全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

 昭和40年代に芦原某ら(記憶に間違いがあるやも)が「短詩」なる同人誌を刊行していた。
そのメンバーのひとりであった坦ヶさんから、本日ただ今表題の冊子をお送りいただいた。さかのぼって「阿吽」3号の松本秀文氏の作品「誤町(あやまち)」について坦ヶさんは自身のかつての短詩との共鳴・共振を感じた旨の評を寄せておられました。
 直接に内容とは関係なく、小生は俳句(発句も)川柳も短歌も短詩型文学と呼べるほど一句、一首で一人立ちできる「文学」であり得たことはかつても、これからもないだろうと思っている。故に、坦ヶさんがかつて25年ほどまえに標榜していた「第四の短詩型文学の確立」は二重に不可能というほかないと思います。
 ただ、目標や結果はどうあれ、また文学にかかる思い入れが何であれ、その「言葉の伝達性からの離脱と・・・・・・言葉の自立」といっためくばせは今日においてまさしく「阿吽」が求めてやまないもので、その意味でこの短詩集は作者が若かったためばかりではなく、日本の詩の黎明期における(これは、今日まったく変化なし)詩人の若く活力に満ちた新鮮な香りを放っている。
 
 ストローでミルクを吹き零す幼児は「君がいれば・・・」をファウルし
 ながら草野球の少年達をしり目にこっそりアップルと戯れている   (註・以下原文縦書き)


 朝 窓を開けると眼前で「形」が総て流れていた

 
 不死鳥の伝説を飛ぶ北方領土の鳥たち 熱い振動で古書の岬を濾過していく


 あの川が衣をまといあのライオンが喫煙するーー谷間に集落する電子達の食卓

 好きな短詩をランダムにあげておく。

 それぞれ、数詩を束ねて、たとえば「青春の枯葉」とか「あの風の墓地」などのタイトルがつけられている。
 詩人は適当な抜き書きを好ましくは思うまいが、小生はその語彙から書き出せるかどうかで自身の詩の書いていない1万行を思って「他者」を読む癖がついている。つまりは、ことばの毛羽立ちというのか、ことばならざるものへの憧憬と言ったらよいのか。そろそろ、絵画におけるデュシャンのように詩篇を書くべき時だ。かつてのことば、言葉にまつわるあらゆる妄想に別れを告げて。
 そんなことを、この短詩集は教えてくれた。坦ヶ真理子はやはり永遠の天才少女だ。本人はいっかなそう思わず、「詩はもうやめたの。腰痛がひどくなるから」とか言って世の男性どもを煙にまいている。ゆめあなどるなかれ。

さばき

さなぎなぎさ

ばるちるそ
そばちるき
さばとるじ
さばとるじそし
しぼるじととじ
とどっりもらんちそ
そそられるそら
そしからこしからで
もみてともかみもち
かのちちじむまめ
まめまみそそのこえ
こえたるかかすかす
(未完)

*

蛇が波となり木立に迫る夜のなぎさ
枯れた風をまとった巨人が
涙で出来た母の思い出の池めぐる
雪が降るという歌
雪が降るということば
かすかに聞こえる公園までの鐘
を撞く
町々が眠った朝
遠ざかる霧笛の中に
誇らしげな胸を反らせて
あるいは獣の耳や唇を懐に
さては走り去ったこもれびこそ
やさしい口笛か
まして流れ去った山の上の(途中)

 阿吽塾へのメールアドレスが次のように変更になりました。

   [kyuya@i-next.ne.jp]

 よろしくお願い致します。
            阿吽塾塾長 綾子玖哉

阿吽第3号 秋冬号

阿吽は第3号が秋・冬合併号で12月1日に発行。
1週間後、皆様のお手元に届くかと思います。
なお、都合により発行所のメールアドレスが新しくなります。あと2,3日経ちましたら、新しいものが来ますので、お知らせ申し上げます。 阿吽塾塾長  綾子玖哉


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事