Philippine便り

懲りてないよねぇ〜、止めたのに、また、やりたくなったぜぇ〜

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全520ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]





ミンダナオ地方が主で
大統領が戦争宣言を出したと思ったら
早速戒厳令を発した

過激派の様子を見て
フィリピン全土に戒厳令を発するかもだってさ

フィリピン戒厳令、セブ島など「地域拡大も」 ドゥテルテ大統領、IS徹底排除姿勢を強調

産経新聞 5/24(水) 19:30配信
 
 【ネピドー=吉村英輝】フィリピンのドゥテルテ大統領は24日、訪問先のロシアから帰国後、マニラ首都圏で会見し、23日夜に南部ミンダナオ島などに発動した戒厳令について、同島に近く、観光地として有名なセブ島もある中部ビサヤ地方などに「対象地域を拡大する決断をするかもしれない」と語った。

 ドゥテルテ氏は、国軍が同島マラウイなどで鎮圧に当たっている過激派「マウテ」など、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う武装勢力の排除へ「厳しく対応する」と強調。武装勢力が周辺の島などに逃走し、テロ行為の地域を拡大する可能性に言及した。

これを受け
在比日本大使館からも
注意喚起のメールが届いた


(件名) フィリピン:ミンダナオ地域に対する戒厳令の発出に伴う注意喚起

(ポイント)
 ●ミンダナオ地域に戒厳令が発出されました。同地域に関する最新情報の入手に努めてください。
 ●現在の情勢に伴うテロが発生する可能性も排除されませんので,引き続き十分注意してください。

(内容)
1 フィリピンにおいては,現在,テロ撲滅のため,治安部隊による反政府武装勢力に対する掃討作戦が展開されています。そうした中,23日,ミンダナオ島西部,南ラナオ州マラウィ市(危険情報レベル3の地域)において,両者の交戦により,双方に死傷者が生じるなど,混乱が生じています。このような事態を受け,フィリピン大統領府は,同日付で,ミンダナオ地域(ダバオ市等都市部並びにスールー州及びバシラン州を含む)に対する戒厳令の発出を発表しました。

2 戒厳令の具体的な対象地域や,その具体的内容については現在のところ必ずしも明らかにされていませんが,今後,在留邦人,旅行者の皆様の日常生活や滞在に影響が及ぶ措置が執られる可能性もあります。

3 フィリピンに渡航・滞在を予定している方及び既に滞在中の方は,今後とも,フィリピン政府の発表など,最新の情報の入手に努めてください。

4 フィリピンへの渡航に際しては,下記の情報も参考にして下さい。
 ・5月10日付スポット情報 フィリピン:渡航する際のテロ等に対する注意喚起(その2)
   
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C099.html
 ・5月22日付広域情報 ラマダン月のテロについての注意喚起
   
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C107.html

5 在留届の提出や「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,また3ヶ月未満の場合は「たびレジ」にご登録ください。(たびレジの登録:
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

6 日本の外務省作成の「テロ対策パンフレット」も併せお読みください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
  (パンフレットは,
http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ先)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902, 2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047

○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2851

○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(携帯版)
 
http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)

(現地公館連絡先)
○在フィリピン日本国大使館
住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
電話: (63-2) 551-5710
FAX : (63-2) 551-5780
ホームページ:
http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在セブ領事事務所
住所:7F, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
電話: (63-32) 231-7321
FAX : (63-32) 231-6843

○在ダバオ領事事務所
住所:Suite B305 3F, Plaza de Luisa Complex, 140 R. Magsaysay Ave., Davao City 8000, Philippines
電話: (63-82) 221-3100
FAX : (63-82) 221-2176



比較的安全と言われていた
ダバオも戒厳令下なのかな?


中国の恫喝と言い
この戒厳令と言い
危険が一杯になってきた
フィリピンって事なのかな?


