msadmin 日記帳 ~主に事件と海外ネタと独白~

足あと20万ありがとにゃ(*ΦωΦ) 次は50万なり!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 1

.

‘God, I don’t want to die,’ U.S. missionary wrote before he was killed by remote tribe on Indian island  11/21 WashingtonPost
☆☆extracted☆☆
An American missionary trying to meet and convert one of the most isolated hunter-and-gatherer tribes in the world offered them fish and other small gifts before the tribesmen killed him and buried his body on the beach, journals and emails show.

John Allen Chau, 26, of Vancouver Wash., an Instagram adventurer who also led missionary trips abroad, traveled to the Andaman Islands ― an Indian territory in the Bay of Bengal ― this month to make contact with members of the tiny Sentinelese tribe, police said. The tribe, which has remained isolated for centuries, rejects contact with the wider world and reacts with hostility and violence to attempts at interaction by outsiders. The island is off-limits to visitors under Indian law.

☆☆☆☆☆☆☆☆
https://www.washingtonpost.com/world/2018/11/21/american-believed-dead-after-encounter-with-remote-indian-tribe-hostile-outsiders/?noredirect=on&utm_term=.263eb0306f6e


インドの孤立先住民、島に上陸した米国人観光客を弓矢で射殺  11/21 AFP-BB
http://www.afpbb.com/articles/-/3198663


North Sentinel Island tribespeople believed to have killed trespassing US 'missionary'  11/22 CNN
☆☆extracted☆☆
An American Christian believed to have been engaged in missionary work appears to have been killed by tribespeople from one of the world's most isolated communities, on a remote island hundreds of miles off the coast of India, according to officials.

The 27-year-old American, identified as John Allen Chau, came to India on a tourist visa but came to the Andaman and Nicobar islands in October with the express purpose of proselytizing, Dependra Pathak, director general of police of the Andaman and Nicobar islands, told CNN.

☆☆☆☆☆☆☆☆
https://edition.cnn.com/2018/11/21/asia/andaman-nicobar-us-missionary-killed-intl/index.html


インドの禁じられた島に上陸した米国人、文明を拒む先住民に殺害される  11/22 BuzzFeedJapan
https://www.buzzfeed.com/jp/yoshihirokando/andaman-st



<>

彼が死亡したことは自己責任と言はざるをえない

使命感なのか功名欲なのかは解らないけれど
結局
宗教の押し売りは大きなお世話なのだ

親切ごかしに入って行って土地を盗むとゆーのは昔から西洋人がやって来たこと

入ってはいけない所とゆーのはあるのだよ

彼が痛い思ひをして死んだ
そのこと自体は彼の自己責任
自己都合
自己完結でしかない

ただ
彼自身もどこかの国民であり市民であり
そして
誰かの子供であり兄弟なのだ

それらにとって
殺人者をそのままにしておいていいのだろーか?

自分の国民を殺されて何もしないとなると
彼が罪人で殺されても仕方ない者だと認めることになる

家族にとって
友人にとって
近隣にとって
何の報復合戦もないとゆーのは承服できるのだろーか?

John Allen Chauは殺されても仕方のない者だったと言ふのだろーか?

殺人者に裁きはないのだろーか?



(写真はChau)


.

イメージ 1

イメージ 1

.

☆☆  ☆☆
Man Held in Gurugram Minor Rape-Murder Preyed on 8 More Girls, ‘Tasty Food And Young Girls' Was All he Wanted
女の子をレイプして殺したとしてグルガオンで捕まった男は更に8人の犠牲者を出したと考えられるけれど、彼にとっては「おいしい食べ物、おいしい女の子」が望みのすべてだった
☆☆☆☆☆☆


Gurugram Rape-Murder Accused Preyed on 8 More Girls, Breaking Victim's Leg Aroused Him  11/21 India.comNews
責められるグルガオン強姦-殺人はもう8人の女の子を捕食しました、犠牲者の足を折ることは彼を興奮させました
https://www.india.com/news/india/man-held-in-gurugram-minor-rape-murder-preyed-on-8-more-girls-tasty-food-and-young-gils-was-all-he-wanted-3440087/


