ここから本文です
ブログを始めました・・・

書庫全体表示

1)C言語側(win、Linux)に保存するデータにヘッダを付加する件
製作13で予定してると言ったBASICソフトの試験はあまりしてません。
データにヘッダを付加する作業と同時進行で行うように予定変更します。
とにかくヘッダに続く残りのデータを然る可きアドレスに展開する仕組みは
実装したいです。自分も便利と考えるからですが、ただ実装は難儀してます。
FM-7にアプリ(データ)を展開するため第一段階として、製作10で公開した
ローダーを使って固定アドレス(現在テキストバッファ等を予定してます)に
ヘッダを展開しヘッダ情報を参照して、第二段階としてアドレス非固定の、
アプリ(データ)を然る可きアドレスに展開することを目指しています。

その際、読み書き用としてメモリ上に常駐するルーチン(含むローダー)を
128バイト以内に収めたいと考えてます。理由は共有RAMに隣接する$FC00から
$FC80間のRAMで使いたいからです。現時点でポジション・インディベンドに
なってますが上記のRAM上で使えば$8000まで使用するカセットアプリで便利に
使えるのでは考えてます。しかしながら製作10で公開したローダーはワーク
エリアを含めると既に96バイト使ってますので残りは32バイトしかありません。
受信バッファの状態監視用の1ビット分を受信データ用の74LS244の1端子に
振り分けたことが大きく影響してます。ハードを簡単にした影響でコード量が
増える結果になりました。ただ1ビットのために74LS244の増設もどうかなと。

と言うことで各々の思いが交差して現状はメモリ不足で行き詰まってます。
基板に対応するソフトを作っていくと機能的な欲が少しづつ出てきますし。
融通が利くように実装しようとするとソフト的な難易度が上がって来ます。
ただし納期等の期限はないので深刻に悩んでる訳ではありません。ただ単に
試行錯誤してるだけです。凡その仕様は固まってますから早晩、形になって
行くと楽観してます。ただ洗練した状態にすることは期待しないで下さい。
win、Linux側で最終的な手直しが必要になる可能性が濃厚です。
因みに、それなりに動作するコードの仕上りは年内を目処にしてます。

2)改訂版ハードとソフトにおける速度について
FM-7のデータ受信で多少遅くなると言ってましけど正確ではありません。
1バイトを合成するため2回受信しビット操作等もあるので実質コードが
倍になってます、正確な計算はしませんが倍の時間かかります。ただし
送信はバッファの状態監視をしてませんので、速くなってるハズです。

3)余談的になりますが、このソフトのI/OとFM-7のPSG基板を多少手直し
するとFM-8で動作する同様なツールを7のPSG基板で製作できると思います。
根拠はこのハードのプロトタイプがFM-7のPSG基板だったからです。
ただFT245RLを装着する時のピン変換用に更に小基板が必要になりますし
74LS74からFT245RLへ出す指令のために空中配線も必要になります。
(そこまでするなら多少の手直しではない、と言う意見も出そうですけど)

4)数少ない読者に対し御礼
ブログだと予定や願望も含めて、その時点の到達した事項を公開することが
多いです。ですので意図的ではないですけど情報の小出し的な感じになります。
特に自分は訂正も多いです。それにも関わらず読んでくれてる方に感謝します。
ただFT245RLを使ったデータ転送の例で自分が知る限りコードまで公開してる
例は1名を除き他にありませんので引き続き辛抱強くと願うばかりです。尤も
他に例があってもアセンブラは6809しか知らないので自分には理解できません。

5)今後の予定・展開
今回のFM-7用FT245RLモジュールに対応するソフトで片がつけば、この基板と
組み合わせてファミコン用のディスクシステムを読み書きするツールの紹介を
考えてます。回路図、基板(ハード)は30年以上前からあります。念の為、
補足すると自分が設計した回路ではありません。某雑誌で公開された記事・
回路図を元に当時はハードが判りませんでしたのでハードを共同製作しました。
読み書きが遅いのでソフトに焦点を絞って改修を考えてます。数ヵ月間は
かかると考えてます。当然早くできれば良いなとも考えてはいます。
なお配線図は時期を見て公開します。FM-7とディスクシステムのコラボに
なりますのでFM-7を所有していればディスクシステムのゲームを解析する時
には有効ではないかと考えてます。データを素早く容易に現在使用のPCに
保存できるようにしたいと考えてます。

それではまた。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事