ここから本文です
白雪姫パワーアップ! 見かけだけ・・・

書庫全体表示

記事検索
検索
本題ですが、GTV6はネオクラッシクという微妙な年代ですので、一部現代車としては使いにくいところもあります。
僕の現代車のイメージは、インジェクションで三種の神器、クーラー・パワステ・リモコンロックなんです。
古い?
で、矢不億にて入手、そんなに需要がないのか1900円で落札できました(モロモロで3500円ぐらいになったけど)。
 
イメージ 1
またまた中華モノです。リモコンが一番シンプルだったので。サイレンはいらんのだが・・・
 
1個だけ5線で、その他は2線です。動作確認せねば安心できないので電源工事から始めます。
まずユニットの付ける場所ですが、ヒューズボックス周りは邪魔になるので左後席下へ。
 
イメージ 3
イメージ 4
座面は上に引っ張ぱれば取れます。緑の太いケーブルはバッテリ+ライン、
黒がリアランプ周りのケーブル、都合のよいことにアース端子あり。
バッテリから直接ケーブルを引くため、タッピングねじ2本はずし背もたれも外します。
隔壁に何の穴か知りませんがピッタシのところのを使いましょう。イメージ 5
 
常時12Vかかるので絶縁はしっかりと。
0.75mm線を使ってますが、ショートすると丁度手持ち花火のサーチライトのごとく
閃光を放ち燃えます(経験あり)。コルゲートチューブ保護、汎用のグロメットがぴったりです。15Aヒューズもね。
イメージ 6
 
アンサーバックはウインカーに繋ぎます。水色が右、水色/黒が左ですが分岐タップで傷つけたくないので
片方のみ接続。先生、お許しください。
イメージ 2
アースとアクチュエータを接続し、無事リモコンに反応しました。
元から付いていたケーブルはどーせ届かないのでちょん切って作り直すことにしました。
 
つづく・・・

開くトラックバック(0)

第三次改装計画ー前章

5月はアルファディ&イタジョブがありましたが、
アルファディは毎度シェフが忙しく、イタジョブは雨にて写真はございません。
猫のアルファ&ロメオ誌にちっちゃく載っておりますのでご興味の際には本屋さんで。
 
この土日は久しぶりに休みでしたので、第三次計画を発動しました。
手はじめは、先般装着したHIDです。
中華お約束、予測どおりと申しましょうか、段々点灯しなくなってきました(何回もオンオフしないとつかない)。
3年保障が付いておりますのでメールでやりとり、バラスト交換となりました。
イメージ 1上が旧型、
下が新型。
旧型はたぶん熱でしょう、シールがはがれかけw
 
よく見るとinputは
旧型は12Vしか書いておりませんが、新型は9-16Vとなっておる。それと新型はなんか重たい。電気は重いのはエエでという伝説がありますが・・・
 
 
 
 
 
 
リレー経由でエンジン始動前11.8V、始動後13.2Vで点灯せえへんのは車のせいやないやろ、と文句をいったので
見透かしたような表示ですな。たぶん電圧関係はクレーム多かったやろね。
で、ちゃんと点灯するようになりました。いつまでモツカナー。
つづく・・・

開くトラックバック(0)

約2ヵ月を経て帰還してまいりました。
イメージ 1
 
何をしていたかと言うと、
イメージ 2
嫁も乗るのでパワステを付けろと指示されたのですよ。
昔二代目ジュリエッタを練習させた時、超重ステの悪印象がありまんねん。
F名人の作品です。ジュリア用とは違い取り付けスペースがなく試行錯誤したとの由。
75用でも良かったんですが、ステアリングラックがよー壊れますので電動と相成りました。
先般のエアコンとパワステで現代車並で〜す。
 
しかし贅沢な話ですなあ、PF氏とF名人の両巨匠のお世話になれるなんて。
この車は幸せモンです。
 
 
 

開くトラックバック(0)

久振りに・・・

2週間前の話ですが、行き倒れてしまった。それも名神高速の登りで。
快調だったエンジンが急に静かになり、慌てて再始動するも景気よくスタータは回るが爆発の気配なし・・・
ハザードを点けつつ惰性走行で路肩に停車するもトンネル手前で路肩が狭いがな・・・
しばし考え、坂の下に廃止されたバス停があったことに気づき、都合よいことに出口だけバリケードがない。
恐々後ずさりしましたがな、エエ、ホンマはあかんのですよ。下り坂になるからユルユルとね。
 
なんとか無事にバス停跡に避難し、ゆっくりと原因検索するがパッと見はどうもありませんがな。
フルトラアンプかデスビと思い、すっぱり諦めJAFを呼ぶ。1時間かかるって、iPad持ってて良かった。
 
ふと思い返して点火系のコネクタを抜き挿してみると、片方のコイル+ラインが緩いし微妙に緑青がついている。
ガシガシしてもう一度始動、バァーン、一発でかかりました。コイル2個付いているの1箇所ダメだけで
止まるなんて何のためのツインプラグやねん(本当はポイントやったら大丈夫やったんですけどね)。
JAFは30分ぐらいで来てくれましたが、用事がなくなったとも気の毒で言えず
コネクタ修正のため少し道具をかりて自分で応急修理しました。JAFさん忙しいのにすみませんでした。
 
で、やっと連休に時間が取れたので根治治療を。
イメージ 1苦し紛れにカシメたのでつぶれてますが、コレが犯人。
 
イメージ 2右がついていましたが、左の分に変更した。
ファストン型250端子といいます。エーモン製(右、普通に売っているやつ)は微妙に規格が違うのかカッチリ刺さりません。たいがいユルユル。左のはあんまり見ないので電子部品通販で買ってましたが、先日コーナン(中華モンがほとんどの量販店)の電気コーナーで見つけた!イメージ 3
 
隙間が本来の分は狭いでしょ。
それにカシメる時銀色の方は硬い。
バネが効いてるやろね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
皆様、コネクタ換えるときは金色は使ったらダメよ!
 
追伸:GTV6ファンの皆様、別件で車は修行中で2ヵ月帰ってきませんorz・・・

開くトラックバック(0)

旧車に光を、その2

先日、ロービームをHID化したのはお伝えしましたが、実際使ってみるとランプの発熱が多いようで、
他のHPを参考にしますと突入電流が14Aぐらいとのデータもあり、コラムスイッチに
そんな大電流が流れるのは不安になりますた。で、やっぱりリレーを噛ます事にしたのです。
 
落ちていたH4用ボッシュキットの半分を取って、それらしく加工し・・・
イメージ 1
 
イメージ 2
 
バラストに並べました。30Aヒューズは切れないと信じよう。まだ夜道を走ってませんが、見た目は前より
青みが増してしまいました・・・orz まあ、より明るくなったんやろなあ。
 
補足:電源は都合良く左前にオルタ・バッテリからの集合ターミナルがあり、アースもすぐ横にあります。
    一応ヒュージブルリンクでおます。
イメージ 3

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事