ハリヤナのグルガオンにおいて先週3才をレイプして残酷に殺したとして20才の容疑者が逮捕されたけれど
タイムズ・オブ・インディアのリポートによると他にも8人の女の子をレイプして殺していたといふ

ウッタル・プラデーシュ州のマトゥーラ地区出身の建設労働者.スニルは尋問され
主にスラム街に住んでいる子供をチョコレートで誘ひ出してレイプして拷問して殺したと自白した

アルコール嗜癖のあった容疑者は警察に犠牲者の脚を一本折る事で興奮を得ていたと警察に言ったとリポートでは取り上げていた

彼は彼女らをレイプしてから残忍に殺す

彼が11月12日にグルガオンでレイプして殺害した3才は頭部が破壊されており
近くに凶器と考えられるレンガが発見されていたけれど
彼女の陰部には木の棒が挿入されていた

その小児性愛シリアルキラーは警察にデリー
グルガオン
グワリオールとジャンシで少なくとも9人の女の子をレイプして殺したと言っている

最初の犠牲者は2016年にグルガオンの寺院から彼に誘拐された4才の子供だった

彼女の死体はその年の11月27日
シュナ・ロードのオマックス・モール裏で発見された

2017年1月
20日後に腐乱死体で発見されることになるグルガオンの5才の女の子に襲ひかかった

警察がスニルを捕まえられなかったのは
彼が携帯電話を持たず
曼荼羅周辺のあちこちで寝食していたからだ

「彼は我々に、曼荼羅周辺で食べる美味しいものと欲望を満たす女の子がすべてだったと話した」
と警察の一人が言ったとタイムズ・オブ・インディアは報じている

彼は
「思春期前の女の子が好きだ」
とも警察は言った

警察は建設労働者のための簡易宿泊所に近きエマールMGF住宅社会に設置されたCCTVカメラからの映像を通じてスニルを発見した

監視映像で
11月11日の午後に女の子と歩いている彼を見ることができた



<>

こいつのこと他紙ではsexual predatorとか書いてあったのだけれど
Sunilとしか警察は公開していない

sex predatorとはあまりにもそのとーりで座布団をあげたいと思ふ一方
この弱冠(実はインドの弱冠は18才なんだけどね)
親はどーしていたのだらう?

もちろんこれだけサイコだと
この男がpre-adolescentだった頃にはすでに何らかの性的犯罪を犯していたはず

普通はそこで親が何らかの手を打つものだけれど
もしかしてこの犯人の男もこの犠牲者たち位の年齢の時に虐待を受けてソシオパスになったんじゃないかと思ったりする

親元を逃げ出してあちこちを転々としているうちに本来は身につくはずの情緒的なものが抜け落ちたのではないか?

もちろん
犠牲者の苦痛や数から考えたら応分の責任は取らなければならないけれど
親も同罪ではないかと思ふ

少なくともどのよーな親子関係だったかは明らかにした方が後々の社会の役に立つだらう


さて

記事にはShna Roadシュナ・ロードと書いてあるけれど
たぶん
Sohna Roadソーナ・ロードの間違ひだらう

Omaxe Mallオマックス・モールがあるのはソーナの方だからね

ちなみにモールとゆーとお買ひ物街と見てしまふけれど
ここで言ふモールとは公園付きの団地ことだね

Emaar MGFはニューデリーを中心に不動産会社でモールも経営しているので
たぶん
このモールもそーなんだらう

犯人の怒りは富裕層への怒りにも見へるけれど
意外や意外
Emaar MGFに対する恨みだったりしてね



(写真:Police said the accused, Sunil Kumar, would first break the legs of the victims before attempting rape and then murder them.
https://www.hindustantimes.com/india-news/20-year-old-unemployed-man-confesses-to-raping-and-killing-nine-girls-gurugram-police/story-3DM8sOnGhXW8vjgrewYdgI.html


.

"南牧村" "斉藤弥生" "武井北斗" OR "横山拓人" OR "中村衛" OR "若宮利雄" "殺人"
.

