Shonan Beach Driving E-mode

アウトランダーPHEV 体感レポート

全体表示

[ リスト ]

三菱アウトランダーPHEVのスペシャルラジオCMの元になっている体感レポート。
第十二回目の体感レポートは、逗子在住の建築デザイナー中村茂雄さんです。

中村さんは、数年前に逗子に移り住み、大変逗子が気に入ったそうで、
地元の店舗のデザインなども手掛けている方ですが、
ロシアのホテルのデザインも手掛けているワールドワイドなご活躍をされる
若きデザイナーさんなのです。

日頃はオープンカーに乗る中村さん、
今回は三菱アウトランダーPHEVに乗り換えて
少し遅い夏休みを楽しんでくれたようです。

どんなレポートなのでしょうか。

イメージ 1

中村さんです。

本業のWEBサイトはこちらです。

イメージ 2

              中村さんがデザインしたロシアのホテルです。

そして 中村さん 今回は新型アウトランダーPHEVも特別に体感していただきました。

イメージ 3

新型のレポートは最後に。

まずはじめにいつものレポートからお届けしましょう。

初めて運転する三菱アウトランダーPHEV、いかがでしたか。


(中村さん) 「やはり電気自動車なので、

        非常に加速がいいので交差点などのスタートのとき、

       非常にパワフルで走りやすい車だと思いました。

     レーダークルーズコントロールシステムを使って走ることができ、 

        前方と車との車間距離を保って走行してくれるのは疲れないので

嬉しいですね。


そんな三菱アウトランダーPHEVで、夏休みに伊豆に出掛けたそうです。

向かった場所は伊豆のひぞり浜。

伊豆といえば山道やカーブ道、三菱アウトランダーPHEVの運転はいかがでしたか。

(中村さん) 「伊豆のヒリゾ浜のほうにシュノーケリングの旅に出かけたんですが、

        前乗りして車中泊したのですが、そのときにやはり、

        エンジン音がないものですから周りの方への配慮になって良いと思いました。

        あと行き帰りの道中、下りなど、回生ブレーキを多用し、

        パドルシフトに強弱をつけて、ブレーキをあまり踏まずに充電できるのが

        面白いなと思いました。




ひぞり浜到着。ここではシュノーケリングなどを楽しんだそうです。

イメージ 4

アクティブな中村さんです。

そんな中村さん、デザイナー仲間とサーフィンにも出掛けたそうです。

千葉までのサーフトリップはいかがでした。

(中村さん) 「合計4人で出かけたのですが、
 
     ロングボード2枚とショートボード2枚を

     らくらくキャリアの方に積むことができました。

     私のロングボードなんて車内にも入れることができたので、

     非常にラゲッジスペースが大きいなと思いました。

     また、4人分のクーラーボックスや椅子10脚、

     テーブル等も積み込むことができたので、

     ラゲッジスペースも非常にゆとりのある車だなと思いました。




ここでも三菱アウトランダーPHEVは活躍しましたか?

(中村さん)「三菱アウトランダーPHEVの給電機能が大変便利でした。

       ラゲッジスペースにあるコンセントでは、

1500Wまで使用できるので

              サーフィンのあとの濡れた髪をドライヤーで

              髪を乾かしたり。後部座席のコンセントでは、

              ノートパソコンを使ってのサーフポイント検索に

              活用しましたね。」

イメージ 10


多趣味の中村さん、渓流釣りも行ったそうです。

(中村さん) 「フライフィッシングでの釣りのポイントだったり。
 
      モバイルだとかなり画面が小さいですから、

           車内にノートパソコンを持ち込み大きな画面で

           マップのチェックが出来ました。」
 
イメージ 11


釣りのポイントのチェックをする中村さん。

(中村さん) 「普段泊まりで行く時は、充電機を持ちこまないと

      いけないですが、そういった心配が一切無いので

           非常に便利だと思いました。

そしてPCで事前にポイントをチェックしたおかけで釣果もよかったようです。

イメージ 5

なんだかんだで車中泊にはまった中村さんです。

(中村さん) 「車中泊したときプラグインハイブリッドEVの素晴らしさを

実感しました。

              エンジンをかけずに電子機器が使えるし、

           バッテリーの上がりを気にしなくていいのが心強いです。

               あと、渋滞のときでもエンジン自動車は

               エンジンを回していなきゃいけないけど、

   そういうときに電気自動車の静かさというのが

                素晴らしいなと思いました。


                自分の車が音を出さないというのが、


                周りに対して配慮しているなとうれしい気分に


                なりましたね。」




ところで充電はいかがでしたか。

(中村さん) 「作業的には違和感なくスムーズに行うことができましたし、

      本当に、日本全国どこにでも充電スタンドがあるな、

           というのが非常に便利だなと思いましたね。

           けっこう小まめにカーナビゲーションの方で

                  EVの充電スタンドを検索して充電をしたものですから、

           ほとんどガソリンは使っていないんじゃないかと思うほど、

           使わなかったですね。

           なので、ガソリンの給油は一か月間で1回満タンにした

           程度ですかね。

      お借りしている間、箱根や千葉へのサーフトリップ、

           南伊豆への旅もしましたので、走行距離としては

           相当走っていると思いますので、かなり経済性に優れた車だなと

           思います。」
 


ところで 今回は特別に新型アウトランダーPHEVも体感していただいた中村さん、
デザイナーの視点でチェックしていただきました。

(中村さん) 「新しい三菱アウトランダーPHEVは、

      エクステリアと機能が非常にうまく融合されたデザインで、

      インテリアに関しては上品で飽きのこないデザインだと

           思います。

           モダンで洗練されたデザインで、パイピングやステッチ、

           日本を意識したような漆塗りのようなウッドパネルが施されて

           非常に高級感が増している車だと思いました。」

イメージ 7

      「ハンドルも、以前に比べて非常にソフトで握りやすい

    ハンドルになって、運転していても疲れにくい形だと

             思います。ハンドル周りのデザインも前回に比べて

       一新されていますね、非常に操作性があがっていると

       思います。」

イメージ 8


車全体のスタイルとしてはどうですか?


(中村さん)  「フロントの顔つきは、以前と比べてエアロダイナミックというか

      エックス型に配置されたデザインになっていて、
 
           非常にモダンな造りになっていると、デザインだと思います。

           新しい三菱アウトランダーPHEVは、パジェロ等のデザインを

           うまく継承されているなと思いました。

           エアロダイナミックという機能がうまくデザインと

           融合しているなと思いました。」
 
イメージ 6

三菱アウトランダーPHEVで、最新のカーライフを満喫した中村さん、

今回は新型の三菱アウトランダーPHEVにも

満足いただけたようです。ありがとうございました。

イメージ 9




いかがでしたか 中村さんの体感レポート。

伊豆 千葉 箱根・・・といろいろ出掛けてくれました。




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

このレポートがラジオのCMになって放送されます。

12/5 から湘南ビーチFMで中村さんのインタビューCMが流れます。



さて、次回の体感者は フリーカメラマンの須藤夕子さんです。

須藤さんは逗子在住ですが、今はマレーシアにてフォトシューティング中。
今回の中村さんに続いて、ワールドワイドに活躍する女性です。

三菱アウトランダーPHEV ぜひプロの視点でかっこいい写真を取っていただけるのではと期待しています。

次回をどうぞお楽しみに。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事