しげPの自転車日記

ぼちぼち写真にコメント入れてます。

マルワイ号(山口)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

山口スタッカード


山口スタッカード


イメージ 1


1

バタバタ館所蔵車

おしゃれなカラーです

当時の嫁入り道具だったのでしょうか









イメージ 2


68










イメージ 3


69











イメージ 4


70









イメージ 5


71










イメージ 6


72











イメージ 7


73









イメージ 8


74









イメージ 9


75










イメージ 10


77









イメージ 11


78













イメージ 12


79










イメージ 13


80









イメージ 14


81











イメージ 15


82









イメージ 16


83










イメージ 17


84









イメージ 18


85







イメージ 19


86











イメージ 20


87









イメージ 21


88












イメージ 22


89









イメージ 23


90










イメージ 24


91









イメージ 25


92









イメージ 26


93











イメージ 27


94










イメージ 28


95









イメージ 29


96













この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

マルワイギアクランク


マルワイ ギアクランク

1930年代中頃の山口軽快車に装着されていたと思われます。


イメージ 1

素晴らしい造りこみです



イメージ 2


ギヤ板は強度の出る最小限の幅を残して美しく切り抜かれています




イメージ 3






イメージ 4






イメージ 5

クランクとギア板はフラットに美しくカシメられています




イメージ 6







イメージ 7


クランクは細くペダル挿入部も薄く仕上げられています




イメージ 8







イメージ 9


クランクの裏側は深い丸溝が掘りこまれています




イメージ 10








イメージ 11






イメージ 12



さりげなく入れられたトレードマーク


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

山口號ハンドル


山口號ハンドル




イメージ 3



某オークションの画像を掲載させていただきました

素晴らしい造りのハンドルです

山口のどんな車体に装着されたのでしょうか







イメージ 2



ハンドルから下がり棒に接続する部分には

穂にYの豪華なバッチが七宝入りのボルトで装着されています







イメージ 1



美しいデザインのインベルセレバー

バーエンド部分は尖らせています

セル握りに山口の自転車の文字とマルワイマーク

引き上げ棒は内蔵されキャップでふさがれています

下がり棒との接続部の構造は特殊な構造にみえます

高額な落札価格に手が出ませんでした

地元の自転車店が保有していたので

訪問して実物を見てみたかったです

車体等は残っていないのでしょうか。

















この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

山口シルバー号 4

 
山口シルバー号の各部の紹介をさせていただきます
 
 
イメージ 1
 
サドルの革の状態は厳しい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
完全に脂切れ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
刻印に沿って亀裂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
全ケースは状態が良い
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
目玉の円の線引きは職人技
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
パテントのシール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
右椀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
左椀
 
山口オリジナルの全ケースの固定用のフランジ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
ハンドルステムの臼引き上げボルトの頭がなめていました
 
ヤスリで二面を研磨して廻しました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
ハンドルは廻るのですがまったくステムが上がりません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
車体を裏返しハンドルを足で踏んで固定し車輪を付けて引き上げようとしましたが
 
それでもコラムは抜けません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
結局引き上げボルトを全部抜いたらコラムはあっさり抜けました
 
 
ステムが臼の上側の部分で折れてロックナットの淵に引っかかっていたようです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
なんとか抜けました
 
 
ハンドルを高くセットしすぎていたのがコラムの折れた原因だろうと思います
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
ミツバ製のランプ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
金色アルマイトのダイナモ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
最後に巻紙の一部
 
 
 
 
 
 
全体を磨いてハンドルコラムを少し切り詰めれば他は整備調整でいけそうです
 
時間ができたら乗れるように組んで行こうと思います。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

山口シルバー号 3

 
山口シルバー号の各部の紹介をさせていただきます
 
 
イメージ 1
 
ハンドルは独特な山口式の形状
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
この車体はハンドルポジションを高く設定してありました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
浅上がり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
ハの字に開いています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
綺麗なライン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
握りは残念ながらノンオリジナル
 
ブレーキレバーにゴム製の滑り止めライン入りのスリーブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
赤ライン入りの前リムの状態
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
リムの朱色の錆止め塗装
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
当時のBEリムは必ずワッシャ入りで組まれています
 
スポークが少しニップルの頭から出ていますが耳付きタイヤでは問題ないようです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事