実績・トロフィーで人生暇つぶし

結局暇がつぶせれば何でもいいのかも

全体表示

[ リスト ]

(続き)

ほむらは苦渋の末に決断する。

まどかが魔法少女にならなければ、たとえ小規模になるだけだとしても、
この結末はなかったかもしれない……

QB「きみはそれでよいのかい? 君はまどかと出会わなければこうして魔法少女になることは
  なかった。こうして今の君が魔法少女になろうとしていること自体、変えられようのない
  未来を又迎えることになるということなんだよ?」

ほ「かまわないわ」

QB「やれやれ、君の行動は僕にはとても非生産的に思えるよ。僕としてはまどかを倒して
  くれたほうがありがたいんだけれど。」

ほ「議論の余地はないわ」

QB「ああ、それはかまわないけれど、君は向こうの世界で本名を名乗らないほうがいい。
  本来の君がまどかとであったとき、まどかが君の名前に覚えがあるかもしれない。
  そうしたら、まどかはすべてを悟るだろう。自分が目の前の少女を巻き込むことと、
  自分の「終わり」が近いことも。
  そのときにまどかのすべてがその時点で崩れ、契約するまもなくすべてが破綻する
  可能性が高いんだ。これは僕からの助言だよ。」

ほ「……ありがとう、なんていわないわよ」

QB「それとね、時空をまたぐ願いはとても多くの魔力を要することになる。
  君は向こうの世界ではちょっとだけ時間を止められる程度の魔力しかもてないだろう。
  戦うときには工夫が必要だよ。」

QB「では、いってらっしゃい。僕はどうなるかもう知っているけれど。君の健闘を願っているよ」


消えるほむら。

QB「やれやれ、どうせすぐにこの時に戻ってくることになるんだけどね。
  かなめまどか、君によって契約を解除されてね。」

ま「そ、そっか……彼女がほむらちゃん、だったんだね。
  私は……本当に馬鹿だったんだな、何も考えず。マミさんをカッコいいと思って、
  さやかちゃんもとても追い詰められていたのに、気づくことも出来ず助けてあげられなくて。
  ……ほむらちゃんのことも、何一つわかろうとしてあげてなかったん……だ……。」

契約を解除され、ほむらはまたこの世界に現れる。
顔には悲嘆と後悔、そして苦悩しかない。

QB「お帰り、今の君は解約を解除され、不安定ではありながらも又強い魔力を取り戻している。
  改めて契約を結ぶことも可能だけれども、今度はまどかを倒してくれるのかい?」

ほ「冗談じゃないわ、もっと、もっとやりようはあったはずなの!
  きゅうべい、また同じ契約をするわ。私をまた、あの時間にまで戻して!」

QB「やれやれ、何度繰り返しても同じことさ。そのたびにこうして君の魂は元からにごり、
  魔法少女としての資質を失っていく。いきなり魔女になってもおかしくないくらいさ。
  そんな大物が二人も同時に存在したら、きっとこの世界は大変なことになるよ?」

ほ「早く! 私をあの世界にもどして!」

そんなことを繰り返しているうちに、まどかは徐々に魔女化進行。
帰ってくるたびに疲弊し、苦痛にさいなまれ泣き崩れ、それでもまた過去へと
立ち戻る「ほむら」を見守ることしか出来ない。


ま「どこで、どうして間違っちゃったのかな?」

QB「君のしたことに間違いはなかったと思うよ、まどか。この世界には、どうしようもない
  結末と、それを変えたいと思う意志があった。それがある限り、僕はこの世界に存在し、
  願いをかなえ、その代償を得て世界のバランスを保ち続けるのさ。」

ま「覚えてる、なんてことは無理だよね。あの頃の私は、ほむらちゃんのことなんか
  まだ知りもしなくて、この先どうなっちゃうのかもわからなくて。
  ただ流されるようにして、あの時間を繰り返して……」

QB「そうだね、まどか。もう君も限界が近い。お疲れ様、というべきなのかな?」

ま「変身するときにね、ソウルジェムに口付けをするとき……あの頃の私がそこにいるの。
  契約をするときに持ってた、あの頃の、本当に幼い心のままで……」

QB「……君たちの魂は、とても不思議な力を持っている。時を経ても、君たちが願った
  想いは継がれていく。過去に契約した人たちの魂が消えても、その意志は次の時代に
  のこり、その意志を僕と契約することなく引き継ごうとする人たちもいた。」

ま「……そう。」

QB「僕は思うんだまどか、人の感情と魂は同じものなのかもしれない。それは大きなエネルギーに
  なるけれども、僕達はそれを使い切れていないのかも知れない。」

QB「都合の悪いことに、その使い切れなかった君たちの感情は、後の人たちの魂に少しずつ
  分け与えられ、僕と契約をすることなく何かを成し遂げる奇跡を生んでしまうことすら
  あるようになってきた。 その力が、もしかしたら君たち人間の強さなのかも知れない。」

