ここから本文です
徒然雑記帖
アメブロに引っ越しました。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

大澳

ランタオ・トレイル6の終点は、水上家屋のある大澳という集落。

イメージ 1


終点がここだというのもあって、今回このコースにしたところもあります。

ハイキング途中には見かけなかった野良牛たちがたむろしてます。

イメージ 2


乾物屋を売ってる通りから集落が始まります。

イメージ 3


イメージ 13


私も買ったレトロな郵便受けが現役で使われています。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 12


教会があったり、

イメージ 6


昔の中国みたいな通りがあったり、

イメージ 7


水上家屋があったり。

イメージ 8


イメージ 9




漁師町という感じの風景。

イメージ 10



ひとつ残念だったこと。

大澳に来たかった理由の一つが、10年近く前に一度だけ立ち寄ったカフェ。
コーヒーブームが来る前なのに、珍しくサイフォンでこだわりのコーヒーを入れてくれるお店で、お店の人も親切でした。

水上家屋で川床みたいに海の上でのんびりできて良かったんですが、そこがなんと日曜日休み…。

諦めて、すぐ隣の豆腐花のお店に入りました。

イメージ 11


ここも川床風で良かったですが、次回はぜひ!と、香港離れる前にリベンジしようと思います。

LANTAU TRAIL (鳳凰径)

ふと考えたら、これ香港での本格的なハイキングではラストかも。

イメージ 1

空港のあるランタオ島まで、片道2時間強かけて行ってきました。

香港の4大トレイルコースの中でも、総合的に考えると、このランタオ・トレイルがいちばん好きです。

海を眺めながら歩けるコースも多く、開放感があります。
今回は、既に3度目となりますが、思い出深いセクション5,6。

初回は雨に降られてそれはもうしんどい思いをして、すぐにリベンジしています。
今過去記事を見て、もう5年も前だったのかーとしみじみ。

既に30度ほどになる香港の天気。
もうそろそろハイキングできなくなってきているので、色々考えた末にあるくことにしたのがこのコース。
草原の中を歩く感じがとても良いのです。

イメージ 2

大分草も茂ってきています。

イメージ 3

こういうハイキングは久々。

イメージ 4


イメージ 5

少し早めに昼食。
前日に買ってきたくまモンのおにぎりシートを使っておにぎり作ってきました。
ちゃんとした大きさのおにぎり2つを一気食いです。

イメージ 6

少し歩いてビューポイントに到着。
正面に見えるのがランタオ・ピーク。標高900ちょっとしかありませんが、
それでも香港では2番目に高い山。

イメージ 7

お花も咲いていました。

イメージ 8

イメージ 9


イメージ 10

カメラを忘れたのが悔やまれます。
(iPhone撮影です。)

そして、このコース歩くに当たり楽しみにしていたことの一つがここ。

イメージ 11

以前も紹介した、寂れた山荘「悟園」。

イメージ 12

以前は完全立ち入り禁止だったのが、今は池のほとりまでは入れるようになっていました。

池には真鯉もたくさんいました。

前回来た時も、中で作業をしている人を見かけたりしたので、なんとなーく手入れしてるようなしてないような、という感じなのでしょうか。

お金かけて手入れしたらちょっとした観光地になると思うんですが、ただアクセスが悪すぎるかな…。

久々だったのでものすごい筋肉痛に苛まれましたが、やっぱりハイキング良いですね。

他のコースで見かけた古い建物とか、今どうなってるかな、と気になるところがあるので、
暑いけど頑張って行ってみても良いかな、と少し思います。







全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事