全体表示

[ リスト ]

 阿吽の第8号の校正をお願いした。留守中に印刷屋さんが手に入れて、再校し印刷に回し、編集子が帰るころにはほかほかの誌ができているはずだった。けれども、某氏の某詩篇はみごとに編集子はもちろん印刷屋さんをもするりと抜けて、詩人の手もとへ戻ってしまった。その事実を知った当日、同じ8号のために原稿をお頼みしたある詩人の締め切りを大幅に伸ばしたけれどとどかずあきらめてしまっていた詩篇が届いた!そんなわけで、予定を2週間以上延ばしてなんとしても届いた詩篇を掲載することにした。
 不思議な遅延が重なった。うれしいとはこのこと。 綾子玖哉


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事