全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
卵テンペラ入門・鍋島先生の資料より、
 
卵テンペラは古くはビザンチン、ギリシアのイコン画から13世紀以降シエナ派から、
フィレンツェルネサンスに至るまでの絵画作品を構成している重要な絵の具(表現メディア)です。
卵黄に少量の水を加えて色料(ピグメント)と混ぜ合わせただけの
シンプルでありながら純度の高い絵の具です。
15世紀のマントバで活躍したマンテーニャの名作、聖母子を手本に体験作成します』
 
イメージ 2
 
テンペラ画とフレスコ画の違いは?
テンペラ画は卵の黄身を使って顔料で描いたもの。
フレスコ画は、生乾きの漆喰に水で溶いた顔料で描いたもの。
 
イメージ 3
 
写真をコピーして、カーボン紙を挟みキャンバス(0号)に転写します。
イメージ 4
 
ボールペンでしっかり、薄いラインは・・・・・で描きます。
イメージ 5
 
ベルダッチョをパネル全体にかけます。
ベルダッチョ(白、黒、イエローオーカー、クロムグリーンなど混ぜている)を水で溶き、
そこに全卵、酢、油を合わせた液を混ぜたものです。
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
暗部描画、明部ハッチングをしました。
続きは次回です。
15世紀のテンペラ画の聖母子を自分で作成するなんて、貴重なレッスンですね。
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事