マイケルのココロ--FOREVERLAND

マイケル・ジャクソンさん関連♪ThisIsItダンサー略歴、ダンサーやオルテガ、オリアンティのインタビュー、愛読書、歌詞など

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

サラエボにLOVEを。ある難民の手記

スパイク・リーの手紙について、言い尽くせず、もどかしく思っていたことを、ずばり言葉にしてコメント下さった方がいらっしゃいました!MJが、黒人のみならず世界の人々や地球に対して、様々な側面で、様々な形の愛(救い・助け・癒し・励まし・元気・勇気など)を与えたということ、そしてそれを受け取った人達が、それぞれの立場から、MJに感謝している、という趣旨だったと思います。
まさにその通り!私も、MJの生き方から日々勇気をもらい、感謝している人間の一人です。コメント主さん、ありがとうございます(^^*
そんなMJに「二重の意味で助けられた」という一人のクロアチア人女性の手記を和訳してみました。後半では、MJの支援の哲学について、『おとうさんのちず』という絵本↓をからめて考えてみます
イメージ 1



(『Michael Jackson Opus』より、Annie Salijevicによる2009年(22歳時)の手記を、MJのチャリティ哲学について考察する資料として和訳引用↓)

1992年5月、私は母に連れられてボスニアのTuzlaという町に住む祖母のもとを訪れました。私はクロアチア人で、普段はKorculaという島に住んでいたのです。ところが、そこにいる間に、内戦が始まってしまいました。私達は逃げ出そうとして、どうにかサラエボまではたどりついたのですが、そこで3年間身動きがとれなくなってしまったのです。

 当時7歳だった私の子供時代は、めちゃめちゃになりました。まわりには私と同じ年頃の子供などいず、手榴弾やサイレンの音が日課。他の現実はすっかり遠くのものになってしまいました。昔の記憶も、ごくおぼろげな夢のようにぼやけてしまいました。

戦争が始まってから6カ月ほど経った頃、私達の住んでいた建物の近くに駐留していた国連軍の士官が何人か、私と話すようになりました。4歳の頃から母に教わっていたので、英語はそこそこ分かりました。私は母にもらった英語の児童書をすっかり覚えてしまうほどだったのです。

子供時代の友達といえば、この期間は、その優しい国連軍の士官達だけでした。彼らは、ニューヨークのブロンクスやクイーンズから来ていました。私が彼らにボスニア語を教えるかわりに、彼らは私の発音を直してくれたり、難しい単語の意味を教えてくれたりしたものです。そんなある日、士官の一人が、ヘッドフォンで聴いていた音楽を、私にも聞かせてくれました

とても素敵な音楽だったので、私は彼に、それを聴きながら眠りにつきたいのだけれど、と頼みました。そしてその夜は、その数カ月で初めて、夜じゅうぐっすり眠れたのです。朝起きてみると、枕元にメモが置いてありました。それには、「きみにあげるよ」と書いてありました(このメモはまだとってあります!)。ヘッドフォンは前夜したままになっていて、MJのBadとThrillerのカセットも置いてありました。それから2年間と言うもの、彼の音楽が私の楽しみでした。

当時は、マイケル・ジャクソンというのが誰なのか、全く知りもしませんでした。でもとにかく、彼の音楽が私に勇気をくれ、外界の雑音を静めてくれたのは確かです。今でも何か心配事があるとき、彼の音楽を聴くと、まるでお気に入りのタオルケットか何か持っているみたいに、心が落ち着いてくるのです。

私達のもとに届く救援物資は、たいていは国連からのものでしたが、時折、「Heal The World」というラベルのついた箱もやってきました。そしてこの「Heal The World」の箱の中身は、いたんだ小麦やお米だけ、などということは決してなかったのです。食べ物や医薬品と一緒に、いつも必ず、毛布やおもちゃも添えられていました。今でも、そうした救援物資の箱でもらった毛布を大切にとってあります。

1995年、私達はドイツに逃げ延びました。難民として、母と私の二人きりで。私はすぐに現地の言葉を吸収しましたが、母は1年は言葉で苦労していました。母は私がきちんと心地よく暮らせるようにと、懸命に働いてくれました。何カ月かごとには、私にMJ関連のもの(や、やはりその頃私が夢中だったパワーレンジャー関連のもの)まで買ってくれたものです。

1997年の誕生日に、母は、6月にあるMJのコンサートチケット(Gelsenkirchenにて、3列目ペア)をプレゼントしてくれました。誕生日は1月でしたから、そんなに長い間待ち続けるのは拷問のようでした。でも、それだけの値打ちはありました。彼を目にしたその日のことは、ただ圧倒的で、現実とは思えない気がするほどです。自分は、彼が勇気付け、影響を与えた無数の人のうちの一人に過ぎない、ということはよくわかっています。でも、私にはまるで、そこに自分だけしかいないように感じられたのです。今でも、あの時のことは、ただ奇妙で、ありえない、現実離れした出来事のように思えて仕方がないのです。

