ここから本文です
白雪姫パワーアップ! 見かけだけ・・・

書庫全体表示

記事検索
検索

旧車に光を・・・

80年代の車のヘッドライトは一部はハロゲン、普通はシールドビーム(死語やねえ)でした。
本国ではハロゲンで明るくても車検で暗〜いシールドに変えられたため、シビエやマーシャル、キャレロ(この頃は箱にルーカスのロゴも入っていた)に変えたモンです。さらにはリレーキットでハイワットバルブ(110Wなんてのもありましたな)を入れてギラギラさせていたのです。
 時は流れ、30年・・・。今のミニバンでやってる青色、まぶしーいやんけ仕様、後付HIDですな。
今も昔も変わらんなあ、アホのやること・・・
 
で、GTV6はH1ハロゲン55Wと当時ヨーロッパ標準のバルブですが、メッチャ暗い!
当時の55Wはこんな暗くなかったはずと不思議でしたが、H4バルブと違って
バルブに前に傘が付いてますねん。白雪姫はH4E55Wやけどもっと明るいですわ。
暗いとバカにされますねんな、割り込まれるは、すぐ前を横断しよる人や、危なくてしゃーない。
やむを得ず当方もHIDを入手しました。
 
イメージ 1イメージ 2泣くも子も黙る爆安中華HIDです。ダメもとですな。
H1タイプはH4と違ってハイロー切り替えが不要なので比較的問題がなさそうです。
 
 
新品でも動作不良は珍しくないとの定評なので、さっそくテスト。
イメージ 3
 
肝心のGTV6はとある所で修行中なので、白雪姫のおめめを外して電気を拝借します。極性確認して、
 
イメージ 4
無事点灯、パチパチ・・・。残りのバラスト・バーナーも当然点検、OKですた。
しかし問題はバラストの設置位置と電源にリレー噛ますかどうかです。今回購入したのは35W4300Kですが、
HID起動時には片側で13.2V10Aとか大電流流れるので(点火すると4Aぐらいらしい)配線は要注意です。
特に電圧不足ですと不点灯やバラストが定電圧回路で構成されているようなので更に大電流が流れ
ヒューズ切れなんて事例もネットではよく見ます。
 
イメージ 5
 
ガレージに転がっていたコイツの出番か?

開くトラックバック(0)

乗り換えたのは、

一部で誤解があるようなので
 
今回入れ替えましたのは、長らく当家のファーストカーでありました91年式W124の260Eであります。
21年間特に故障もせず黙々と働いておりましたが、近年のイタリア車の品質向上により常にスタンバイ
させる必要がなくなったのです(直近のアルファGTや今の通勤車デルタディーゼルは全く故障知らずであります)。車庫保管で非常に程度がよいのですが、今回のGTV6の登場によりそのコーティング代金として貰われていきました。誰か拾ってくれないかなあ。
 
イメージ 1
 
ご心配おかけしております白雪姫は、夏期休暇にてガレージで寝ております。
9月は車検に出さねば。でも暑くてYメンテに持っていくのもゲンナリ・・・
GTV6はぼちぼちエアコン装着の順番が回ってくるようです。

開くトラックバック(0)

あこがれの縦置きV6

 皆様、遅くなりました。
新規導入いたしました、85年式アルフェッタGTV6でございます。本当は後期型からアルフェッタではなくアルファロメオGTV6と呼ばれておりました。
 
イメージ 1
「遠くで聞くグランプリエンジンの音」というCG記事を読んでから、この車は現役当時から気になっていたのですが、なんせ非常に高価で到底手の届く代物ではありませんでした。
時は流れ二十数年・・・、家族も少なくなり普段使いできる古きよき時代の残り香がある車(クーラーは必須ですな)を探していたのですが、ひょんな事からこの車の存在を知ったのです。詳しいことは輸入のお世話になったホリイトレーディングさんのブログにでておりますので割愛しますが、なんといっても一番の特徴は、
 
イメージ 2
走行距離844km(発見された時691km、ウチに来てから100kmぐらい乗りました)!!
27年前のほぼ新車であります。嬉しい事に経年劣化する部品を取り替えて丁寧に動態保存されていたのです。
たぶん、世界中探してもまずない個体であり意を決して購入と相成りました。
てな訳で、しばらくはナラシですが、4000rpmまででもフォ〜ンというえもいわれぬ快音であります(絶対にフェラーリV8よりはエエで)。

開くトラックバック(0)

重大発表

 ワタクシ、近々車を乗り換えることに致しました。
多忙&次期FXの件でブログ更新しておりませんでしたが7月末納車予定です。
 
詳細は・・・、
 
イメージ 1
 
 
 
次号で。

開くトラックバック(0)

2大イベントをひとくくりにしてスンマセン。
だって2週続けてで、私にとって一連ですねん。
それにアルファディは写真もありませんねん、ってカメラのメモリ入れ忘れと、アルファディはシェフの仕事が
ありますので例年当日はあんまり見学してません(ほぼ前夜祭&風呂トークのためだけ行ってるようなもん)。
イメージ 1
 
野外料理は大好きですので見物できなくても全然苦痛ではありませぬ。毎年レシピが悩みです。今年はアシスタントがありまして非常に楽でした。Hさん、ありがとね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルファディの行き帰りでタコメータが不調になりましたが、ミシン油さしたら治りましたw・・・。
 
翌週20日のイタリアンジョブ。仲間は余呉湖前泊ドンちゃん騒ぎで羨ましい〜ですが、
私は仕事にて当日参加也。でもエッセンは提供しませんのでボーと参加するだけで楽です、蓼科より近いし。
 
イメージ 3
行くなり目に留まったのはランチアです。私、隠れランチスタでねん。
イメージ 2
モンテカルロは今でもグラグラきます。元ベータ乗りとしてはいっぺん乗りたい〜。
 
イメージ 4
仲間内でも話題になった、今回の白眉といってもいいディスコボランテもどき。こんなんあるんやんねえ、偉いのはアルファのマークをつけてないこと。オーナーの遊び心が窺えます。
 
イメージ 5
アルフェッタGT&GTV6、故あって気になりますが詳細は後日に。
 
イメージ 6
これは初めてみました。トッポリーノ一族だそうです。
 
毎年感じますが、アルファディもイタジョブも素晴らしいことはスタッフが楽しんでいることです。イベントは大きくなると成功することだけに腐心し裏方は自己犠牲だけになることが多々ですが、どちらもスタッフ皆様が生き生きしていてとても居心地の良い会場であります。
 
いつもご苦労さまでございます。

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事