ここから本文です
白雪姫パワーアップ! 見かけだけ・・・

書庫全体表示

記事検索
検索

全23ページ

[20] [21] [22] [23]

[ 前のページ | 次のページ ]

アウター&床張完了!

どんどん進みますよ〜、おっちゃん、残業バリバリで頑張ってはりました。週二回ぐらい高槻まで覗きに行っておりましたが、変化が早くて細かく写真が撮れてまへんねん。
 
イメージ 3
溶接中・・・、ガッチリとめてね
 
イメージ 4
後ろはこんな感じ。宙ぶらりんだったジャッキポイントもスッキリと。
 
イメージ 1
右が終わって今度は左です。アウターは溶接済み、このあと床を張ったようです。古い部材を一度に全部除去しないのはボディが歪まないためですね。
 
イメージ 2
数日後にはシート位置も調節済みになっております。一部錆がありますが、これは塗装時に磨きますのよ。
 
次回はオタフクにしたい方必見、ボディの割礼よん(ま、お下品ね)。
 
 
 
 
 

悪いトコ切除しましたので、数年前から買い込んでいた再生産シルの出番です。一説にはボンデ鋼板と古い鉄材を接合すると当然イオン傾向が違うため接合部が錆びるというのがあるのですが、そこは今後のケアでなんとかしましょう。イメージ 1
 
赤い鉄材が見えてますが、これはボディが歪まないようにする仮支柱ですね。
 
イメージ 2
スポット入ってます。
 
イメージ 3
ミドルシルも溶接されました。 頼もしい・・・
 
イメージ 4
 
今度はアウター&床貼りですわ。

まー、仕事早いですわ。 前回の7日後に見に行きました。
インナーさびさびや〜ん。
イメージ 1
 
でその3日後
 
おー、なんもあらへんがな・・・
イメージ 2
 
前後のピラーはというと
イメージ 3
これ後ろBピラーの付け根。ジャックポイントが丸見えです。トレーリングアームのジョイントは大丈夫。
 
イメージ 4
これは右前(Aピラー)一番腐ってたとこですわ。柱の上までは浸潤してないみたいやね。
 
まだまだ続く・・・
 

流れ、流れて・・・

 ありえへん板金屋の営業が、「なんとかします、ちょっと待ってください」と泣きついたのは淀川べりの小さなボディショップでした。既に当方の了解もなくすでに車は運ばれていまいた。その店は板金専門で、普段は「起こし」をやっているようでした。営業曰く「古いベンツもレストアしたことあるんですよ」との事でしたが、行ったときは事故って1回転した軽四をドツいたり引っ張ったりしておりました。外車で、アルミやで、技術大丈夫かいな。
しかしよく聞くと、こういう世界ではパネル交換したらアカンそうで(たちまち事故車扱いで売れない)どんなことしても叩いて治すのが鉄則だそうな。またココの社長が迫力のある人で、一寸構えてしまったのですが、開口一番「聞いたらヒドイ話でんなあ、ウチは関係ないけど、世話になってる店の不始末やからすべての仕事を止めてでもキッチリやらしてもらいます」と非常に男気のある方だったのです。実際に叩く六十がらみのおっちゃんにこれこれで、FRPでどうたら・・・と注文しますと、「ハイハイ、分かりました、要は下回り取り替えてバーフェンにしたらエエんやね、アルミの溶接だけは外注しますけど特に問題ありません」といとも簡単そうに言うではありませんか。
10月も下旬のころでした、で1週間後覗きに行くと・・・
ゲ、もう床なくなってる・・・
イメージ 1
ちょっと分かりにくいですが、作業場の床が見えてますな。
 
イメージ 2
これは左前、フロントタイコの遮熱板が見えとります。真ん中の骨は錆ナシ、ヨカッタ。
 
ホンマ猛烈な勢いでやってくれはりました・・・

で、ボディの方は、

 5月に京都の板金屋に旅立ったのですが、8月になっても連絡がなく、工場の隅でホコリだらけととなっておりました。しゃーないなあ、覚悟はしておったのですが心穏やかではありません。結局、「順番が来ましたので打ち合わせに来てください」と電話があったのが、その年の10月初めでした。
 あそこをこーして、ほんでもってあっちはこーで、とずーっと頭のなかで描いていた理想像を実現するべく勇躍工場へ向かいましたがな。
板金担当者と話をしていたのですが、どーもヤル気が感じられへんのです(ダイジョーブかいな、このおっさん)。念押しで「アルミボディやからね、ちゃんと頼みますよ」と僕が言った瞬間、このおっさん、「うちはアルミなんかよーやらんで、そんな話聞いてへんがな」、と言い放ち消えてしまいました・・・
ゲボー、なに言うとんねん、アルミもFRPもOKですって言うてたやんけ。
ええ、キレマシタよ、当然。
ババ怒りの中、僕の担当営業(大きいところなので現場と営業に業務が分かれていた)を問い詰めると、現場に確認もせず出来ない事を安請け合いしたためでした。でもナンボ謝られてもどないもなりまへんがな。
 再度アルミをやってくれる板金屋探すことになってしまいました、嗚呼・・・
イメージ 1
 

全23ページ

[20] [21] [22] [23]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事