コンサートが終わると、強引な母は私をステージ裏口へ引っ張っていきました。そこには、MJを一目見たいという人たちが集まっていました。彼が出てくると皆、狂ったようになりました。彼は母が持っていたCDにサインしてくれました。私は恥ずかしくてたまらず、母の後ろに隠れていたのですが、そんな私にも彼はニッコリ微笑み、ウインクをすると、髪をなでました。母はMJが「ヘイ、キューティ(かわいこちゃん)」と言ったんだと言い張るのですが、私はその言葉を聞いた覚えはありません。

やがて2000年の初めに、私達一家はカナダのバンクーバーに移り住むことになりました。MJのライブをもう一度見ることができる可能性は薄くなってしまいました。たとえ彼がまたワールド・ツアーをやっていたとしても、北米でやるつもりはなかったでしょうから。ですが、MJの思い出は、その一つ一つが、私の宝物。今では彼に会う機会に恵まれたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

こんなに早く彼が逝ってしまうことにならなかったら、どんなにいいかと思います。ですが、私には、一番素晴らしい人は、真っ先に逝ってしまう、というのが自然に思えるのです。小さい頃の経験から、そう分かっているのです。まだ、彼の死のことを考えるだけでも、苦しくて、「乗り越えた」などとは全く言えないような気持ちでいます。でも、彼は逝ってしまわなくてはならなかったんだ、というふうに感じるのです。彼は私達みんなのピーター・パンでした。本当に寂しくなります。いまだに、マイケル・ジャクソンのいない世界とはどんなものなのか、理解もできない、判らない。そんな思いです。

こういう経験をしたのは、私だけではありません。私は、「MJのHeal The World財団が救援物資をサラエボに送った」というニュースをのせたYouTubeビデオにコメントしていた人達数人と、連絡をとってみました。すると、私同様、難民生活を経験(する中でMJに助けられ)した人が沢山いたということです。そして、脱出先でMJのパフォーマンスを見た人も大勢いたのです。私も含め、そういう経験をした人達は、子供の頃、MJがしてくれたことを、決して、決して、忘れることはないでしょう「子供時代」を持つ望みなどほとんどありえなかった時代に、私達に「子供時代」をくれたのがMJだったのです。かけがえのない贈り物でした。 どうか安らかに、お眠りください。


7歳で戦火の中に取り残された少女。その心のよりどころとなったのは、言葉を超えてエネルギーを伝えるMJの音楽。そしてまた、彼女を別の側面から支えたのは、MJのHeal The World財団が送る、「必需品+α」の支援物資でした。

支援物資には食べ物、医薬品。正論です。でもHeal The Worldの支援物資には、さらにそっとおもちゃや毛布もしのびこませてあった。この手記で印象的だったのはそのことでした。MJは、機械的に財政援助をしていたのではなくて、戦火の中に子供時代の自分がいたら、と想像し、「自分がしてほしいと思うような形」を思い描き、オリジナルの中身で支援活動をしていたんだろう、と胸を突かれる思いでした。

人間は、物理的に窮乏していても、スキさえあれば、愛情や夢といった精神を求めたがる生き物ではないでしょうか。自ら仕事ばかりの少年時代を送ったMJであればこそ、辛い状況ではなおのこと、愛が必要なことを悟っていたのかもしれません。

『おとうさんのちず』(原題How I Learned Geography)という絵本をご存じでしょうか↓?
戦争で故郷を追われ、過酷な暮らしに耐える中で、ある日、パンに変えるはずのお金で父親が買って戻ったのは、一枚の世界地図。飢えた一家ははじめがっかりするのですが、この地図が少年にパン以上のもの--夢、生きる理由--を与えていく、というようなお話。
イメージ 2
4歳でポーランド侵攻を逃れパリに移住、その後イスラエル、アメリカと転々とした作者ユリ・シュルヴィッツの自伝的作品であるところが、この本の重みを増しています。

人はパンのみに生くるにあらず」、というものの、戦争のような状況下では誰しも、パンにしか目がいかなくなりがちです。けれども、若い命は特に、「今はパンだけあげる。精神はあとで勘弁してね」というふうに都合よく育てることが難しいのではないでしょうか?パンが少ない時であればこそ、それが少なくてもつぶれてしまわないように、「精神を癒し、励ます」という「+α」の部分が、なおのこと重要になるのかもしれない、そう思わせる点で、この本は、MJのHeal The Worldの支援のあり方と、共通項があるように思います。

MJのHeal The Worldの箱に、必需品に加えてしのびこませてあったおもちゃは、この「+α」の重要な部分。おもちゃが何かに関わらず、「こんな中でも、自分を気に掛けてくれる人がいる、世の中には面白いことがありそうだ」という希望、イマジネーションの広がりは、戦火の中の子供にとってどんなに大きな支えだったでしょう。

MJの思いが届いたかのように、少女の方でも、Heal The Worldから届く箱を特別なものと記憶していたことも印象的でした。MJは、料理本の前書きで、「私たちは食べ物なしでは生きていけませんが、愛なしでも生きていけません」とし、さらに「子供は賢いもの。手作り料理の中の愛を一口で見抜くものです」と書いたことを以前ご紹介しましたが、MJが心をこめて思い描いた支援物資に込められた愛も、少女は感じ取っていたのかもしれませんね。

この記事に

開く コメント(44)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事