ここから本文です
長崎 釣り日記 しゅうのブログ
長崎の釣り情報満載!!釣りバカの奮闘記、しかと覗いてくださいまし〜
今日は里帰り中の嫁さんの産後検診で
母子共に無事何事もなく、ほんと嬉しい限りです。
少し自分の時間ができたので、伊王島に温泉がてら、釣り場探索にいきました😁

イメージ 1

伊王島大橋を渡り、すぐ右へ。
すると目の前には高島。浅瀬が広がっていて、磯遊びする家族をよく見かけます。

イメージ 2

さて、先週行った釣り場を見ると
干潮時で瀬がはっきり出ています。
しかし、海は荒れ模様。
釣り人おらず😁

イメージ 11

山手から撮った一枚。
手前の沖磯 口の瀬。奥には
長崎屈指の一級磯 沖の平瀬。
写真では伝わりませんが、かなりの波風があり、干潮時ですが沖の平瀬は波で丸かぶりです。

イメージ 3

伊王島の絶景ポイント。
高島、口の瀬、沖の平瀬。
そして、高島と沖の平瀬との間に
うっすら見える瀬、三瀬🎣
そうです、いま良型のクロをはじめ、
真鯛、ブリ、ヒラスなど釣り人が絶えない
場所です。ちなみに私のオナガ記録は
三瀬です。

イメージ 4

島を一周して、冷えた身体を癒しに
大人気 伊王島温泉 島風の湯にやって来ました。

イメージ 5


海を一望できる露天もあり、最高ですが
今日は寒波が来ており、露天風呂は
寒すぎました♨

伊王島の玄関口、フェリー乗り場にある
防波堤なども探索しましたが、本日は
フカセ釣り人は一人も居なくて、イカや青物狙いのルアーマンばかり。

あと、伊王島大好きな私が今ご紹介したい
スポットがあります。

イメージ 6


アイランドルミナです。
約800mのなだらかな傾斜のある森の中の道を歩いて進みながら、最先端技術の光と映像のデジタルアートが創る幻想の世界を冒険する全く新しいタイプのアトラクションで、日本初上陸の注目スポット。

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


伊王島の観光大使になりたいくらい
私は、伊王島が好きすぎます😆

イメージ 10

島の地図も載せますので、釣りがてらに
お越しくださいませ👍

さあ、良型クロを仕留めに来なくちゃ😁

この記事に

2019年 初投稿となります。
今年も宜しくお願いします。

気になる初釣りの前にご報告があります
2019年1月3日 第一子の男の子が産まれました㊗️
私も正月休みで、最初から立ち会い出来まして、忘れられない正月となりました。
クロの姿や青い目も大好きですが
赤ちゃんの表情はたまりません。

妻に感謝し、立派に育てちゃいます😁

さて、本題へ移ります
出産のため、昨年11月の釣り納めから2ヶ月ぶりの釣りとなり、里帰りしている妻からのご好意により、こんなに早く釣り出来て、幸せです。

お嫁様に感謝です(^人^)