しかし
移住して
フィリピンに暮らすGには
此処で暮らすしか選択肢が無いのが実情


早く
治まって欲しいものだねぇ〜




応援もよろしくだぞぉ〜

 ここをクリックなのだ
 ↓

[https://overseas.blogmura.com/philippine/ にほんブログ村 フィリピン

この記事に

開く コメント(10)[NEW]


娘が早めに帰宅して来た
腹が痛いと仰せ


数日前も
嘔吐して痛いと申してました


心配なので
救急に行こうと急遽来たって訳よ



イメージ 1



問診を終え
血液検査
だって
Gは盲腸を疑ったからね


今は点滴中
血液検査の結果により
エコーかレントゲンで検査だね
実はGも奥さんも胆石を患い
胆嚢を摘出しているからなぁ〜


Gはあまりの寒さで
帰宅
冷房が効き過ぎだよ
奥さんと娘のジャケットを持って
再度病院へ


Gは留守番だよぉ〜


心配だなぁ〜





応援もよろしくだぞぉ〜

 ここをクリックなのだ
 ↓

[https://overseas.blogmura.com/philippine/ にほんブログ村 フィリピン

この記事に

開く コメント(12)[NEW]


愛煙家のGとしては
困るぜぇ〜


脳梗塞後も
止められない
意思薄弱のGだよねぇ〜


1回だけの人生だ
好きなように生きるぜ


でも取締りが
厳しくなると
嫌だなぁ〜


誰かの懐が
肥えるだけに終わりそうだ

ドゥテルテ比大統領、厳格な禁煙政策をさらに強化 大統領令に署名

AFPBB News 5/21(日) 9:52配信
 
【5月21日 AFP】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は18日夜、公共の場での喫煙を広範囲で禁止する大統領令に署名した。アジア諸国でも特に厳格な反たばこ政策をより強化する内容で、60日以内に発効する。

 喫煙やたばこの販売は、屋内の公共の場に加え、学校や公園など子どもが集まる場所から半径100メートル以内の屋外でも全面的に禁止される。たばこ広告禁止や屋外の公共の場での禁煙、たばこ包装に健康被害を警告する画像広告の表示を義務付けるなどの施策は、以前から導入されている。

 過激な発言が多く、既に数千人の死者を出している「麻薬撲滅戦争」を推進していることで有名なドゥテルテ大統領は、昨年の就任直後に社会秩序強化策の一環として禁煙法を導入すると宣言していた。一連の施策にはこのほか夜間のカラオケ禁止や、公共の場での飲酒を午前2時までに制限する法律が含まれているが、今のところまだ施行されていない。

 フィリピンの麻薬撲滅戦争では、ドゥテルテ氏の呼び掛けに触発された警官や自警団による超法規的殺人が相次ぎ、数千人が殺害されているとの批判を招いている。映像はマニラ(Manila)の喫煙者ら。19日撮影。(c)AFPBB News


思えば
16歳から喫煙して
50年近く付き合っている
煙草だ


今更
止めるなんて
出来無い


これからは
周囲の目を
盗んででも
吸ってやるぞぉ〜


応援もよろしくだぞぉ〜

 ここをクリックなのだ
 ↓

[https://overseas.blogmura.com/philippine/ にほんブログ村 フィリピン


この記事に

開く コメント(14)[NEW]



昨日のこのブログで
フィリピンも危険地帯なのか?
と言う記事を更新したら


もっと危険な
風が吹いたようで
ドゥテルテ大統領も
中国の恫喝に
ビビったようだ?


ドゥテェ〜
と叫んだかも?

南シナ海「石油採掘なら戦争」=中国主席が警告―比大統領

時事通信 5/19(金) 23:02配信
 
 【マニラ時事】フィリピンのドゥテルテ大統領は19日演説し、15日に北京で行われた中比首脳会談の際、中国の習近平国家主席が、南シナ海の海域でフィリピンが石油採掘を行えば「戦争になる」と警告したと述べた。

  大統領は、首脳会談ではフィリピンが南シナ海で石油採掘を行う考えがあると中国側に表明したと明らかにした。これに対し、習主席は「われわれは友人で争いは起こしたくないが、もし強行するなら戦争になるだろう」と語ったという



野蛮国中国の
本音が出たのだろう


もし
フィリピンが南シナ海での
行動を止めたら
どうなるのか?


フィリピンが
海域の開発を進めたら
どうなるのか?


危険度がアップだぜぇ〜


フィリピンがアメリカと聴力して
開発を始めるのが
最適だと思うけど
それはしないだろうな?


逃げ出す心の
準備が必要かな?