南牧村事件で起訴の男ら盗みもか  7/5 NHK
☆☆抜粋☆☆
長野県南牧村の畑で遺体で見つかった甲州市の男性を殺害したとして、強盗殺人の罪などで起訴された男ら4人が、おととし、甲府市のガソリンスタンドで現金を盗んだ疑いなどで逮捕されました。

逮捕されたのは、神奈川県厚木市の武井北斗容疑者(24)、静岡県御殿場市の横山拓人容疑者(24)、いずれも甲斐市の金丸拓人容疑者(24)と中村衛容疑者(23)の4人です。
警察の調べによりますと、4人はおととし11月、甲府市のガソリンスタンドで13万円余りの現金などを盗んだあと、甲府市の車両整備会社の事務所で金庫を開けようとしたとして、窃盗や窃盗未遂などの疑いがもたれています。


☆☆☆☆☆☆
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20180705/1040003086.html


男性会社員への殺意争う 25歳男初公判、甲府地裁  11/19 産経ニュース
https://www.sankei.com/affairs/news/181119/afr1811190004-n1.html


南牧村強殺事件初公判 大筋認容  11/19 NHK
☆☆抜粋☆☆

男は起訴された内容について「間違いありません」と述べ大筋で認めましたが、弁護側は殺意はなかったと主張しました。

起訴状などによりますと、この事件はおととし11月、長野県南牧村の畑で甲州市の貴金属買い取り店の店長、齊藤弥生さん(当時36)の遺体が見つかり、齊藤さんを殺害したなどとして男ら5人が強盗殺人などの罪に問われています。
この事件をめぐって、初めての裁判となる甲府市の土木作業員、若槻和希被告(25)の裁判員裁判が19日午前、甲府地方裁判所で始まりました。
強盗殺人など5つの罪に問われている若槻被告は冒頭、起訴された内容について「間違いありません」と述べ大筋で認めましたが、その後、弁護側は「被告は従属的な立場だった」などとして殺意はなかったと主張しました。
一方、検察は冒頭陳述で、「暴行によって殺してしまうという認識はあった」などと主張しました。

☆☆☆☆☆☆
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20181119/1040004876.html


南牧村の死体遺棄事件で25歳男の初公判・殺意について争う姿勢  11/19 SBC
http://sbc21.co.jp/news/index.cgi?page=seventop&date=20181119&id=0340897&action=details



<>

前回日記→https://blogs.yahoo.co.jp/show_p_dion_ne_jp/15063472.html


たぶん
殺してもいいと思っていたのは山梨県外組で
山梨県内のヤツらは殺しちゃマズいって考えていたと思ふよ


.

イメージ 1

"フランス" "黒崎愛海" "不明"
"Narumi Kurosaki" "Disappearance" OR "vanished" "Nicolas” “Contreras" "French“
.

Narumi Kurosaki Case, One Year On  2/23 TheNorthAmericanPost
☆☆  ☆☆
IN OCT. 2016 AND JAN. 2017, I reported on the murders of two young Japanese female exchange students. The first was in Vancouver, Canada. The second was in Besancon, eastern France.

In Canada, an arrest was made quickly, aided by technology. A security camera photographed the suspect walking with the young girl through a SkyTrain light-rail station. By contrast, the case in France remains frustratingly unresolved.

To summarize the events there, the student was 21-year-old Narumi Kurosaki. She was last seen in public on Dec. 4, 2016, having dinner with her Chilean ex-boyfriend, Nicolas Zepeda Contreras, 26, who had flown over for a visit. That night, she was heard screaming in her dorm room at 3 a.m.

Before arriving, Mr. Contreras, the sole suspect, had threatened Ms. Kurosaki over the internet. After her disappearance, he crossed the nearest border into Switzerland on Dec. 7, and returned home to Chile a week later. In testimony delivered to the Chilean court in Feb. 2017, he admitted being in Ms. Kurosaki’s room at 3 a.m. but denied killing her.

The court had summoned him to appear so they could evaluate how to respond to France’s request for his extradition. To Mr. Contreras’s advantage, Chile and France lack a standing extradition agreement. The court decided in favor of Mr. Contreras, citing a lack of sufficient evidence to merit extradition. Of these, the most glaring fact is the lack of a body.

