ここから本文です
白雪姫パワーアップ! 見かけだけ・・・

書庫全体表示

記事検索
検索

ジェット遊び

春盛りというか初夏ですね。
我等ボンバロッサは例年の5月の第2週土日アルファディで蓼科へお参りするのです。しかし今年は地震被害のため中止で本日はのんびりしております。
白ふくは先月サーキット走ったまんまのこともあり昨日エンジン・ブレーキオイル効果にYメンテに行ってまいりました。いつ行っても面白いものがあるので(今行くと謎のF3ツインプラグがあるのよ)オイル交換の時間も苦になりませんね。
さてサーキットで7000回転以上になるとかすかなピンキング音がしており、アクセル全開にはできませんでした。この件についてY御大にお伺いを立てみますと、師曰く「ちょっと薄いのかな、メイン150にしてみて」とのこと。現在のジェットセットはエマルジョンF-16、メイン140エア210で普段は濃い感じがしていたので、十分と思っていたのですがサーキットではやはり違うのね。ついでに調べてもよく判らないエマルジョンチューブの違いを尋ねてみました。大事なことだからよく聞くのよ。
 
「F-16は高回転(>6000r.pr.m)で濃くなる、F-9やF-11は中低速(3000-6000r.p.m)が濃い目で上は薄い。したがって町乗りではF-9,11の方が調整しやすい。レースはF-16です。」
 
なるほど、確かに市販車のデフォルトは排気量にもよるけどF-9,11は良く使われてますな。アルファではF-16が多いけど・・・
 
と言う訳で、久しぶりにジェット交換です。
イメージ 1
イメージ 2
ジェット交換の必須アイテム、テフロン先のプライヤー、ジェットはあんまり持ってないの・・・
 
イメージ 3
上がF-16、下がF-11のエマルジョンチューブ。F-11の方が複雑な形状をしております。
 
で、町乗り用にF-11でメイン135エア210にして見ましたとさ。来週5月15日はイタリアンジョブだ〜

御好評につき

ごく一部の方に僕の記事が受けたようで、リクエストをいただきました。
オタフク化の細かいノウハウは、直接ご連絡いただければご説明いたします。
今回はリアフェンダーの処理についてご質問いただきました。
 
イメージ 1これは手元に帰ってきた直後の写真です。リアフェンダーの後部ですが、オリジナルのライン(爪折してあることに注意)とオーバーフェンダーの間はこんな開いてしまします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
前方も結構隙間がありますな。
このままですと、雨水・小石やタイヤのカスなどが溜まってしまいますので、アルミ板とコーキング剤でフタをしております。
 
イメージ 3
イメージ 4
最近の写真で汚らしいですが丁度黒く汚れている所がコーキングしたところです。
 
参考になりました?
ついでに、14インチGTAゴールド誰か、買うてくれまへんか〜?
イメージ 5

ナックルライザー

年末の慌しい中、こんなブログ見ててダイジョーブ(笑)?
さて、我がボンバロッサの掲示板にロールセンターアダプターの話が投稿されておりました。
それについては尊師様の解説をご覧になっていただいて、コチラはアウトデルタ正調ナックルライザーです。
 
ナックルライザーにはアウトデルタ謹製は前期型・後期型(便宜上の分類です)があります。
 
イメージ 1
これが前期型。
 
イメージ 2
Tony Adriaensen、
"Alleggerita"
より抜粋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらが後期型。
 
判りますか、前期型は1600、1300ナロー用、後期型は1300オタフク、Am用です。前期型のほうがハイトがあり、
ナックル側の固定ねじの方向の延長上にアッパーアームのジョイントが刺さるようになってます。しかしオタフク、Amの13インチワイドタイヤの時代になりますとホイールとの干渉を避けるためか、ハイトが低くなりアッパーのジョイントが刺さる方向もナックル側に対して内側へ傾斜するようになっております。それにより前期型よりハイトが低くてもよりアッパーアームが地面に対して傾斜するようになりロールセンターが改善されております。
オリジナルのナックルライザーは普通入手できません。レプリカがありましたがハイトの高いタイプは強度不足で折れるトラブルがあり、現在入手できるのは前期型のハイトを詰めて補強支柱が追加されたものです。
 
イメージ 3
イメージ 4
白ふくに付けておりますが(錆はブレーキダストよ)、効果はよくわかりませぬ。
因みにこのタイプはドイツ製と思われます(国産ではないはず・・・)。
 
さて、レストアネタもほぼなくなり更新するのも今後は何かあったらということでご勘弁くださいませ。
ほぼ1年間お付き合いくださいましてありがとうございました。
 
Merry Christmas & Happy New Year!
 
