ここから本文です
白雪姫パワーアップ! 見かけだけ・・・

書庫全体表示

Renault Clio4のナビ〜03

ここからはGPS R-Linkのサイトにも明記されておるがルノーが正式に認めている行為ではないので失敗して車が文鎮化しても知りません。正規保障も適応されません。あくまで自己責任で!
 どうせウチの車はディーラー無関係なので平気である。

まずPCでDDT4allの動作環境を整えて起動してみる。するとこの画面が、
イメージ 1
でれば成功で次にELM327アダプタを接続(今回はUSB、青歯やWiFiアダプタは適切なものを)しポート、速度を選ぶ。改造延長コネクタを介して車両側のOBD2ポートへ挿す。OBD2ポートはシフトレバーの前にある。
イメージ 4

イメージ 2
速度の下に”間違うとキミの車が壊れるかもしれんけどエエならチェックしな”と書いてあるボックスにチェックをいれ、一番下の"connected mode"をクリックすると



















イメージ 3
この画面が表示されれば、メニューバーのアインシュタインの顔をクリックする。
"After sales" モードになり"Screen"タブを開く。後はGPSサイトの情報に従ってnavigationの項目だけ変更するのだ。
エンジンやミッション、ドアロックなどの設定も変更できるが責任は持てまへん
横のでっかい黄色ボタンを押せばセーブされる。この間エンジンはかけたままでやった(途中で電源落ちたら怖いので)。
上手くできていればデイスプレイのsystemを選んでメニュー表示すると以前なかったAndroid Auto settingのアイコンが出来ています。

スマホをつなげば、ホーム画面の下にAAのアイコンが表示されタップすると
AAが立ち上がり、
イメージ 5
Google Mapが表示されました、万歳、万歳!
”OK,グーグル”で目的地検索、電話、音楽再生ができます。ちょっとアホですが。
ちなみに音楽アプリはデフォルトのGoogle musicは非常に使いにくいので僕はロケットプレーヤーにしています。
イメージ 6
最新の車と同じになった。めでたし、めでたし。

ただ、ルーテシアはどうなってんやろう?ネットで日本のナビに入れ替えてる人は見たけど。現在売られているのはR-Link1EvoかR-Link2になっているのでこの話は関係ない。そもそもLhdの初期型Clio4なんてきっと日本に数台しかないやろうから皆さんにはどうでもエエ事ですね。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事