ここから本文です
白雪姫パワーアップ! 見かけだけ・・・

書庫全体表示

記事検索
検索

HotLap続編

前回4回塗布+内腔注入後2週間熟成してみました。
 
イメージ 1
 
やっぱり大して変わらんナァ。
11月27日に六甲森林植物園でトリコローレ2011があるのでその時使ってみよう。
あと、コレでお化粧してみます。数年前心斎橋のハンズで買いましてん。
 
イメージ 2
 
 
 

開くトラックバック(0)

 はっきり言います、オタフクは13インチ、です。
でも、昨今13インチの幅広オンロードタイヤなんてありませんがな。
なんせ、ヤフオクで探す時の検索ワード、旧車・族車・暴走でっせ(泣)。
先日も書きましたが、10年前の新品に耐えかねて15インチに甘んじておる訳です。
 
しかーし、昔からタレたり硬化したタイヤの復活を図ろうとするグッズは存在しておりました。
 
イメージ 1
ジャーン、米国PROBLEND社HotLapでございます。この手はタイヤソフナーちゅうのが有名ですが、メッチャ臭いのとタイヤがホンマに溶けてベトベトになるので、無臭で耐久性のある(と謳われている)コチラを選びました。しかしこの缶、錆びてますがな、よっぽどたな晒しになってたんやろなあ。
 
イメージ 2トレッド、割れ割れ〜。こんなん戻るの?
 
この1ガロン(約3.79L)缶でタイヤ80本分!処理できると宣伝にありましたが、真っ赤なウソですな。
10回〜14回塗って乾かすって、薄く塗っても4本で1回に200mlは使います。おまけに空気穴から300ml入れて4.5kgの圧かけるともっとエエでっせ、てな事が書いてある。それだけで1.2L無くなるがな。ビビッて150mlだけ注入後、4回コートしました。その後ゴミ袋に入れて保管中なり。確かにほんの少しベンゼン系の臭いがありますが、マンションのベランダでやっても近所迷惑ではないですな。タイヤ表面を触ると真っ黒で少しゴムが溶けているようです。でも残約0.5ガロンしかありませんで、10回も出来るかいな、アホらし、もう1セット使うつもりやのに・・・orz
 
ところで今時の人にはわからへんやろか、バテレンちゅう言葉は・・・

開くトラックバック(0)

CGオータムミート2011

 
イメージ 2
10月30日(日曜日)はメッセ三木で上記イベントが開催されます。
昨年はカブラトーリ2ndとしてCGと合同イベントとさせていただきましたが、
今年はオータムミートにボンバロッサとして他メイクスクラブと一緒に参加いたします。
 
昨年のカブラトーリ
イメージ 1イメージ 3
 
今年もブォ〜ン、ブォ〜ンしてもエエんやろか。
 
その他、ご家族で楽しめるようにいろんな催しが企画されております。
30日は、忙しい方・暇な方、家族に見捨てられて行く所のナイ方、いろんな方々、是非のお越しをお待ちしております。
 
 

開くトラックバック(0)

円高のうちに・・・

今日は暑かったですが、そろそろ冬支度でプラグの熱価を下げました。いつもはNGKB6ESですが、
最近ボンバで流行っている奴を試して見ましょう。
 
イメージ 1
ボッシュ4477(WGR7DQP)というプラチナプラグです。ただ日本には正式輸入されていないので米国アマゾンにて購入、送料込み1本約650円也。NGK6番相当です。B6ESの2倍以上の値段ですが、自己清浄能力のあるプラチナ陽極とカブリに強い4本接地電極が特徴ね。
 
イメージ 2
エンジンかけてみましたが、取りあえずはバルブに干渉しないようです。アイドリングでは違いはよー判らん。未燃焼ガスが減るかなあ。
 
そうそう、こんなんも付けました。
イメージ 3
イギリスよりはるばる帰って来ました。今度はちゃんと発電してます、って当たり前ですわな。
 
円高やし、今のうちに?海外で部品調達せあきませんで。

開くトラックバック(0)

IL-2 その2

実際にはこんな感じでやっています。
 
イメージ 1
ジョイステックはSaitek社製X52proです。プロファイルを設定することでいろんなシムに対応するのですが、僕はIL-2しかやらないので特に設定はしておりません。PCデスクは既製品ですが下のキーボードを載せるスライドテーブルの奥行きが無いため、そのままジョイステックを乗せると上のテーブルに干渉してしまいます。僕のはスライドテーブルのレールを改造し本来の位置より20cmぐらい前に取り付け直しました。
 
イメージ 2
足元が雑然としてスマソ。同じくSaitek社製Pro Flight rudder pedalsです。蹴ると動くので床にテープで貼り付けております。
19インチディスプレイの上にLogicool Qcam Pro4000という旧式のwebカメラ(オクで2000円弱)を付けています。
これでFreeTrackを使って3個のLEDを認識させ、視界を変えるわけです。イメージ 3
現像した銀塩フィルムの空焼き分をレンズの前に張ります。これは赤色LEDだけを認識しやすくさせるためのフィルターなのです。これがないと周りの景色も拾ってしまうのでちゃんとFreeTrackが作動しません(でもフィルムがないよねえ、昔は一杯あったけど・・・)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
自分の頭にはヘッドセットをつけます。僕は針金ハンガーを使って、LEDをホットボンドで固定しました。
まあー、ブサイクですけどこれでよし(制作費500円ぐらい、ヘッドセッド別)。マイクは使ったこと無いけど
音声チャット(編隊空戦などでは必須、別にteamspeaks3等のフリーソフト要)に用にと。
 
次回はFreeTrackの設定などを。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事