魂磨きの修行中

人は魂を磨くために生まれて、そしてまた生まれ変わります。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

JALを潰さない理由

NHKドキュメンタリー番組

政治主導を掲げた前原大臣は、専門家チームを送り込んだ。
公的資金の導入に財務省は厳しい見方をしている。JAL本社内はどうなっているのか?現場の逆風を肌で感じる従業員達。
2009年4月〜6月で990億円の赤字。新政権は専門家チームを送った。自主再建を意図していたが、彼ら専門チームが下したのは、企業再生支援。公的資金投入であった。

------------------------------------

就任直後9月25日に前原大臣は専門家チームを送った。任されたのは富山和彦氏。鐘紡などの再建にあたった専門家だ。チームを組んで関係者以外立ち入り禁止の部屋で、資料分析。しかし慢性的な赤字体質に陥っていた。高コスト体質が利益が出ない原因。燃費の悪いジャンボジェットを世界で一番多く使用している。
毛布の軽量化や、瓶のプラスティック化などで7億円の経費削減ができたが、燃料費の値上げで焼け石に水。
富山氏らは2週間で、再建計画をたてた。銀行の債務を帳消しにしてもらうといった計画だ。しかし銀行も今まで幾度もの危機に際し金融支援をしてきたが、JAL側の努力がおもわしくないことを懸念して難色を示した。
「誰が責任を持って再建を進めていくのか」がポイントだという銀行側に、さすがに’自主再建’は難しいと考え、前原大臣は公的資金導入へと動き、財務省とのネゴを開始。
前原大臣は、藤井大臣に説明したが、公的資金を出すかどうかの結論は出なかった。
公的投入に藤井大臣が慎重な理由は’企業年金基金’だ。3300億円不足と言われるが、この公的資金投入が企業年金基金の穴埋めに使われるというのでは、国民が納得しないということ。
JALでは企業年金の減額を議論するが、退職者や社員の同意は得られない。3分の2の同意がないと改正できないのだ。

-------------------------------------

10月23日、前原大臣が動いた。この日官邸で鳩山総理や管さん、藤井大臣などど協議。支援機構の活用を落としどころとして決定。
10月29日、前原大臣が記者会見を開き「企業再生支援機構」に委ねることになったことを説明。峰崎財務副大臣は「これが最後のチャンスとして政府が支援していくこと。」と語る。

------------------------------------

元日航マンで現在早稲田大学教授の戸崎肇さんがスタジオゲスト。
スタジオで今までのおさらいをした後、戸崎さんの話を聞く。
戸崎「大臣がJALをつぶさないといったことで選択肢は狭まった。」
JALのリストラ案(専門家チーム提示)は従業員9000人の削減、子会社を110から46に縮小、ジャンボ機全廃などあるが、戸崎さんは「非常に困難なこと。」

------------------------------------

静岡空港。人々が集まっていたのは屋上の展望デッキ。
肝心の航空会社のカウンターは訪れる人が少ない。
利益の少ないツアー客を獲得したが、焼け石に水。
16年間知事だった石川さんに、空港にどんな夢を描いたのか取材。静岡からハバロフスクやハワイに飛ばす計画だったという。昭和62年まで遡る。当時の中曽根首相が打ち出した案によって原田建設大臣などの推進で建設計画が進められていった。
当時の県の推進役だった課長に取材。年間534万人が利用するという計画書。県民人口のの3倍が利用する数字。これにはなんとしても空港を誘致したいという思いがあったという。
当時の国土交通省が推進したこの事業に何故JALは断らずに乗っかったのか?
断れないと元社員。
静岡県も、空港整備特別会計によって負担が半分で済む。しかしこの特別会計への供出も航空会社の経営を圧迫していた。(一橋大学山内教授)
当時の国土交通省小坂課長はやらざるを得なかったという。

------------------------------------

戸崎教授「一企業の問題と言うより航空行政の問題でもある。」
鎌田キャスター「再建には何が必要で、どういうところがポイントですか?」
戸崎教授「今回はこれだけ動いたので、積極的に改革ができれば相当強い企業として蘇る。我々はチェックして見守っていく必要がある。」
二階堂経済部記者「資金繰りがショートしてきているのが喫緊の課題。」
鎌田キャスター「社員・OBも含めて痛みを伴うかもしれない。鳩山民主党政権の試金石になるかも。」

------------------------------------

感想
諸悪の根源は自民党政権が長すぎたことかな。
1県1空港などナンセンスだということは主婦でもわかるのに。
血税の投入などせず、いっそ潰してしまったほうが再生しやすくなる、といのも周知の事実。
なのに、なぜ、潰さないのだろう?何かあるな?

