しけぱんのひまにまかせて園芸

Rパームに注文する方、相乗りさせて!!!

バナナ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

とっても恥かしいので
アップしたくないのですが、
何かの参考にでもなれば(泣、笑)
イメージ 1
結実2個!3週間くらい前の画像。

笑うしかないですね^^;

25ℓで栽培を続けて、
やっと地植えと思ったらすぐ出蕾。
満足に地下茎に栄養を貯められなかった結果か?
もともと株元が細く、多段は望めなかったのですが、
まさか2個とは・・・・・・トホホです。

地植えするからいいや〜♪

そう考えて肥培をしなかったツケがここで出ました。
鉢栽培は肥培が基本です。
せめてあと一月、出蕾が遅ければ地力を頂けたかもしれない事を考えると、
やはり、バナナ任せの開花の難しさを感じずにはいられません。

まあ、これでDオリノコは最後。

思い出にはなりました♪(強がり)


この記事に

開く コメント(4)

昨日は久しぶりにツーリング予定でしたが、
生憎の天候でキャンセル。
日曜日に順延となりました。

一日時間が空いたのですが、
この空模様では園芸作業も出来ないし、
ひまに任せた一日になりました。


それでも、
降雨続きでDオリノコは葉の展開を終え、
ラストフラッグ登場を確認出来ました

ドワーフ・オリノコ 
イメージ 1
前記事で葉詰まりをご報告いたししたが、
無事解消♪(前葉が開いたらすんなりと顔を出しました。巻き葉でないので楽です)

花苞は極端に小さいので(多分過去最少)
やはり25ℓ鉢使用の影響は大きいです。
一段か二段程度、雌花数本結実程度と思われます。
グランドナイン(キャンベンデッシュ種)でしたら
果指は小さいですが多段結実するのですが
オリノコ、カルゴ、などはダメです。

こんな事を繰り返しても何の意味も無いので
今後は25ℓ鉢で地植え株を生成するのは止めることして、
一年生株とキャンベ種のみにしようと思います。







この記事に

開く コメント(8)

地植え一号のDオリノコラスト株に短小葉が出てきました。

D・オリノコラスト株
イメージ 1
画像右の葉が短小葉。

草丈が低いのは長期渡り25ℓ鉢で窮屈な思いさせたから^^;
この草丈では収穫は残念ながら期待は出来ません。
出来ればもう一月先に伸ばせたら良かったのですが
こればかりは向う任せですので仕方ありませんね。

それでも本来の姿ではありませんが、花見と味見は出来ます。


しかし、問題はそこではなくて、
先日気が付いたのですが
新葉〜ラストフラッグ(止め葉)辺りの出方がマズイのです。
イメージ 2

これはヒゲの着いた葉と本来ならその後に展開する多分止め葉、ないしはその前葉。
つまり二枚の葉が詰め込み合ってしまっています。
要するに葉詰まりを最後の最後でおこしてしまっています。

思うに原因は、
地植え時期が少し早かったこと。

室内で成長再開した株は最低気温20℃に近い環境から
いきなり外に出されたのですから停滞を始めます。
私は紫外線順化ばかりに気を取られて成長スピードの停滞を軽んじたーー);

紫外線順化完了と地植えのタイミングは違う事など当たり前なのに
すっかり春の暖かさと気忙さでつい早々と地植えしてしまった。
室内最低温度と同等に最低気温が追い付くまで待つべきでした。

やはり当地ではGW辺りが地植えじきなのでしょう。


この状態で花芽が上手に顔を出せるか?

必要ならカットは出来ませんが
精一杯の手助けをしようと考えています。





この記事に

開く コメント(4)

お隣さんも園芸愛好家。

庭にヤシ、ユッカ等々のプランツ山盛り♪

そんな庭に唯一バナナが有ります。

「エンセテ・マウエリー」 ensete ventricosum  [Maurelii]
いわゆるレッドアビシニアン♪

そのエンセテは例年堀上越冬でしたが
お隣さんはこの冬は露地越冬に挑戦いたしました。

その結果が!
イメージ 1
相当の規模縮小で辛うじて中心に白い生命感の有る槍が覗きます。

これはギリギリ越冬した!
との観測でしたが、
お隣さんが念を入れて白い部分を引っ張ったら・・・・・・。
イメージ 2
手ごたえ無くスポッと抜けました^^;

やはり群馬でエンセテ越冬は難しいか?

ご存知のようにこのバナナは吸芽を出しませんので、
子株から再スタートとはいきません。
株が枯れたらそれっきり!

落胆する二人でしたが、
諦めきれず仮茎を切り詰めてみると・・・・・・!

奇跡が!
イメージ 3
抜けた新葉の下から新たな槍が出現!

一転歓喜の渦となりました。

この新葉は途中で切ってしまいましたが
ちゃんと先端を持っていましたし、
引っ張っても抜けることはありませんでした。


画像から判るように皮一枚でギリギリ芯腐れを免れています。

これはいけるんじゃありませんか?

腐った槍のしたから新たな槍とは
つまり、成長再開している証でしょうからね。


要経過観察です。


この記事に

開く コメント(2)

先日のDオリノコラスト株に続いて
グランドナインも植えつけました。
イメージ 1
手前グランドナイン、奥がDオリノコ。

先日は最低気温7度の日がありましたが、
この数日は二桁を記録していますので
耐寒性の劣るグランドナインでも良いと判断いたしました。
それでもしばらくは厳寒期の室内よりも低温に当たるので
今後成長が一時的に停滞する可能性がありますので、
数日は注意して見守ります。

そして
二株の間で槍が見えているのが地湧金蓮。
イメージ 2
やっと成長再開です♪
昨年詰まった吸芽を選っていますが、
新しいきゅう芽も確認出来ますので
今年もよく茂りそうです。

あと、
先日うれしいプレゼントを頂きました♪
イメージ 3

ナツさんよりバナナ三種♪

さっそく一房をリンゴ追熟。


その房が先日完熟いたしましたので
美味しくいただきました。
イメージ 4
やはりナムワは品の良い風味がありますね。

これらは飽きの来ない美味しさというところでしょうか。
実入りもこの時期としては最高なのでは?

私の所でこのような果実を収穫出来るまでは
まだまだ試行錯誤を繰り返さなければなりませんね。

毎年、バナナを植え付ける度に今年こそ!って思いです。


そして、秋には来年こそ!って(笑


道半ば。



この記事に

開く コメント(6)

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事