イメージ 1

場所は伊王島。行きたい場所に1人釣り人がいますが、問題なし。
車を置ける場所が2、3台しかありませんので、数人で行く方は乗り合わせがおすすめです😄

イメージ 2

10分ほど山道を下り、到着。
干潮12時。着いたのは13時。
ここは干潮前後数時間にしか、釣り場があまりないので、ずぐさま釣り開始。

かなりの金魚が足下に。
15時まで手のひらの尾長クロばかり。
数匹晩飯用にキープ。

15時が過ぎ、流れが速くなり、餌取りと木っ端が少なくなりました。

遠投したり、投入点をズラしたりと
試行錯誤。
沖合の沈み瀬周りを責めるも、木っ端クロばかりなので、仕掛け変更😉

ガン玉を三つ段打ち、深場の瀬周りを攻めてみます。撒き餌には木っ端クロの姿。その下に良型クロが居るはず。

イメージ 7

なんども攻めつづけ、足下が洗われはじめ、そろそろ帰ろうと思った瞬間。

竿引きあり。即合わせるとかなりの重量感。手前のワレへ3度突っ込むも回避。

良型クロゲット。
膝下まで海水がきたので、納竿😆

イメージ 3

最高の初釣りとなりました。

イメージ 4

帰り女神大橋を通ると、豪華客船がきらびやかに通過。

手のひらはすべて逃がし、この1匹を堪能。最高!! やっぱり寒クロは旨い😆

イメージ 5

42cm 地クロ 貴重な1匹でした

イメージ 6

今の時期は刺身だね〜

子育てに専念しますが、たまに釣り行くので、ブログ見て下さいね。
楽しかったなぁ、釣りは、、、

この記事に

最近釣りに行けてない、しゅうです。

何故かと申しますと、なんと
あと50日ぐらいで待望の赤ちゃんが
生まれるからです😆

この時期に釣りに行くのは、その後の
生活に影響するので我慢、我慢😅

しかし、来週から産休に入る嫁さんが
本日仕事だったので、釣りのスイッチが
入り、2018年釣り納めと題し行ってきました😁

イメージ 1

本日の釣果
ご覧の通り、貧果ですが楽しかったです。

土曜日は雨マークが付いていたのですが
水曜の天気予報から晴れ予報。
テンション上がりつつ、釣り場所をネットで探す日々。
この時点で、釣りは始まってます😙

釣り納めだから瀬渡しで、絶好調の沖の平瀬に行きたいとこでしたが、パパになるので安全第一を考えて、ホームの高島へ。

ぽつぽつと高島海釣り公園でも、キロオーバーが釣れているようなので、期待大。

イメージ 2

伊王島発 12時15分。

イメージ 3

釣り場所に着いたのが13時。
高島海釣り公園はあまり人がいない様子。

イメージ 4

沖の平瀬が見えます。羨ましいなぁ〜
最近同級生が、地クロ46cmを頭にオナガ混じりで10匹近く釣ってました。

イメージ 11

見てください、この透明度。

さあ、釣り開始。
この場所は、HIROKYUの釣り動画にも
紹介されるいいポイントですよ。

イメージ 5

本日は良型のオナガや真鯛を視野にいれるので、愛用がまかつ初代アテンダー使用。

満潮16時半。上げ潮、夕まずめに期待が膨らみますが、手のひらのオナガばかり。

時折、サワラが小魚を追っていますが
私の餌には無反応😅

ガン玉を一つ打ち、少し深く入れてみると
足の裏サイズのオナガが釣れ始めます。

また嬉しいことに、石鯛の子供も。
逃がそうと思いましたが、嫁さんに食べさせたくて、持ち帰りました😅

その後も、子ナガちゃん達ばかり。
二回ほど鈍く、重く、竿を叩くアタリ。
そうです、アイゴです。
2匹目を釣った際、これは魚フライに出来ると思い、10年ぶりくらいにキープ🤣

イメージ 6

この地磯もオススメです。かなり浅いですが海溝多数。沖の平瀬を感じさせます。

辺りも暗くなり、北風が真正面から吹き
体力を奪っていきます。

帰りの船は、18時、20時過ぎ。
釣り人も私ひとり。
少し夜釣りしようと思ってましたが、
安全面を考えて、納竿としました。

我がベイビーに会いたいので、危ないことはしないようになりました^_^

イメージ 7

2018年釣り納めに相応しい場所。
夢の島 高島。
皆さま、ぜひお越しを😆

イメージ 8

船着場に伸びる堤防は夜釣りでイサキ、真鯛、クロ狙いで人気です。

イメージ 9

帰りの船が来ました。
当分釣りに行けませんが、空いた時間に
ひょこっと釣りを企んでますので、
また投稿します。

イメージ 10

車の中で、チンチン電車の中で、仕事をしているときでさえも、ふと思い出す瞬間がある。
あの時のアタリ、潮の流れ。
穂先が動き、波しぶきが光り
時が止まったあの海のこと。

思い出すだけで、心が震えるあの一瞬。
読みが当たったあの快感は、
次の水辺への招待状だ。

気持ちは海底をめぐり、波間を滑り
岩場をかすめて、海を駆け巡る。

次の休日はどこへ行こう?
どんな獲物に再会しようか。

最高の出会いのために、また釣り人は
心躍らせる。
釣りが好きだ、好きなんだ‼

夢は変わった。
釣りの素晴らしさを息子と共感したい。

そして、私の記録を塗り替えるのだ。

長々とすみません。
つい熱くなりました😅
見て頂いた方、ありがとうございました。
また、来年も宜しくお願い致します。

この記事に

少し肌寒くなり、釣り人にはたまらない
季節がやってきました😁

先日ヘッピリファイターさんのブログで、沖磯では、キロクラスのクロが釣れているのを知り、昼から時間ができたので期待に胸を膨らませて、いつもの伊王島磯場へ。

イメージ 1

本日の釣果。
ネリゴ改 ヒラアジ 28cm以外 18匹
オナガ 25cm 1匹
その他、小ナガ多数
※バットマンさんからネリゴじゃなくてヒラアジと訂正して頂き助かりました。