Ms. Kurosaki’s remains are widely believed to lie somewhere in the rural woodlands that envelop Besancon. Until now, French police have been searching with dogs and divers, but so far without success.

Internationally, the story has been followed by the Japanese, French, and Chilean media. Apparently, all have been drawn by the audacity and injustice of the case, as well as by its mysterious aspects.

The perpetrator, likely Mr. Contreras, was an amateur in a hurry. He is being pursued by professionals with time and resources. For example, the newspaper L’Est Republicain mentions 80 police officers being involved in the search. Nonetheless, the police must work methodically to put together the best possible case. According to L’Est Republicain, they can make only one more request for extradition. Moreover, their resources are not unlimited. They are under pressure to wrap up the case.
☆☆☆☆☆☆
https://napost.com/narumi-kurosaki-case-one-year/


フランス留学中に日本人女性が行方不明 捜索打ち切りが判明  11/9 LiveDoorニュース
☆☆  ☆☆
・2016年12月、フランスに留学中の日本人女性が行方不明になった事件
・フランスの捜査当局は、7月までに捜索を打ち切ったことが分かった
・今後、新たな手掛かりが見つかれば捜索を再開する可能性もあるとしている
☆☆☆☆☆☆
http://news.livedoor.com/article/detail/15568667/


遺体捜索、先月末に打ち切り  11/19 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000037-jijp-int.view-000


日本人女性不明、仏検察がチリ側に男との接見要請へ  11/19 TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3528707.htm


Besancon. The Japanese student disappeared two years ago "passed away" according to the prosecutor  11/5 InternationalNews
☆☆  ☆☆
Although her body is not found, the Japanese student missing since late 2016 Besan??on "died" according to the findings of the investigators. A letter rogatory will soon be sent to Chile, where the main suspect resides.

No body, but a suspect and a certainty: the Japanese student Narumi Kurosaki, 21 years old at the end of 2016 in Besan??on, "died," according to investigators who are preparing to send a rogatory commission to Chile where lies the main suspect.

"We are convinced today that, unfortunately, this young woman has died [...]. We do not see what can still be done to find the body, " said Monday the Besan??on prosecutor Etienne Manteaux during a press conference.

The 21-year-old, who lived in a room in the Cit?? Universitaire of Besan??on, disappeared in the night of December 4 to 5, 2016. Two years after the fact, and despite important research, her body never been found.

Investigators suspect the former Chilean boyfriend of Narumi, Nicolas Zepeda Contreras who returned to his country shortly after his disappearance, to be the author of the crime.

Boyfriend as the main suspect

"During the month of September, she separated from him [...] He did not accept this separation. We found a film where the young Chilean is threatening against Narumi, " detailed Etienne Manteaux. The young student was seen in a restaurant with Nicolas Zepeda Contreras in Ornans, Besan??on, a few hours before his disappearance.

The same evening, several students from the university residence heard "cries of anguish, fear and a thud," said Monday the prosecutor Besancon.

No trace of blood was found in the room, still according to the prosecutor who is considering a death "by suffocation" and now considers that Nicolas Zepeda Contreras is, "more than ever, the main suspect" .

A rogatory commission sent to Chile

"The thesis of premeditated murder is retained," he added. "It will be shown that from December 1, he will go to a supermarket to buy a box of matches, five liters of flammable products, detergent," said the prosecutor.

An international arrest warrant was issued against the young man, "but it was not implemented by Chile," regretted Etienne Manteaux.

An international rogatory commission will be sent "in the coming weeks" so that the examining magistrate in charge of the case can interrogate the suspect on the spot.

French justice now considers two possibilities: "either the official denunciation of the facts for a trial to take place in Chile, or a default trial before a Assize Court in France, in the absence of Nicolas Zepeda" , has detailed the prosecutor.
☆☆☆☆☆☆
http://www.tellerreport.com/life/--besancon---the-japanese-student-disappeared-two-years-ago-%22passed-away%22-according-to-the-prosecutor-.H1H3xLxRm.html


邦人留学生不明で捜索打ち切り 交際相手が殺人で国際手配  11/20 FNN
https://www.fnn.jp/posts/00405867CX



<>

前回日記→
https://blogs.yahoo.co.jp/show_p_dion_ne_jp/14820632.html


それこそ
「仕事は海外でひとさらい」
とか求人して拉致して拷問にかけるって方法があるじゃん



(This man is a target.)


