ここから本文です
世界一のSNKD97を作ろう! え?マイナーすぎる? 〜SEIKO5の改造の記録というか…備忘録!〜

イメージ 1


私のバースイヤーウォッチであるキングセイコークロノメーター5626-7041

私の生まれた年の生まれた月に製造されたものだ。

普通(?)のキングセイコーは7000というケースが多いが、そのケースよりも立体的な形状なので気に入ってる。

この個体はケースのエッジも出ていて大きな打ち傷もない。程度はなかなか良いモノだと感じている。

が、風防のガラスについては不満があった。



イメージ 2

入手したときから、ガラスのエッジにガリガリと傷が入っている。

研磨で消えなくもないが、ガラスのエッジは丸くする必要がある。

4000円位で新品のクリスタルガラスを買うか?
いやいや、サファイアガラスにした方がいいかな?等と考えていた。

傷とは違って少し気になるのはガラスの厚み。
横から見ると立体的なケースにさらに載る形でガラスが飛び出る。
ケースにベゼルが載って、その上にさらにガラスが載るという3段構成。

イメージ 3


「もう少しシンプルに見せたい」という気持ちは前からあった。
できればガラスは薄い方がいい。


また、先日父のキングセイコーのガラスを交換した際に手元にある30.0Φのガラスをキングセイコーに嵌めようとしてみたら、微妙に上手く嵌まらない。ガラスの外径はあってるのに、ピタッと位置が決まらない。少しガラスが大きく感じる。
これはキングセイコーの風防は接着だからかもしれない。純正のガラスには裏側に微妙なテーパーがついていたような気がするw
大事なことなんだけど、曖昧な記憶です。

イメージ 4

これはドナーのキングセイコーに付いているガラスと接着するリングの写真。

接着の受け部分にはある程度幅がある。つまり、少し小さいガラスでも入る。



イメージ 5

ということで、買ってみました。
前にSNKD97のガラスを買った台湾の硝子屋さんから買いました。

上手く嵌まるはずなんですが……

ガラスが届いたらできればパッキンを使ってガラスを圧入したい。
そのためにもガラスは29.5mmとしてみた。
キングセイコーのガラスをサファイアにしてパッキンで圧入するという現代版アレンジだ。

ガラスは2000円だからまぁ安い方かな。
サファイアガラスとしては以前に購入したものも安かったけど問題なかった。


ガラスのデザインが変わるということで、オリジナルが大事という考えもあるけど、このケースには薄いガラスが似合うはずだ。

という思いがあって、ベゼルから飛び出さない凸ドームのサファイアガラスとした。

さて、どーなるかな?

イメージ 6

この記事に

続 wena修理

イメージ 1

少し時間がとれたのでwenaの修理を再び。

切れた配線をどう繋ぐか試行錯誤してました。


イメージ 2

上にある赤い配線を半だ付けするしかないか……

裁縫と半だ付けとアーク溶接は苦手だ……
「繋ぐ系」の作業全般かw

上手くいかなかったら、いよいよお蔵入りか転売ですな。

この記事に

ホワイトボーイの変遷

二つ目のブラックボーイを買ってから、どんどんと手を入れていった感があるのですがホワイトボーイで一旦落ち着こうかとw

ここまでの変遷を走馬灯のように振り返りたい。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


いかがだろうか……

これを見た人は、「あ、ここでやめときゃ良かったのに!」って思う部分もあるかと思う。

ブラックボーイ純正の文字盤にグレーのベゼルインサートの奴はなかなか良かったかな。

まぁ、いつでも組み替えられるからいいんだけど……

今後も「サクラカラーVer.」「新緑カラーVer.」「青い海Ver.」「紅葉カラーVer.」なんかがあるかもしれないw

え?落ち着いてない?

いいんです!
どんどん変えるのが魅力なんです。

このアルミのベゼルインサート、もっと買っとけばよかったけどもう売ってない……

もし見かけたら「買い」ですよ!

この記事に

開くトラックバック(0)

ホワイトボーイ

イメージ 1


さて、やっとこさベゼルを白く出来ました!
「スノーダイバー」「ホワイトボーイ」など、なんと呼ぶか……
元々「ラッキーボーイ」だったので、ホワイトボーイにしておきましょうw

まずは、ベゼルを外してグレーの塗装を剥離します。


イメージ 2


タミヤカラーの薄め液に漬け込みます。

……が、簡単には剥がれてくれません。
寒空の下、綿棒や筆で塗装を剥がします。


イメージ 3

やっとこさ元のアルミ素地になりました。


イメージ 4

たっぷり塗料を載せます。
……が、これが失敗だったかも。


イメージ 5

乾いてきたけど、なかなか乾ききりません。厚塗りしすぎです。


イメージ 6

ベゼルを乗せてみたところ。
まだ固定はしてません。
もしかして、白すぎ?と一抹の不安が……


イメージ 7

一部塗装を剥がしてみました。
薄め液を浸けた綿棒で表面を擦るも、塗膜が厚くて金属が見えてきません。
50の数字をカッターでカリカリ剥がしたところ、文字の金属に傷が入ってしまいました……
後で鏡面に仕上げ直しが必要です(T_T)

ここから、爪と爪楊枝による剥離です。



イメージ 8

なんとか、ここまで剥がせました。

出来た印象としては、塗装面にも光沢があり、なかなか高級感があります。
ただし、細かいところで少し汚いので手直しも必要です。例えば10の0の中にシワが寄ってるとか、4の中の塗装の充填がいまいちとか。

え?見えない?

……ですよね!
気が向いたら直しますw
(これは直す気無いな……)


白銀をイメージしたこのデザイン。
冬のダイバーズって感じですよね!

……と、季節を意識したものの、本日春の花粉が飛びまくってて鼻が辛い。
冬が終わりそうです……

イメージ 9

この記事に

開くトラックバック(0)

最近のローテーション

一時期、10本を越えてたけど、主に使うもの以外は仕舞い込んだりバラしたりして、この7本が今のローテーション。

イメージ 1

まずはダイバーズたち。

左から
SNZF17 MOD
SKX007 MOD
SKX007 MOD Black Bozz




イメージ 2

そして、セイコー5とキングセイコー。

左から
5626-7041 キングセイコー
SNKE01 MOD
SNKD97 MOD
SNX997 MOD

キングセイコー以外は原形留めてないな……

つまり……売れない、手放せない……

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事