あれれ?この魚、シマアジ?
シマアジの写真見たら、微妙に違うような気がして、ある人からはシマアジでは?
っと言われて、よくわかりません。

皆さん、教えてください💫

イメージ 2

伊王島大橋を渡り、まずは偵察。
着いたのが13時前。11時半、干潮。

イメージ 3

今日は海が綺麗です。真正面に微かに見えるのが、名礁 沖の平瀬です。
今日は北風強く、少し白波が立ってます。

イメージ 4

最近行ってない、高島が見えます。
釣り公園では、50cmが釣れてるみたいでしたが、今日は時間なくて断念。
詳しい釣果は高島海釣り公園のHPで。

イメージ 5

千畳敷に行きたいとこですが、時間帯が悪く、すぐ水没してしまう為、今回はこちらへ。

イメージ 6

伊王島大橋からの写真。車を降りて撮影。
辰ノ口灯台も夕方満潮時には渡れなくなる為、手前にある磯場へ
8年くらい前に行ったことがあります。

少し北風が気になりますが、大遠投で
まずは釣り開始。
手前には、大群のスズメダイ。
釣り開始から2時間。小ナガばかり。

15時半過ぎに海に変化が、、、
小魚達がいきなり大人しくなり、小ナガの
姿もいません。

すると、その答えは青物でした。
28cm〜25cm弱のネリゴ(カンパチの幼魚)が入れ食いタイム。
本命のクロはオナガ1匹のみ。

18時くらいになり、満潮近くで足元が見えにくいので、安全第一で納竿^_^

この場所、辰ノ口灯台周りは流れが早く
秋の夜釣り、冬場日中でキロクラスがよく釣れています。
満干には十分気をつけないと、過去2回
膝下まで濡れて帰ったことがあります。

イメージ 9


さあ、秋磯開幕ですね^_^

釣りロマンを求めて、釣り人はまた
釣りをする。この好奇心は普段味わえません。

イメージ 7

では、次回こそクロちゃんを仕留めます。

イメージ 8

ここで、釣り場紹介です。
ここは、東長崎にある牧島地磯。
今の時期は、夜釣りで太刀釣りが有名ですが、この牧島は色んな魚が釣れます。
石鯛、クロ、真鯛。そして青物も入ってきます。

そうでした、一匹不明な魚が足元で
根に入ってしまったので、未だに気になります。もしや、クロ?バリ?
忘れることにします😂

この記事に

台風の勢力は衰えず、日本列島をいまも
横断中です。被害がこれ以上拡がらないことを祈ります😌

本日の釣果

イメージ 1


長崎は比較的、台風のルートから外れて
いたので、天気予報を見ながら迷った末、まず釣り場所に行ってみました。

イメージ 4


かめや釣具のスタッフからも、今日はやめたがいいと言われ、餌を買う前に釣り場所を数カ所回りました^_^

イメージ 2

まずは女神大橋 戸町側。暴風で断念😅

イメージ 3

神の島 岸壁。風裏なし。

なんとか、風裏を探しまして、女神大橋下 神の島側岸壁。

即餌を買いに行き、釣り始めたのが16時近く。18時くらいが干潮でしたので、上げ潮まで粘ってみました。

すると、第2投目から小鯛が遊んでくれました。手のひら大のサイズで、同サイズを6匹釣った後は沈黙、、、

重量感あるもこのお方。

イメージ 6

バリ(^.^)😅 久々バリ釣りました。

一発真鯛を期待しつつ、少し遠投気味で
狙うも、気がつけば薄暗くなってきたので
電気ウキをセット😁

イメージ 5



当たりもなく、辺りは真っ暗。
女神大橋のライトアップが綺麗です。

イメージ 7


少し遠投から少し距離を近くし、撒き餌をどか撒きして、何度も仕掛け投入。

しかし、あたりすらなく、付餌が残った状態。しかし、諦めず少しポイントを変えたりしていると、時刻はタイムリミットの20時近く。

撒き餌を一点集中で撒きまして、いざ投入すると、今まで当て潮だったのが、緩やかに左へ流れ始めました。

上げ潮が流れてきたみたいで、電気ウキを
凝視していると、いきなり竿引きがあり
相手を確認。バリでは無さそうでした😁

上がってきたのは、チヌ様。

イメージ 8


なんとか仕留めて、緊張がほぐれました。
釣りはどんな状況でも最高です😆

その後はあきらめて、素早く片付け。写真をパシリ。

イメージ 9


チヌ、小鯛と美味しく頂きました^_^

あ〜やっぱり私はふかせ釣りが大好き。

明日から仕事頑張ります✨

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事