.

イメージ 1

.

New study reveals lack of media attention in missing and murdered indigenous women  11/16 NationOfChange
新しい研究は、メディアの注目の不足を行方不明で殺される原住民の女性で明らかにします
https://www.nationofchange.org/2018/11/16/new-study-reveals-lack-of-media-attention-in-missing-and-murdered-indigenous-women/


☆☆  ☆☆
“The report confirms that the United States faces a crisis when it comes to the issue of missing and murdered indigenous women and girls, and the lack of accurate data and appropriate media coverage has played a crucial role in the epidemic.”
「レポートは先住民族の女性や少女が行方不明になったり殺されたりする問題に関して、正確な情報や適正な報道がなされずにいることがその潮流を助長していることなど、合衆国が危機的状況にいることを表している。」
☆☆☆☆☆☆


アーバン・インディアン・ヘルス・インスティテュート(UIHI)の新しい報告書によれば
71のアメリカの都市で500人以上の先住民の女性と少女が行方不明になったり殺害されたりしているのにメディアの報道がほとんどない

大都市に住む原住民女性はおおむね殺人などの被害者の位置に立っている

UIHIは水曜日
メディアによってほとんど報道されなかった先住民の女性および少女が行方不明または殺害された506例を特定するレポートを発表した

レポートには280件が殺人事件であること
128件が行方不明であること
98件が事件として認知されていなかったことが記されている

犠牲者は最も若い者で1才未満
最年長が83才だった

135件事件は犠牲者が18才以下だった

42件は家庭内暴力
18人が売春婦か人身売買による犠牲者
8人がホームレス
7人が警察の残虐行為によってか拘留中の死亡
6人がシリアルキラーによる犠牲者だった

高い数字の州はニューメキシコ
ワシントン
アリゾナ
アラスカなどだった


<<UIHI.アビゲイル・エコー-ホーク談略>>


UIHIによると調査対象となった法執行機関の2/3がデータの提供を拒んだか
部分的にデータの操作を行っていたといふ

メディアは単に殺人事件のいくつかに集中するだけで大部分の行方不明者ケースを無視していることについても言及している

このレポートの公表直後
エリザベス・ウォーレン上院議員が都市のネイティブ・コミュニティで殺害されたり行方不明になっている先住民族女性への危機に対処するため
正確なデータと報告を求めた

2017年10月
サヴァンナ決議はウォーレンを最初の共同スポンサーとして始まり
そこに連なったハイジ・ハイトカンプ上院議員によって成し遂げられた

法案は
原住民女性への危機に対する連邦政府の対応力強化のため
原住民コミュニティを持つ都市などの共同のデータベースのアクセスへの提供やデータの適正な更新
これらを着実に改善するための会議のなどを要求するものだ


<<エリザベス・ウォーレン上院議員談略>>



<>

サヴァンナ決議とは
殺害されたり行方不明となった原住民に関して法務省内に情報データベースを設置し
部族間でデータを共有することを決めたもの

まぁ
記事の中に書いてあることとまったく同じでござるよ

通常のデータベースでも問題はまかなえるのだけれど
問題は法令化しないと事件が事件として認知されないところだ

多くの警察やマスコミがあえて無視しているとはちと考えにくい

土地柄や歴史柄
もちろんそーゆーとこもあるだろーけれど
UIHIが言ふほど多いとなると
ちょっと意味が違ふのではないかと思ふ

例えば住所移転がなされていないとか
そもそもひっそりと暮らしているなど
ライフスタイルの痕跡が見つかりにくいんじゃないか?

そーさせるだけの人種差別があるのかも知れないけれど

まぁこの法令がそれに対する楔となるならそれもよかろーが



(写真:盗まれた姉妹はどこにいるのでしょう? 若きオオカミの小屋は失はれた女性を称えます。私たちの失った姉妹のため、私たちの愛をもっと輝かせましょう。)


.


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事