応援もよろしくだぞぉ〜

 ここをクリックなのだ
 ↓

[https://overseas.blogmura.com/philippine/ にほんブログ村 フィリピン

この記事に

開く コメント(18)[NEW]




フィリピンがイスラム国の脅威に晒されているだってよ


こんなニュスが数日前に流された



フィリピンに「イスラム国」の魔の手が迫る。渡航の際は治安情報をチェック

ホウドウキョク 5/14(日) 20:00配信



観光地で外国人の誘拐も
4月28日、フィリピンの首都マニラで爆発が発生し11人が死傷、5月6日にも2回の爆発が発生して9人が死傷しました。

いずれについてもイスラム国が犯行声明を出しており、イスラム国がマニラで実行した初めての攻撃であるとしています。

フィリピン当局はこれらがテロであることも、イスラム国の関与も否定しています。しかし一方で、昨年11月マニラの米大使館付近で爆弾が発見された事件の容疑者として、複数のイスラム国関係者が拘束、今年3月にもイスラム国構成員2人が逮捕されるなど、イスラム国テロの危険性が既にあることを否定するのは難しい状況です。


実際、フィリピンでは既に複数の武装勢力がイスラム国に忠誠を誓っており、これまでもフィリピン治安当局や軍と衝突したり、爆弾テロを起こしたり、外国人を誘拐・殺害するといった蛮行に及んでいます。

これまで彼らの活動範囲は、主にミンダナオ島を始めとする南の島嶼部だったのですが、ここ最近、首都マニラのほか、外国人が多く訪れる観光地にも攻撃の範囲を広げてきています。


4月11日には、日本人にも大人気のリゾート地セブ島のすぐ隣にあるボホール島で、イスラム国の戦闘員集団と治安部隊が衝突し、双方あわせて10人の死者がでました。

イスラム国は、観光客の誘拐を目的としてボホール島に乗り込んできたとみられています。これに先立って、現地のアメリカとオーストラリアの大使館は、ボホール島とセブ島で外国人誘拐の危険性があると警告を出していました。このことからは、米豪がかなり正確な治安情報を掴んでいることがわかります。

さらに先日(5月9日)、米大使館はパラワン島でも外国人誘拐の危険性が高まっているという、注意喚起を出しました。

日本の外務省も、フィリピン全土でテロに注意するよう、呼びかけています。
「イスラム国・東アジア州」と位置づけられるフィリピン
ところで、フィリピンのイスラム国…と聞いても、イメージがわかない方が多くいらっしゃると思います。

イスラム国はフィリピンを「イスラム国・東アジア州」の一部と位置づけ、これまでに様々なビデオや写真を公開してきました。最新ものが、こちらです。【上記リンク参照】

「アブーアナス・アルムハージル軍事キャンプで訓練するイスラム国兵士たち」とあります。

ちなみに、1年ほど前に公開された映像は、こんな感じでした。小さな子供の姿もみられます。比較すると、以前は山賊のようだったのに、この1年で装備も整い、統率もとれてきている印象を受けます。 【上記リンク参照】
渡航の際は治安情報をチェック
フィリピンには多くの日本人が住んでいるだけではなく、比較的身近なリゾートとして観光で訪れる人も多くいます。

フィリピンに限ったことではありませんが、夏休みなどに外国旅行を検討している方は、外務省の渡航情報だけでなく、アメリカやイギリス、オーストラリアといった国の大使館の出している治安情報なども参考になさることをおすすめします。


フィリピン国防相は今年1月、国内武装勢力とイスラム国が関係を強化している旨を示す機密情報を入手した、と発表しています。シリアやイラクといった中東の本拠地で窮地に立たされる今、イスラム国は東アジアで着実に勢力を拡大させているようです。



日本大使館からも
注意喚起のメールが届いていた
確かにその脅威は有るのだろう


嫌な時代になったものだ
この地球上で
安全な所ってあるのだろうか?


日本は
周辺国の脅威が有り
地震大国で有り
原発が有る
到底安全な国とは言えない


Gの暮らすフィリピンは
治安の悪さ
台風の通り道
程度だが
イスラム国の脅威が発生すれば
どいっこいどっこいだな


さて
どこが安全なのか
誰か教えて頂戴よぉ〜




応援もよろしくだぞぉ〜

 ここをクリックなのだ
 ↓

[https://overseas.blogmura.com/philippine/ にほんブログ村 フィリピン

この記事に

開く コメント(8)

全520ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事