ここから本文です
世界一のSNKD97を作ろう! え?マイナーすぎる? 〜SEIKO5の改造の記録というか…備忘録!〜

wenaの問題

ジャンクで購入したのに全然問題なく動いているwena wrist。
仕事で非常に役立ってる。

イメージ 2



私の場合は、電話とメールの着信にバイブレーションが連動しているのがとても便利だ。
メールだと短くブルッと震え、電話だとブーブーと振動し続ける。

電話をポケットに入れないので、着信に気づけるのはとても助かる。

もうひとつの効果としては、電話を置き忘れたときに、10mくらい離れると、ブルッブルッとwenaが二度震える。
電話を置き忘れたときに気づく。

これ以外にも万歩計とかEdyでの決済とか色々と機能はあるもののスマフォで代用できるので、私にとってはあまり重要ではないのだが……使う人には便利かもしれない。


と、便利な面はあるものの、もう少し踏み込んで設定するにはアプリがついてきていない。

例えば、平日は会社のスマフォと連動し、休日はプライベートのスマフォと連動させる。ってな使い方は出来るが、切り替えの度にwenaを初期化して接続設定をやり直さないといけない。
慣れればすぐかもしれないが、ちょっとこれは面倒。やろうとは思えない。

その他にもアプリの表示画面や設定が大雑把で、細かな設定はできない。
この辺りは、あえてスマートウォッチではなくwenaを使おうという「こだわり層」をターゲットにした製品としてはちょっと物足りない。

そうはいっても、タイトルにもあるような「問題」かというと、まぁギリギリ許容範囲かと思う。

「問題」というタイトルが指すのは、このwena wristが生産完了品であることに起因する。

現在はwena wrist proという次世代モデルに切り替わっている。
まぁ、それはいいとして、2年くらい前に発売開始したエンドピースと呼ばれる時計との接続コマが既に生産完了していて手に入らないことが「問題」だ。

イメージ 1


実はキングセイコーにつけてみようと、18mmの接続コマを探していた。
ソニーストアでは取り扱いが終わっており、その他のWebストアでもことごとく売り切れで再入荷なしとのこと。
黒色なら在庫がまだ少しあるようだけど、シルバーは見つからない。
ちなみにこのコマは2017年の7月から発売されている。
困った。新品で購入して、そろそろ違う時計につけてみようという人もいるだろうに。

発売から2年経たずにこういった部品の生産が終わってしまうのは電化製品の宿命か……

所詮ウェアラブル端末って短命なんだなって思いました。
アップルウォッチとかも、アプリの更新についていけるのはそんなに長くないのでしょう。(たぶん)

ということで、キングセイコーにつけるのは諦めたわけではなく、
黒を買って色を落とす
コマを削る
など、やれることはあるかな、と思います。
あと、中古品を見つけて買うのが楽ですけどね。

サファイア〜!

GWの過ごし方を考えてたときに、
「あ!風防変えなきゃ!」
と、急に思い立ち、真夜中に注文しましたw


イメージ 1

クリスタルタイムズのサファイアダブルドーム「ちょっと出っ張る方」です。


ARは、魅惑のパープルです。
GWまでに届くかな?

ドンドン白くなくなってきたホワイトボーイ用です。

ちょっと楽しみです。

開くトラックバック(0)

寄せ集めデザイン

イメージ 1

今日は来客の予定もないし、コイツでいこう。

ちょっとベゼルの白がキツいなあ。

ヨットマスター風の明るいグレーにするか?

秒針は白いミルガウスにしよう!


シーマス風のダイヤル
ヨットマスター風のベゼル
ミルガウス風の秒針

色んな時計の好きなところを集めたごった煮デザインw



そんなんでいいのか?



……いいんじゃないでしょうかw

開くトラックバック(0)

イメージ 1

模様替えをしたホワイトボーイ。

チャプターリングをシルバーにするとか、ベゼルをグレーにするとか、それもいいかもしれないけど、チャプターリングは黒のままで、文字盤との輪郭をブラックアウトさせ、インデックスや目盛りが浮き出るような見せ方も面白いかも。


イメージ 2

ベゼルの白さに対比したチャプターリングと文字盤が一体に見えている。
ベゼルは半端にグレーとか塗らない方がいいかも。

しばらくこのままで様子見かな。

開くトラックバック(0)

模様替え SNKE01&SKX007

4月を迎えて寒くなったり暖かくなったりを繰り返しながら、もうすぐGWになります。
やっとコートを仕舞おうかな、という今日この頃です。

こういう衣替えの季節になると、いつも時計の模様替えがしたくなります。
ベルトを変えたり、針を変えたり……

今日はSNKE01とSKX007のホワイトボーイを模様替えしました。

まずは、事前に用意しておいたSKX007用のチャプターリングがあります。

イメージ 1




このチャプターリングを加工して目盛りを消します。

イメージ 2

プラ風防磨き用のスポンジやクロスで磨くと綺麗に取れます。


まずは、ホワイトボーイからムーブメントと文字盤を取り出して……

SNKE01に入れます。

イメージ 3

こんな感じです。

秒針は白いミルガウス風のものから、長い青焼き風の針に交換です。

少しダイバーズ色を弱めようかな、と。


イメージ 4

イメージ 5

白いJCIの文字盤はインデックスがケースの枠ギリギリです。
なかなかケースと文字盤の組み合わせは気に入りました。

イメージ 6

車の運転しながら眺めてました。
え?前見ろって?
……もちろんです。


そんでもって、ホワイトボーイの方ですが、SNKE01に入っていたムーブメントとOMEGA風の文字盤と、先ほど目盛りを消したチャプターリングを入れます。

イメージ 7

こんな感じです。

チャプターリングはシルバーにしようかと考えてますが、とりあえず黒でつけてみました。
白と黒のコントラストがくっきりのなんだか怪しい時計になりましたw


イメージ 8

ベゼルは白からグレーにしようかなーと考えてます。
塗装を剥がして再塗装しようかな。
チャプターリングの目盛りを消したのは文字盤に目盛りがあるからです。
文字盤とチャプターリングの両方に目盛りがあると鬱陶しいデザインになってしまいます。



イメージ 9


休日に活躍するホワイトボーイはデイデイト不要なんでこの文字盤は楽かも。
土曜日の朝に毎週日付を直してましたからね。

SNKE01はこれからの暑い季節にシャークメッシュとかNATOストラップで活躍する予定です。

ということで、他の時計の模様替えも順次やっていきます。
ミルガウス風の針は、ブラックボーズにつけるかな?

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事