イメージトレーニングによって潜在意識にイメージを投影させれば、願望は現実化する。
まったくもって、その通りでありますが、いつまでたっても現実化しないと思っている人、たくさんおります。なぜなら、イメージの中で実体験していないからです。

経験した事なら、その時の感情など思い出し、鮮明にイメージすることは非常に簡単です。
その時の感情が再び体中に湧き上がり、ドキドキしたりします。
苦手な食べ物を口にして、ウォェ となった時のことを思い出すと口の中がおかしくなります。
それを未経験なことに対してできると、現実化するのです。

イメージトレーニングは非常に良いことです。
スポーツの世界では、イメージトレーニングは当然のように行われています。
何故でしょう?効果があるからです。

シャドウボクシングは、イメージの敵を相手にボクシングの練習をします。
何故でしょう?効果があるからです。

サッカーの選手はシュートをする時に、シュートが外している自分をイメージするでしょうか?
もちろん、しません。シュートが入るイメージがあるからシュートを打てるのです。
このような効果に関してはあなたも疑問や疑いを持っていないでしょう。周知の事実です。
しかし、それが仕事や私生活となると、信じられない人が多いようです。

億万長者になりたいのなら、ポイントは自分はすでに億万長者だと、自分に対するセルフイメージを根本から変えることです。あなたは億万長者なのです。肩の力を抜いて胸をはって、億万長者のふるまいをしてください。ふるまいだけでなく、実際にそうなのです。ケチくさいことはいたしませんよ、億万長者なのですから。

自分は年収300万円だ。
というセルフイメージを持っている人は、今現在、いくらの年収だろうが、年収300万円に向かっていきます。なぜなら、彼にとって年収600万円は、「なんか、変な感じ」「こんなにもらっていいの? 」「落ち着かない」「居心地がよくない」という状態なのです。

自分は年収300万円だ。
というセルフイメージを持っている人は、たとえ、今、職を失って無職だとしても、年収300万円にあっと言う間にたどり着きます。
なぜなら、彼にとって年収600万円は、「とても、変な感じ」「全然、足りない」「わたしはもっとできる。」という状態だからです。

たとえ、年収300万のイメージの人に年収を5倍にするチャンスが舞い込んできたとしても、それに対してその人は『ビビッて』しまいます。
あるいは、それ以上稼ぐことに罪悪感すら感じるようになります。

何故なら、それが自分のセルフイメージとあまりにもかけ離れているからです。
それは、自分じゃないと、あなたの脳が常に言っているからです。

それに対して、年収3000万円のイメージの人が年収1000万円くらいだったとしましょう。
彼は決してその現状に満足しません。そして、収入を伸ばす方法を常に探しています。
意識的にも無意識的にも。24 時間、彼の脳はそれを実現する方法を探すでしょう。これが自動ナビゲーションシステムです。
そして、1000万円から3000万円になるまでの仕事は、はたから見たらどんなにつらい事でもへっちゃらでできます。これは、まるで、水が高いところから低いところに流れるように流れていくのです。
はたから見ると、低いところが、高く見えるのでさっぱり訳が分からないわけです。

しかし、もう一度言いますが、その人にとっては年収3000万円が心地いいのです。
それが、その人の考える自分自身なのです。

今まで聞いた事がありませんか?
お金持ちが、破産したけども、スグに元と同じくらいか、それ以上にリッチになったという話。
こんな話は例をあげればたくさんあります。
世界の不動産王、ドナルドトランプは何年か前、大富豪の地位から借金6000億円まで落ち込みました。しかし、今現在では再び不動産王に戻りシカゴに都庁よりも大きなトランプタワーを建設して、T Vのレギュラー番組まで持っています。
もちろん。
これは、トランプの不動産の知識やコネなども役立ったでしょう。( しかし、多くの人はトランプが借金まみれになったら見放した事実も忘れないでください。)しかし、それ以上にトランプ自信、自分は世界一の不動産王だ。という揺るぎのないセルフイメージが彼をその場所へ突き動かしたのです。
ほどほどに不動産ビジネスをしている状態は、彼にとっては居心地の悪い状態だったのです。水の高い所です。
世界一の不動産王こそが、彼にとっての"水の低い場所"つまり、落ち着く場所だったのです。だから、滑り落ちるように再び不動産王になりました。

今の収入に慣れてしまっていたら、それを変えないといけません。
億万長者の収入に慣れてる自分になるのです。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事