火星のおもちゃ箱(旧館)

【10/11/29更新】⇒新館にて続々レビュー中!

全体表示

[ リスト ]

ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム (ユニコーンモード)

イメージ 1

パイロットの精神波に反応する構造材「サイコフレーム」で全身の駆動式内骨格である「ムーバブルフレーム」全てを構築したフルサイコフレーム構造を実現した初のMSであり(それまではコクピット周辺部等、限られた部分にしか使用されなかった)、極めて高い機体追従性を発揮する。
通常は名称の由来である一角獣(ユニコーン)のような額の一本角と、フェイスガードに覆われたゴーグル状のカメラアイが特徴のユニコーンモードと呼ばれる形態で行動する。NT-D発動時は全身の装甲が展開し体格も一回り拡張、額の角がV字型に展開しガンダムタイプの顔が現れるデストロイモードに“変身”する。この際、露出したサイコフレームが眩く発光するのが特徴である。
Wikipediaより抜粋。
『デストロイモード』への変形ギミックがオミットされており、『ユニコーンモード』で固定されています。
その分可動ギミックと変形前のプロポーションに重点をおいたアイテムになっています。
※モールドを活かすために全身にスミ入れを施しています。

頭部

イメージ 2
ユニコーンガンダムの象徴である一本角型のアンテナは頭頂部と一体成型になっており、軟質と硬質パーツの二種類から選択出来ます。

イメージ 3
カメラアイは細いゴーグル状になっており、メタリックグリーンで塗装されています。

上半身

イメージ 4
上半身から下半身にかけての白い装甲の一部には、成形色よりも暗めのホワイトで塗装が施されており、ディティールの陰影を強調しています。
バックパックにマウントしたビームサーベルの柄は取外すことが出来、別途のエフェクトパーツを組み合わせる事が出来ます。バーニアノズルは独立して可動します。(サーベルやバーニアの可動については後述します。)

下半身

イメージ 5

イメージ 6
上半身異常にモールドが豊富で、デストロイモードへの変形時の装甲分割を想わせます。

イメージ 7
足裏にもモールドが刻まれています。

可動箇所

イメージ 8
首(二重ボールジョイント)、肩付け根(前後スイング)、肩(上下スイング、ロール)、肩装甲(上下スイング)。

イメージ 9
肘(二重スイング)、手首(ボールジョイント)。

イメージ 10
腹部装甲の内部には折畳み式のジョイントが仕込まれており、胸部を迫り上げる事で通常よりも広い可動域を実現しています。
胸部(二重スイング)、腰部(ロール)。

イメージ 17
バーニアノズル(ボールジョイント)。

イメージ 11
フロント・サイド・リアアーマー(ボールジョイント)、股関節(ボールジョイント・ロール)、膝(二重スイング)
膝は右上の画像の用にスライドさせる事が出来、伸ばすことで膝関節の可動域を広げることが出来ます。

イメージ 12

イメージ 13
足首(二重ボールジョイント)、爪先(上下スイング)。

オプションハンド

イメージ 14
握り手、開き手、サーベル持ち手、ライフル持ち手。

ビームサーベル

イメージ 15
バックパックより柄を外し、

イメージ 16
エフェクトパーツと組み合わせる事で二振り再現出来ます。
エフェクトパーツは半透明のクリアパーツで、内部にラメ粒子が入っています。

ビームマグナム

イメージ 18

イメージ 19
非常に精巧に作られており、補助グリップも可動します。予備のエネルギーパックは付属していませんが、それを取り付けられそうな突起があります。

シールド

イメージ 21

イメージ 22
シールドは画像の様に分割出来、内側の装甲をX字に展開して付け直すことで『Iフィールドバリア』発生時を再現することが出来ます。
各書籍ではデストロイモード時にシールド中央がX字に展開する様子が頻繁に描かれていましたが、小説劇中ではユニコーンモードでもこの状態で使用している様です。

イメージ 20
裏面には穴が二箇所開いており、それぞれジョイントパーツを差し込むことが出来ます。
説明書には詳しく明記されていませんが、私は上の穴を腕部装備時、下の穴をバックパックマウント時に使用しています。

イメージ 23
バックパックマウント時は、前腕装備時のものとは異なる小型のジョイントパーツを使用します。

それでは、アクション!!

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

以上、ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム (ユニコーンモード)でした。
胸部や膝の可動ギミックはこれまでの機構とは大きく異なり、「通常時は装甲内に収納し、必要に応じて迫り出す」という劇中さながらの斬新なものでした。
ユニコーンモードからデストロイモードへの変形がオミットされているという情報を発売前に耳にしたときは少々残念だったのですが、実際に弄ってみると広い可動域とプロポーションに重点を置いたことがかなり実感出来ました。
彩色も白い装甲部分に成型色よりも暗めのホワイトで塗装することで陰影を強調する等、隅々にまで拘りが見えてきました。
2月発売の『デストロイモード』では更にどんな進化が見られるか楽しみです。

それでは(^0^)ノシ

閉じる コメント(6)

顔アイコン

全身白にスミ入れはやはりグッと引き締まって良いですね!
ビームマグナム付属良いな〜。HGのはデストロイモードに付属しているから。
ポチっ!

2009/12/24(木) 午後 6:25 バファニー

>バファニーさん
今まで様々なROBOT魂にスミ入れしてきましたが、このユニコーンが一番しっくりいったと思います。
ユニコーンMは基本装備、デストロイMはバズーカやガトリング等の重装備になるそうです。アイテム毎に装備も異なるので二度美味しいです^^
ポチ有難う御座いました!

2009/12/24(木) 午後 7:57 Mars

顔アイコン

MGだと変形のために分割戦が目立ってましたが、非変形だとのっぺりしちゃうので、墨入れは必要ですよね。なかなか面倒で、未だにターンAすら、墨入れしておりません。(;^_^A アセアセ・・・ トラポチ

2009/12/27(日) 午後 4:48 ダミアン@オーメン72

カッコいいなぁ〜♪
ユニコーンモードは白っぽいんすねぇ(*^ー゚)b
デストロイモードも見てみたいっすなぁ(*^^)v

2009/12/29(火) 午後 1:04 [ - ]

>ダミアンさん
あの隙間から見えるサイコフレームがカッコいいんですよね〜、ロボ魂はそれがない分しっかりとスミ入れしました^^
トラポチ有難う御座いました。

2010/1/6(水) 午後 9:17 Mars

>すすむさん
デストロイモードは赤いサイコフレームが露出してとても格好良いですよ!

2010/1/6(水) 午後 9:19 Mars

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事