しゅんしゅんのホームページ アネックス

しゅんしゅんのホームページのコンテンツを掲載しています

全体表示

[ リスト ]

コンテンツ
【1】e-LineR横浜線 夜行便でTDSへ
【2】朝っぱらからTDSへ
【3】アパホテル巣鴨駅前、翌日は新宿へ
【4】 「横浜見物とe-LineR横浜線での帰途」




6月中旬の夜。浜松駅バスターミナルに着きました。
6月にこのような予定を入れたのは、、仕事上の付き合いで「アパホテル巣鴨駅前」に試泊するためです。
ただ、出張扱いにするほどは中身が無いので、娯楽的要素を加えて自費+公休・有休で行くことになりました。


浜松駅バスターミナルに着いたのは23:00頃。食べ物を調達した後、待合室に行くと……
長いベンチにゴロゴロと大勢の人が寝ています。明らかにバスの旅客ではないような感じの方も居て、見ていて感じのいいものではありません。女の子は入りづらいのではないでしょうか。

イメージ 1



今日の京阪神ドリームは西日本JRバス担当の2階建て車。ちょっと覗いただけですが、空席があるようです。浜松からの乗車はゼロ。

イメージ 2

イメージ 3


そして、今夜の寝床のe-LineR横浜線は、前回と同じいすゞ・ガーラの864号。座席も前回と同じ1D。
今回は夜行利用を決めたのが2日前で、十分な空席が見込まれたので1Cは買い占めませんでしたがww。
それでも、予約サイトで見ると、今までに無くふさがっているシートの方が多く、その多くが二人がけで使っているので、グループが乗るのだと予想はつきました。


イメージ 4



バスは静寂な浜松の街に向けて走りだした……のですが、浜松IC駐車場で様子は一変しました。
十数人のシニアのグループがドカドカと乗り込んできて、多くの座席が埋まり、私のすぐ後ろからも賑やかな話し声や飲み物や食べ物を開ける音が響きました……て、夜行バスのマナーじゃないでしょ。
話から推察すると、品川で降りて東京駅から東北方面の新幹線を利用するらしいです。
特に、私の真後ろはおばちゃんが二人でベチャベチャと話しており、うるさいのなんの。ヘッドホンの音楽ぐらいではかき消すことができません。

磐田ICで停まった時、外に出たドライバーさんに「消灯時は静かにして下さい」とアナウンスしてもらえるんですよね。と尋ねてしまいました。
磐田を出るときに消灯となるのですが、ドライバーの方が団体さんに釘を刺したところが、ヒソヒソ声のおしゃべりに変わっただけで、却って耳障り。
ドライバーの方からは「座席を変わってもいいですよ」と許しをもらっていたので、変わろうか、どうしようかと迷っていると、2ABのご夫婦がお休みになられたので、ドライバーに断って、1Aに移動しました。

イメージ 5
件の1CDの座席(品川-横浜間で撮影)


いや、これ、代替席が無ければ直接注意するレベルですww 遠鉄のバンビツアーじゃあるまいし。

と、波乱含みのスタートとなりましたが、富士川サービスエリアの直前ぐらいでおばちゃんたちのおしゃべりが静かになり、ようやく夜行バスらしい雰囲気になりました。


イメージ 6
富士川SAで休憩中



2:15 富士川サービスエリアに到着。トイレと飲み物を購入してバスに戻ると……
さっきまで私が使っていた1CDの席に女性の乗客が座っていました。
ドライバーの指示通り、荷物は全部持って移動していて、問題があるわけではありません。
で、2:30に発車して見ると……
さっきまでおしゃべりに興じていた2CD席が片方空いていたので、一人前に移ったのでしょう。(おしゃべり中に私が移動したのを知っているのは前に座っていた乗客ぐらいか)
 仲がいいんだか悪いんだか訳わかりませんww

3:52 海老名サービスエリア到着。今回はSAの端の方ではありますが、無事スペースを見つけて停車。ここは30分休憩なので、ゆっくりと休憩できます……って、空いている店が土産物屋だけ。二階のフードコートは若干空いているようですが、バス利用者が最も利用したいコンビニはありませんでした。
早々にバスに戻り、4:22発車。グーグル検索すると、品川に5:10到着の予定とのこと。また早着みたいです。
サービスエリアで起こされた乗客が多いうちに、浜松駅で用意した「朝食」のおにぎりにかぶりつきました。

今日は横浜駅YCATまで行くのですが、YCAT近くには早朝から空いている飲食店がなく、横浜駅を横断して西口の繁華街まで出向かないとならないので、車中食にしたのです。こんな早い時間に朝食を摂るのにはもう一つ理由があるのですが、後述します。

10月の旅行と違って、陽の長い6月。外はみるみる明るくなりました。
カーテンの隙間から大橋JCTのループを眺めたり、五反田の町並みを眺めているうちに、5:12 品川バスターミナルに到着。18分の早着です。で、すぐ後ろのシニアグループも含め、殆どの乗客が降りてしまいました。
後ろの方に若干名の乗客が居るだけなので、カーテンを20cmぐらい開けて景色を見ると、バスは首都高速1号線に乗り、東京湾や羽田空港、川崎の工場街を抜けていきます。そういえば、去年の2月にはとバスのツアーで通ったところだっけ……


イメージ 7



バスは横浜市内に入りましたが、横浜駅の脇を素通り。首都高速のみなとみらいランプで降りて、桜木町から再び横浜駅に戻っていったのでした。
6:06 横浜シティ・エア・ターミナル(YCAT)到着24分もの早着ですが、6時台なら問題ありません。
トイレを済ませ、人気のないスカイビルからそごうの前を通り「東口バスターミナル17番乗り場」に移動すると……若い女の子で埋まっていました。そう、ここは「東京ディズニーリゾート」行きのリムジンバス乗り場なのです。

早朝のリムジンバスは10〜15分おきに出ており、事前情報だと「e-LineRで到着すると、2,3台待ちで乗れる」とのことですが、並んでいるのは40人もいないようです。しかも、e-LineRが早着してくれたおかげで、6:15の始発に乗れるというおまけ付き。
自販機で1250円の切符を買って列に並びます。

イメージ 8


男性は私とカップルの片割れだけ。スーツ姿の人なんていませんが、そんなの気にしていたら一人インパなんてできません。
バスに乗る時、かわいい女の子から「ここ空いてますか♥」と声を掛けられることを想定して、荷物を荷物棚に上げたのですが、結局、一人または奇数で来た人が相席にならない程度の乗車で発車しました。

バスはさっきまで乗ってきた「いすゞ・ガーラ」と同じ形ですが、12列仕様なので前後がかなり狭いのと、短距離のリムジン仕様のためか内装が少々安っぽくできていました。

イメージ 9



バスはベイブリッジを渡り、首都高速湾岸線へ。路線こそ違いますが、再び横浜から東京へ逆戻り。さっきは左手に見た羽田空港、今度はバスで突き抜けていきます。

そして、7:06東京ディズニーシー着。定刻より10分早着。都会のリムジンバスは渋滞の遅れ分をある程度見込んでダイヤを組んでいるようです。
私も含めた殆どの乗客が降り、いざ、冒険とイマジネーションの海へ。

次のページ「【2】朝っぱらからディズニーシーへ」





この記事に


.


みんなの更新記事