ここから本文です
徒然雑記帖
アメブロに引っ越しました。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

前回紹介した雨のトレイル・コース。
雨ばかりの天気が2週間ほど続いたところで、やっと晴れ間がのぞくらしいという予報を見て、昨日やり直しに行って来ました。
 
朝はけっこう本格的に曇っていたので、また前回の二の舞になるのでは・・・と
心配でしたが、空が少しずつ明るくなってきたので安心しました。
 
ランタオ・ピークもきれいに見えます。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
前回真っ白だったビューポイントからも、ちゃんと景色が見えます。
 
イメージ 3
 
 
季節感の狂う、紅葉した感じの木をよく見かけました。
 
イメージ 4
 
 
実際には新緑のようです。
 
イメージ 5
 
 
 
これもちょっと似た感じの葉っぱ。
 
イメージ 6
 
 
 
日あたりの良い場所では、車輪梅が咲き始めました。
 
イメージ 7
 
 
これも春っぽくてかわいらしい。
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
ゼンマイはそこらじゅうで見かけました。
 
イメージ 11

 
ランタオ・ピークを眺めながらのカップラーメン。
 
イメージ 13
 
 
360度見晴らしの良い場所での山ご飯は最高です。
 
イメージ 14
 
前回は、「あとどれくらい歩かなきゃいけないんだろう・・・。」と、この地点で思っていたのが嘘のようです。
 
空もどんどん晴れてきて、良いハイキング日和になりました。
 
イメージ 12
 
 
ほぼ全行程でランタオ・ピークが望めます。
 
イメージ 16
 
そしてその下には、大仏の後姿も・・・。
 
イメージ 15
 
 
この日のゴール、セクション6の終点は大澳が見えてきました。
 
イメージ 17
 
 
そして程なく大澳に到着。
 
イメージ 18
 
 
大澳編に続きます。
マクリホースの最終ステージを終えないまま、またランタオ・トレイルの続きを歩きました。
 
ここで紹介するのは、2週間前に歩いた時の写真です。
この日は雨で大変で、ついにちゃんとしたレインウェア(上下)を買う決心をしたハイキングとなりました。
 
歩いたのは、ランタオ・トレイルのセクション4の終わりから。
ここは大仏のある「昴平」。
観光客向けにいろんなお店が並んでけっこう賑わってますが
この時点で既に大仏の頭が霞んでいる状態でした。
 
イメージ 1
 
 
 
ここから2キロほど公道を歩いていくと、「鳳凰径」のアーチが見えて、
ここからがセクション5。
本格的にトレイルコースが始まります。
 
イメージ 2
 
 
雨の多いこの時期ですが、歩いているうちに止むだろう、とこの時は思っていました。
 
イメージ 3
 
 
香港アルプス>では「広大な高原コース」と謳われ、景色が素晴らしいセクション5ですが、なんせこの霧雨・・・。
 
イメージ 4
 
 
止むことなくずーーーーっと降り続けます。
 
イメージ 6
 
絶景ポイントもこの有様。
 
イメージ 5
 
 
そして、何を考えていたのかこの日私はポンチョを持って行くのを忘れたので、
傘をさしながら歩きました。
そうなるとトレッキングポールが使えず、下り階段が怖い。
 
10月〜1月の香港は、雨の降る日がないと言っても過言ではないくらい天気が良かったので、2月に入って香港の春特有の雨続きの天気が始まったことを、すっかり忘れていました。
 
 
いちばんの難関だった、下り坂。
 
イメージ 8
 
溝が掘ってあるとは言え、階段のないスロープなので滑る滑る。
ゴール目前のたった1キロの道のりをどれくらいの時間をかけて降りたか・・・。
 
トレッキングとしては、景色も見えない、足元は滑りやすい(実際転んで肘を怪我した)という散々な日でしたが、あらためて写真を見ると、足元の植物たちが
きれいに撮れていたという意外な副産物もありました。
 
 
 
イメージ 7
 
 
霧雨だったので、花や葉に細かい水滴が付いていて、それがとてもきれいです。
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
 
イメージ 12
 
 
そしてこれ、なんだか分かりますか?
 
イメージ 13
 
 
至る所にあった小さな蜘蛛の巣です。
水滴がきれいに付いていて、こんな天気でもなければ気付きませんでした。
 
歩いている最中は、
 
「なんでこんなことやってんだろ・・・。」
 
としか思えませんでしたが、この写真を見ると救われた思いがします。
 
このコース、どうしても眺めの良い日に歩きたかったので、昨日再度挑戦しました。
次回は雨でないコースの紹介をします。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事