ここから本文です
徒然雑記帖
アメブロに引っ越しました。

書庫全体表示

虎豹別墅

タイガーバームガーデンという、悪趣味な庭園が且つて公開されていました。
80年代〜90年代にツアー旅行で香港に行った人は、旅程に組み込まれていたことも多かったのではないでしょうか。

軟膏薬「タイガーバーム」で富を築いた富豪の邸宅の裏庭がその庭園でしたが、
庭園を公開していた当時は、邸宅の方にはまだ人が住んでいたそうです。

その後住む人もいなくなり、庭園だった場所には高層ビルが建ちましたが、
つい最近、今度は邸宅が公開されました。

タイガーバームガーデン時代の悪趣味極まりないイメージがあって、
「そんなん行きたくもないわ。」と思ってましたが、Googleマップの投稿写真見ると
邸宅が意外にも素敵な感じだったので行ってみました。

虎がまず出迎えます。

イメージ 1



ベンチがかわいい。

イメージ 2



これもまあ良いでしょう。邸宅の中じゃないし。

イメージ 3


外観はこんな感じ。

イメージ 4

黄色に塗られてしまってますが、昔の写真を見ると、オリジナルは白とレンガ、
そして中国建築の瓦屋根で、そっちの方が素敵でした。


ちなみに建物のすぐ後ろに高層マンション。
邸宅に面した壁面だけは、デザインを合わせて気を遣っている模様。


イメージ 5


正面玄関下のこの部分に、かつての趣味の悪さが。

イメージ 6


入ってみます。

イメージ 7

入り口は大きなステンドグラスで飾られています。

中から見るとこう。

イメージ 8

これは素敵。

イメージ 9

イメージ 10

創設者の名前に「虎」の字が入っているのが、虎をモチーフにしたそもそもの由来。

イメージ 11

こういうデザインのステンドグラスって、珍しい気が。

デザイン画みたいな絵も飾ってありました。

イメージ 12

これとはちょっと違いますが、比べて見ると面白いです。
虎も素晴らしいのですが、上部の鳥も良いですね。

イメージ 13



イメージ 14

ドアの飾りも楽しい。

イメージ 15


別の部屋へ続くドアの上には象嵌細工も。

イメージ 16


ステンドグラスは新しく作られたそうですが、天井の絵はオリジナルとのこと。
蝙蝠は、中国では縁起が良いのでここにも描かれています。

イメージ 17


こちらのステンドグラスは鳥が。
デザインが繊細で、ステンドグラスというより絵を見ているようです。


イメージ 18

メインの大広間しか見学できず、上の階には行けなかったのが残念。

イメージ 19


オリジナルかどうかは不明ですが、階段もレトロ。
これは半地下のような下の階に続く階段。

イメージ 20


イメージ 21

見学できるところが少なく、「えっ、これだけ?」と思いましたが、ステンドグラスだけでも満足。
もう一度行って、ステンドグラスをじっくり見たいです。

  • 顔アイコン

    好みはともかく
    贅を尽くした
    と言った感じ。。

    [ ふみこ ]

    2019/5/14(火) 午後 3:44

  • > お母さん
    ステンドグラスは、案の定イタリアから遥々取り寄せたものらしい。お金かかってそう。

    NATSU

    2019/5/14(火) 午後 4:02

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事