ここから本文です

書庫全体表示

2月19日(日)、大正区役所4階大正区区民ホールにて、よしもと新喜劇映画『商店街戦争〜SUCHICO〜』プレミアム先行上映会in大正区が開催されました! よしもと新喜劇映画『商店街戦争〜SUCHICO〜』は、昨年、各地で大好評を得たよしもと新喜劇映画『西遊喜』に続く新喜劇映画第二弾。この映画が、大正区にてほぼオールロケで撮影されたとあって、この日2回行われたプレミアム上映会は、大勢の大正区民の皆さんが駆けつけました。
まずは、映画公開記念スペシャル新喜劇を上演。大正区のうどん屋を舞台に、すち子はもちろん、帯谷孝史、もじゃ吉田、瀧見信行といった新喜劇メンバーも出演。さらに大正区の筋原章博区長も出演し、大きな拍手が! 映画にも出演している元キックボクサーチャンピオンで現在俳優の武田幸三がすち子と乳首ドリルを繰り広げるシーンではお客さんも大喜び。恒例のすち子の飴投げでは、みなさん手を上げて大盛り上がりでした。
スペシャル新喜劇後の舞台あいさつでは、すち子が映画の見どころをPR。「武田さんは元K-1ファイターですから、本物のアクションが見られます! 随所に血が出ます。ちょっと怖い、と思う人もいるかもしれません。様子が違うぞという場合もあるかもしれませんが、とにかく面白い映画なのでぜひお願いします」と、これまでにない作品に仕上がったことを語りました。
そしていよいよ『商店街戦争〜SUCHICO〜』の上映がスタート! 「男同士の絆」を軸に、吉本新喜劇ならではの人情喜劇が繰り広げられます。新喜劇メンバーはもちろん、武田らの体を張ったハードなアクションも見どころ! 大正区で撮影されているため、三泉商店街や大正区役所など、大正区の皆さんには見覚えのある風景があちこちに散りばめられているのも魅力。笑いあり、涙あり、アクションありの盛りだくさんの内容で、しかもクライマックスではまさかの展開が...!
上映後はトークコーナーが行われました。井上安世の司会進行の元、すち子、武田幸三、谷口仁則監督が登壇。すち子と武田は役柄の衣装で登場です。すち子は「商店街の方々、大正区の方々に全面協力いただきました」と感謝を伝え、撮影秘話を語る一幕も。また、三泉商店街のシーンで登場するお客さんは、本当のお客さんであることが明かされました。谷口監督は「エキストラで出演しているのはほとんど地元の方です。もしかしたらここにも出演してくださった方がいるのかな、と思って」というと、手を挙げる人が何人も! さらに、「毎回、商店街のどこかのお店の方が差し入れしてくださって、本当に温かい商店街でした」とふり返りました。
続いてのコーナーは、先行上映会を記念して、「幸せのタイキック大会」を開催! 武田幸三といえば、キックボクサーとして活躍していたアスリート。実は、武田のタイキックを受けたら幸せになれるという噂があるそうです。そこでお客さんにもタイキックを体験していただこうということで、希望者の中からジャイケンに勝ち残った5名の方が今年の抱負を叫びながらタイキックを受けていただくことに!
まずはお手本として、筋原区長が「大正区の幸せのために」と武田のタイキックを受け止め、続いて5名の方々も。生まれも育ちも大正区という女性から、東京など遠方から駆けつけたというお客さんもおり、皆さんタイキックの衝撃に驚きながらも笑顔で受け止めていました。
イベント後の囲み会見では、すち子は「ちびっ子もたくさん集まってくれたんですが、映画の冒頭からいきなりドメスティックバイオレンスなので『大丈夫かな?』と思いましたけど、笑いもたくさんありました。今までの、新喜劇のほんわかとした部分を良い意味で裏切ることができたと思います。笑いあり、アクションあり、バイオレンスありという、『こんな新喜劇の映画もできるんだよ』というのが表現できたのではないかなと思います」と感想を。
武田は「大正区をロケ地に撮影させていただき、感謝しています。今日の上映中は座席の後ろで見ていたんですが、皆さんが映画を観ている姿を見て、皆さんに愛していただける映画になって本当によかったなと思います」と語りました。筋原区長は「今回は大正区で撮影していただきましてありがとうございます。けっこうハードな内容なので、商店街はどんな反応かな? と思っていたら、皆さん大喜びだったので、やっぱり吉本は強力に愛されているなと身に沁みました」とにっこり。
谷口監督は「今回、『吉本新喜劇を裏切るような映画を撮って欲しい』というテーマをいただいてこの作品を作らせていただいたんで、吉本新喜劇のイメージで来られて、『こんな一面も見られるんだ』とか、『すち子のシリアスな顔ってこんな怖さも出るんだ』とか、普段のお芝居とは違ったところも見せつつ新喜劇らしさもあり、緊張と緩和をテーマに良いバランスを保ちながら作りました。筋原区長の協力のもと、皆さんお店の方々に協力していただいて完成できたので、皆さんの力でひとつの理想像ができたかなと思います」と感謝の気持ちを述べていました。
武田のタイキックを受けた筋原区長は「あんなに痛いと思わなかった。しばらくお尻が痺れていました」と苦笑い。しかし、武田にタイキックを蹴られると幸せになれるといわれていることもあり、武田も「厄払いになると思います。かつて、腰痛の方が治ったりしました」と笑顔で語り、出演者も爆笑。すち子も「去年の2月に蹴っていただいたんですけど、収入もグッと上がりました。蹴りのおかげだなと思います」と太鼓判を押していました。
また、すち子は「大正区はノリがいいところだと思います。区長、今日も新喜劇とタイキックに出られると聞いて、『どんだけ出るねん!』と。すごく楽しかったです(笑)」と筋原区長の活躍ぶりを称えていました。
また、「ジュビロ磐田の中村俊輔選手が乳首ドリルをスポーツ番組で披露しましたが」という質問には「びっくりしました!」とすち子。「自分たちのネタながら、こんなに長いんだ、と(笑)。また、これフルで流すんやっていう、思い切ったことをされるなと思いました。こんだけ長いなんて、普段ちょっと迷惑をかけてるなと認識しましたね」と話しつつ、「あんなに凄い方があれやったことで評価が下がらんかったらいいのにな、と思います。ゴールパフォーマンスでもぜひやっていただきたいですね。かっこ悪いでしょうけど...」と期待を寄せていました。
よしもと新喜劇映画『商店街戦争〜SUCHICO〜』は、3月4日(土)から全国順次公開です!
【すっちー】【帯谷孝史】【もじゃ吉田】【瀧見信行】【井上安世】

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事