ここから本文です
徒然雑記帖
アメブロに引っ越しました。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

ゴマの近況

ゴマは相変わらず健康です。

イメージ 1

イメージ 2


ここは二面が窓の特等席。

イメージ 3


最近のゴマの流行りは、窓を開けた時に風を感じること。

イメージ 4

普段はクーラー付けっぱなしであまり窓を開けないので、開けるとすぐにここに来て風を感じています。

イメージ 5


棚の上に鎮座するゴマ。

イメージ 6


こうして見ると男っぽい顔つきです。

イメージ 7


エリザベスカラーの取れたトラとも再び仲良し。

イメージ 8

さすがの双子で、気付くと同じポーズをしていることが多いです。

イメージ 9


今回帰国することになり、あれこれ大変なことが多々ありますが、その中でもトップクラスで大変なのが猫の渡航。

日本に入国するためには、半年かけて予防接種したり血液検査したりマイクロチップを埋め込んだり、各種書類の準備などが必要です。

病気一つしたことにないゴマですが、マイクロチップを入れた後に
アレルギー反応のような状態が見られたので、急遽24時間診療の病院に行って診てもらったりしました。
結果特に問題はなかったので安心したのですが、普段病気しないだけにドキドキしました。

また、飛行機の座席に一緒に入れないのが不安で仕方ありません。

香港→日本間なので時間が短いとは言え、移動の日は丸一日外にいることになるので、

すごい恐怖心だろうな…と思うと心が痛みます。

あと、良い動物病院が近所にあるだろうか・・・という不安。

香港はイギリス領の名残なのか、動物病院がしっかりしている印象です。
今通っている近所の病院も、香港全土に支店があって、カルテもネットワークで管理されているので、
深夜に24時間受付の別の視点に行っても、過去のカルテから状況を把握できます。

また、トラなんて過去に免疫系統の問題で闘病していた記録があるせいか、
毎回予防接種の時でも、どの先生も丁寧に診てくれるので安心感があります。

動物と暮らすってやっぱり大変です。

しかし大変ですが、その分喜びもたくさんあるので、日本に帰っても3猫には元気でいてもらいたいものです。

トラの近況

トラの近況。


我が家のキッチン入ってすぐの戸棚は、片方の扉が早々に建てつけ悪くなって
取り外してこの状態。
ちょっと恥ずかしい写真なんですが・・・。

イメージ 1




よーく見ると


イメージ 2


不安げな顔のトラが潜んでいます。

イメージ 3


ここ数カ月、人の出入りが多い時があり、3猫それぞれに隠れ場がありましたが、
トラはここ。

戸棚の中に仕舞った猫用キャリーバッグの中。

訪れる人が戸棚をふと見ると、この状態のトラと目が合ったりしてギョッとしてました。


訪問客がいない時は、すっかりリラックス。

イメージ 4

随分ふとましくなりました。

イメージ 5

ちなみにトラ、訪問客が女性だと割と平気です。
しかも若ければ尚可、という・・・。


この景色が見られるのも、あとわずか。

イメージ 6




と、そんな時にトラがこんな状態に。

イメージ 15


イメージ 7


後ろ足をやたらと振って歩き、毛づくろいばかりしているので怪我でもしたのかと思い、病院に連れてきました。

先生に見せるために撮っていた写真。

イメージ 12


原因はよく分からなかったのですが、恐らく小さな怪我をしたのか軽い皮膚病ではないかということで
消毒薬や塗り薬をもらって、エリザベスカラーを着けました。

トラは難病持ちで免疫系等が弱く、炎症を起こしたりすると治り辛いので心配です。




最近のカラーはよく出来ていて、強力なマジックテープで取り付けるようになってますが、
取り付けも取り外しも簡単でした。


イメージ 8

端の処理が、革(合皮?)でトリミングされているのも良いと思いました。
首の当たりとかもこれがあるおかげで柔らかくなっているようです。

イメージ 9

とは言え、最初はカラーを着けた時の、障害物に当たる距離感とか掴めず
あちこちぶつかっていたのが気の毒でした。

イメージ 16


また、なによりトトとゴマに怯えられて、近くを通ると威嚇されてたのが不憫。

イメージ 10


イメージ 11

1日くらいで慣れてましたが、いつもは一緒にいるゴマも、あまり積極的に関わろうとしていない雰囲気がありました。


昨日、経過を診てもらいに病院に行くと、もう問題無しということでもうカラーは取れました。

不謹慎ですが、カラーを着けたトラがかわいくて仕方ありませんでした…。

イメージ 13


イメージ 14


「カラー取れちゃってないかな・・・。」と心配になりながら帰宅した時に、
カラー着けたこの状態でトコトコと出迎えに出て来る時のかわいさと言ったら・・・。

イメージ 17


しかしなにより健康いちばんです。

トラは、特に闘病生活も長かったので、ちょっと異変があると不安になってしまいます。
今後も、大袈裟すぎるくらいに、何かあればすぐに病院に連れて行こうと思います。

イメージ 18

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事