全体表示

[ リスト ]

ネギま299時間目

想定内の変身と想定外の変身

ネギの第3のプランに対して切れるフェイト

しかしネギはその反応は想定内であり、わからせてやると珍しく言い切っている。
読者の代表の反応である千雨は電子妖精に「ボーゼン」と突っ込まれながらも
今一度の確認をネギにするが、ネギももともとの性格どおり「冗談も嘘も得意じゃない」
理論的にOKで予備試験もしていると回答する。

ただ、実験をしたとするとまき絵、亜子、裕奈とパクティオーをした4日間のダイオラマ球の中しかない。

後可能性としてはその中でエヴァのスクロールを使った可能性しかない。

どちらにしろ完全に描写がないので千雨が「いつ!?」となるのも無理はない。

まぁ、72時間でいろいろな魔法開発をしていた過去の例を考えるとj舞踏会前の切欠から
時間はかなりたっているのでネギが実証したとしても違和感はない。
理論が完全であるとしてもネギからあやかの協力も必要と言及している。

この点は普通に考えると金のてんを創造しやすいが、個人的には政治的なものであると考えれれる。
それは幻燈のサーカスでナギが雪広の親父さんと面識の描写があり、赤き翼と雪広コンチェルンにつながり
があるという知見がここかその前からネギの中にあると考えられる。

つまり政治的に現実世界の火星についての権利について魔法使いの要人と雪広コンチェルンの力を利用して
政治的に解決を図ることは可能である。

実際に、超線でも問題解決にネギは問題解決のためにあやかを利用している過去がある。

しかし、ザジ姉はその回答に対して正体を表しながらねぎにしんじられないと 答える。

大方の想定どおりの魔族の招待を表したザジ姉。
千雨の突っ込みにたいsてぼけるまき絵にさらに突っ込み電子妖精・・・・

まき絵の「魔族ってあの?」との質問にザジ姉は律儀に答える「魔族の偉い人」だと・・・

そして千雨はザジ本人もおなじ魔族であると気づく・・・・

それはともかく
ザジ姉とネギの話は平行線として決裂する。

ザジ姉の魔法攻撃が発動するがそこに起きた武道四天王。

おそらくは楓の筆対応したと思われる。

ネギが幻燈のサーカスから脱出したことで他の面子の降下が揺らいだらしい・・
しかし、楓の夢がじじばばとゆったりと過ごすは読めない・・・・・

祖父母が育てたことは新しい情報だが、まだ両親の情報は出てこない・・・・

一方夢の詳細がでていないハルナは世界征服・・・魔法世界に着てからの夢の実現が夢であったんだろう。。

追い詰めにかかるザジ姉は「完全ある世界」の発動を開始しようとする。
未知数の能力のザジ姉に対しネギが対抗しようとするが龍宮が自分が止めると反論する。

そして実際に対応できると見せることでネギを黙らせ、龍宮はザジあねっを起こした先に
追っていく。

超戦であればもう少し自分で対抗していたが今は仲間を信じるようになっているため
苦渋の顔をするが先にすすむネギであった。

一方龍宮はザジ姉から超戦のときの対応を指摘される。

しかし、龍宮は自らネギを信じるといって魔族化を開始する

今回は細かな突っ込みもあるが、展開が斜め上を走り続けている。

今週の見所
まき絵と千雨の漫才とそこに突っ込む電子精霊

今週の一枚
ザジ姉と厚み矢の変身シーン

次回は先にすすむはず・・・

楓か?対デュミナス

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事