 

電装など

 しばらく更新しておりませんでしたが、アルファカブラトーリなど公私とも多忙でございました。
さて、大物は前回までで終わりですが、古い車で付きものである電気トラブル根絶をめざしましょう。
GTAの時代はまだダイナモでオリジナル配線もかなりエエ加減です。さらに数十年の間に訳の分からん分岐や、使われていない線等々、ダッシュ裏はカオス状態になっておりますね。
と言うわけで、全てのケーブルは優秀な日本製、コネクタもオリジナルとそっくりな250型ファストン端子(そこらではあんまり見ないですが)に変えてしまいましょう。ただ縞々色つきのケーブルは日本では入手できなかったので見えるところはオリジナルのケーブルを使って見場を変えないようにしました(最近はレプリカのハーネス一式が売ってますが、いまさら変えられへんがな・・・)。
イメージ 1イメージ 2
綺麗ですやろ。特殊洗剤につけておくと金属もろとも新品みたいになります。どこぞのショップではこのヒューズボックスを電気トラブルの悪役扱いして現代のものに変えてますが雰囲気台無しですな。
要は汚れているだけですがな。僕は一度も電気トラブルに見舞われたことはありませぬ。
そうそう、ヒューズの色は参考にしないでね。イタリア・ドイツ・フランスものがチャンポンなんで。
 
イメージ 3
キルスイッチだす。アルミ板を結晶塗装してみました。FIA対応で売ってるやつで+ラインが落ちますが、ショートせんよう絶縁に気使いますなあ。あとコイルに行く電源も同時に落ちますのでちゃんとエンジンは止まります(あたりまえやん、ですが簡便に−ラインに入れるとバッテリ上がり防止にはなりますがエンジンは止まりませんのよ)。パイロットランプは寂しいのでつけてみました。赤のトグルはサブの燃ポン用です。GTAは燃ポン二丁掛けですが1個で十分なので電源系統変えてあるんです。
 
イメージ 4
外からはワイヤを引っ張れば室内のキルスイッチが切れます。当時風ワイヤはYメンテお勧めの自転車のブレーキ用でカシメは額縁用で代用、チューブをかぶせてありますがこれは僕の商売モンの余り(なんや分かったらエライ、笑)。
 
電気を引きなおして判りましたが、ダッシュの電球類はなぜか直列に繋いであります。そりゃ暗いわな(小学校レベル)。並列配線とアースをしっかり取ることで激変しますからご参考に。

絶対なくてはならない、コレでしょう。
イメージ 1
CRBB(英語圏ではsliding block)ですな。戦友のにんじんおやじ様コルサの後ろを走るとコレがチラチラ見えて、モーそれはsexyであります。中古ならアウトデルタオリジナルも手に入りますが、高価な上マグなのでしばしば折れる!ので困っておりました。でも奇特な方も居られまして、10年に1回ぐらいレプリカが出てまいります。
これは京都のフクダオート産であります。オリジナルより強度がありそれでいて軽量なのが特徴です。
 
イメージ 3
 
イメージ 2
白雪姫はオリジナルのGTAデフケース(スライディングブロックを付ける台座とサイドにオイルインレットがある)ではなかったので、OS製LSDと4.3ファイナルを導入にあたり2000用のデフを組みました。専用のブラケットでブロックを固定、オイルインレットを新設します。鋭い人はノーマルともう一つ違う点に気付きましたね。
 
イメージ 5
滅多に見られない前方からの景色です。こんな具合に留まっております(カニの爪の台座はオリジナルより補強してあります)。
 
イメージ 4
トランク内も一寸補強板が入っております。オリジナルの取り付け方ではトランク床がヘニョヘニョになってしましす。
CRBBは僕は元々見た目で欲しかった人でしたが、入れてビックリ。コーナーでお尻が非常に落ち着きます。LSDのお陰もありアクセルオン・オフの姿勢変化がわかりやすくなり操縦性激変です。尻軽ジュリアと言われますが、更に尻軽なGTAには必需品やったんやねえ。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事