紹介しています。

湘南美術アカデミーで美大を目指して勉強している生徒さんの、おばあさまが建築家に依頼したお家が出ているということで見に行ってきたのです。
自然界の休息場所のような、安らぎに満ちた、よいお家でした。

日本ならではの伝統美、様式美、気候風土。
狭い土地をいかしたものなど、新鮮でユニークな造形の住宅の、
それぞれ魅力的なこと!
フランス人が驚くのも、よくわかります。

予想外のことでしたが、あらゆるスタイルの家を見ていたら、
自分が家に求めるものがよくわかってきました。それがとてもよかったです。

世界的有名建築家、巨匠候補の建築家たちの作品に出会えますので、
ぜひお出かけくださいね。
25日までです。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事