ここから本文です
白雪姫パワーアップ! 見かけだけ・・・

書庫全体表示

記事検索
検索
来る10月20日はチャオイタです。
昔はボンバの誰彼がレースに出たものですが、最近はすっかり足が遠のいております・・・。
私もチャオイタで走ったのは白雪姫が来た年に嬉しがって走ったきりですがな(コレでエンジンやりましたなあ)。
今年は10月の仕事が暇なので一念発起エキサイトランに申し込みましたよ。
 
イメージ 1
マフラー変えて、年代ものA048を履いて、プラグを7番に変えて準備終わり。
ジャッキアップしたのでCRBBもお掃除+給脂しましたよ。
いつもグリスに砂が引っ付いてえらい事になってますねん。
 
事故なきようホドホドに楽しみましょう。
 

開くトラックバック(0)

プラグを変えてみた

GTV6は快適な通勤車として何の問題もなく活躍中です。
先週、大山ツーリングにお呼ばれしました。
イメージ 1
 
五目イベントなのでいろんな車が見られて面白い。
白猫#35さま、
いつもありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
調子のよいV6ですが、プラグは貴重な当時ものGolden Lodge2HLです(さすがにピンクではない)。
以前GTAにBosch Platinum4+を付けた事がありましたが、非常に調子が悪くすぐにお蔵入りになっていました。
ただこのプラグ、W124には非常に良かったのでインジェクション向きのようです(現代車用だから当たり前)。
せっかく大山まで行くので使ってみました。
 
イメージ 3一応、金色です。80年代はルーカス製?
シルバーロッジもあるそうで(詳細不詳)。
イメージ 2
電極はないと聞いていましたが、よくみると4本足です。
旧式のL−ジェトロですが、きれいに焼けてますなあ。
 
 
変えた印象、よーわからん。燃費は良いです。リッター10kmぐらいです(含む一般道)。

開くトラックバック(0)

お盆仕事

皆様も同じでしょうが、酷暑にて旧車は夏眠中ですね。
 
お盆休みを利用して職場のガレージにリフトを設置しました。
そのまま置いてしまうこともできるのですが、段差ができると
後ろのスペースへ入りにくくなるのでコンクリを剥がして半埋め込みにしてもらいました。
 
イメージ 2イメージ 1
いきなり設置した写真ですが、足のしたは2mぐらい掘って基礎を作らないといけませぬ。
半埋設の場合は足のスキマはコンクリで埋めたのち鉄板で足を保護します。
イメージ 3イメージ 4
うちの場合は防火重量シャッターのためその収納ボックスが非常にデカくて、
リフト上の車先端との余裕があまりありません。BMWE46が限界ですわ。
GTV6はタテヨコとも楽勝なので別に困りませんが。
 

開くトラックバック(0)

ドアロック完成

しばらく、ほったらがしでしたが何でだったかと言うと、
部品がなかった・・・
であります。
 
施工前から懸念されていたことですが、内張りをはずすとそれを固定していたペグが
予測とおり折れて再使用不能となってしまいました。
 
イメージ 1
代替品を探していたのですが、同じようなサイズのものはなくGM製(黒)が使えそうでした(下図のドア下の分)。
白はトヨタ用のものです(大きな絵の分)。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボードを取り付ける前になんか薄汚れていたのでクリーニングを。
家庭用マジック○○なんかだと汚れうつりがあったり手が荒れたりしますので、
僕は業務用ですがKC・クリーンエコ(コオリ社製)を使っています。GTAのレストアでも活躍しましたが、
同じ洗浄液が何度でも使えるというスグレモノでほとんど手荒れもしません。
イメージ 3イメージ 4
左がbefore、右がafter、さすがに経年変化はありますが生地もビニールもスッキリ。
 
イメージ 5
GM製はバッチリフィット、トヨタ用は少し加工して取り付けました。
 
無事完成したのですが、ひとつ納得のいかない事があります。
このドア、水抜き穴がない!
ワックスで穴が詰まっているのかと思いましたが詳細に観察してもない。加工ミス?
ジュリアでもあるのに・・・
いつか穴あけてもらわんとアカン。

開くトラックバック(0)

第三次改装-その2

次にアクチュエータをつける場所を決めます。GTV6は昔のキーロックなので簡単です。
 
最初は気合一発この辺で穴あけ・・・。次は別のアクチュエータをドリルガイド代わりにすれば確実ですね。
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3リンケージはこんな感じでガラスに干渉しないように。
あとで錆止めをしておきましょう(開けた穴も必ず)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
直接ドアにとめるとフィットしないので汎用グロメットとワッシャーを利用して少し浮かして固定しました。
アクチュエータのストロークとドアロックボタンのそれは丁度同じで考えずに済みました。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事