ま「ねえきゅうべえ、奇跡は、あるんだよ……」

QB「奇跡、かい?」

ま「魔法の力なんかじゃない、もっと綺麗で、幸せな、何でもないことなの。
  だれかとだれかが出会って、笑いあったり、喧嘩したりして、そのうちに
  かけがえのない仲間になるの。 魂が、つながるの。」

QB「まどか、君は何をしたんだい?」

ま「どうなるかわからないの、これでどうなるのか……
  ほむらちゃんが過去に戻るたびに、私はちょっとだけ彼女のソウルジェムに魔力を
  あげていたの。魔力じゃないかな、ちょっとしたお願いをしたの……」

QB「どういうことだい?」

ま「その想いは、未来だけじゃなく、過去にもいけるんじゃないかって」

『あのころの私達が、もっと仲良くなれたらいいなって。
 知っているきゅうべえ? そういうのを私達の世界では、運命の出会いって言うの』

世界が、途端にノイズがかかったような世界に変質する。

QB「ありえないね……この時間列がまるごと破棄されようとしている。」


-------------------------------------------------------

不思議な夢を見ていたような気がする。

とても怖いような、暖かいような。

今日はなにか特別なことがあるのかもしれない、私はいつもどおりリボンを選び、
さやかちゃんたちと登校する。

「えーっと、今日は転校生を紹介する」

転校生?あれ、本当に特別なことがあった。

入ってきたのは、綺麗な黒髪の、とても寂しげな顔をした女の子。

さや「おーっ、超スタイルいーなーあの子。美人系?」



−−わたしは、思わず席を立った。

『???ちゃん!』

なぜ、彼女のことを知っているのか、私にも良くわからない。
はじかれるように立ち上がり、彼女の、今まで出合ったことのないその名を呼ぶ。

「あー、かなめ、この子は暁美ほむらさんと言ってだな……」

説明をしだした先生を制し、その子は私を見つめる。
その頬には、幾重もの涙がつたっている

「まどか……ありがとう。あなたは、あなたは自分の力だけで、きっとすべてを変えられる。
 みんなを幸せにすることがきっとできる。それはあなたの持っているとても素敵なちから。
 それを大事にして。」

そういうと、その子は急に、ふっと姿が消える。
まるで魔法のように。

突然の出来事に、クラス中は大騒ぎになる。

私は、なぜか涙が止まらない。
いろいろな、今までと違う気持ちが心の中にあふれてくる。

そう、それはまるで魔法のように。



QB「マミ、どうかしたのかい?」

マ「ううん、何か今、同じ魔法少女の気配がして、すぐに消えたの。」

QB「うん、それは僕も感じていた。そのクラスには僕が契約をお願いしようとしている
  魔法少女の素質を持った女の子が二人ほどいるんだけど……」

マ「それはどんな子なの?」

QB「とても、大きな力を持った子だよ。」

マ「へえ、それはとっても楽しみね。どんな子達なのかしら?」


「よっと」

屋上に上がってきたきゅうべえは、件の魔法少女の候補、久しぶりの大物となる
鹿目まどかを観察する。

「どういうことだろうね……彼女の魔力はさっきの気配以来、大きく変質している。
 エネルギーとしてはより大きく、僕達にとって扱いづらい力になって。」

「この時間列にない魔力、おそらく未来の世界からの干渉かな?」

これまでにもこういうことはいくたびかあった。
過去に立ち戻る願いをされることは何も珍しいことではない。

「同じことなんだよ、未来の誰かさん」

「僕らは、同じようにまた繰り返すだけさ。この世界に、希望と同じくらい絶望がある限り」


--------------------------------------------------------------------------------------

ささ、こんな感じで終わる、というのはいかがでしょうか?

まどかは強力な魔法少女になるも、その背負った運命から逃れることが出来ず、
やがて強大な魔女へと変質せざるを得ない状況に追い込まれる。

ほむらはその傍らにいて、彼女を助けようとその時代からやってきた魔法少女。
彼女が本名を名乗らないのは、すべてを説明しようとしないのは、それをすると
キチ扱いされることになる懸念があることと、そもそもそうすることによって
自分が未来でまどかと出会うことなく、まどかの変質を止めることが出来なくなる
懸念があるからだという仮定に基づいています。

しかし、きゅうべえが言うように、すべてが解決するわけではありません。
未来のひとつの可能性として、作中の悲劇が繰り返され、まどかが魔法少女になる
というパターンのひとつが崩れただけの話であり、きゅうべえはこの世界でも
相変わらずまどかやさやかを勧誘することでしょう。

上条の腕を治すために、さやかはまた契約をすることになるかもしれません。
この世界ではマミは死なずにすむかもしれません。

ただ、それは又別のお話。

この世界でのまどかは、その時々にどんな選択をしていくことになるのでしょうか?

という感じで最終回になる、と。

頭の中ではこうするとまとまるんじゃないかなあ、と思っていたのですが
文章を書くと長すぎます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事