しげPの自転車日記

ぼちぼち写真にコメント入れてます。

片倉シルク号

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1
 
 
 
片倉シルク総合カタログ
 
昭和35年頃の手書き原画を印刷した豪華カタログです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 
片倉シルクロードスター
 
 
イメージ 1
 
1
 
以前バタバタ館で撮影した画像の中から
 
組み立て前のハンドル付きフレームと泥除の写真を紹介させていただきます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
2
 
ホーククラウンカバーにパテントNOの刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
4
 
ヘッド部分の美しく造りこまれたラグとヘッドバッチ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
12
 
ガラス製シルクマーク入りリフレクター付き錠前
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
16
 
右ワンに真鍮製の防塵防水カバーが見えます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
19
 
ハンドルのバルジ部、引き上げボルトの頭、厚いワッシャの美しい形状の仕上げ
 
 
最後の一枚の写真からだけでも
 
 
このシルクSK号の素晴らしさが伝わってきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

シルクロードスター

イメージ 127

イメージ 128

イメージ 129

イメージ 130

イメージ 131

イメージ 134

イメージ 135

イメージ 138

イメージ 139

イメージ 140

イメージ 141

イメージ 142

イメージ 143

イメージ 144


 
 
 
 
 

 
イメージ 122
 
 
 
 
 
 

 
イメージ 124
 
 
 
 
 
 
 
 

 
イメージ 125
 
 
 
 
 
 
 

 
イメージ 126
 
 
 
 
 
 
 
 

 
イメージ 132

 
 
 
 

 
 
片倉シルクロードスター
 
 
イメージ 1
 
1 
 
バタバタ館所蔵車 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
2
 
かなり状態は良いです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
3
 
ロードスターの高級車
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
4
 
オフセットホーククラウンから伸びる美しい曲がりの剣先メッキホーク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
5
 
特徴的なリアの松葉ステイ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
6
 
セル目玉を持つ全ケース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
7
 
SILKの文字が美しく打ち抜かれたギヤ板
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
8
 
TRADE MARK と SILKマーク
 
片倉工業株式會社
 
セル目玉の文字と外周部は裏側から文字型の凹みと外周部の凹みに
 
銅粉を練り込んだ塗料で描かれています
 
当初の金色が銅粉に発生した緑錆のために青く変色していまっています
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
9
 
BBシャフトセンターにマイナスネジで留められたシンプルなコッターピンカバー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
10
 
クランクのSILK刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
11
 
トレードマークの一部に当初の金色がかろうじて残っています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
12
 
 
目玉外周部にもごくわずかにオリジナルな金色が見られます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
13
 
全ケースの美しいデカールと二重金線引
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
14
 
凝ったデザインの全ケース固定金具 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 31
 
15
 
ダルマとナットによる松葉ステーの固定方式
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 32
 
16
 
美しくプレスされ金色で埋められたたSILKマーク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 33
 
17
 
凝った作りのオリジナルSILKサドル 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 34
 
18
 
銀面のダメージが少しありますが全体的には状態はよいです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 35
 
19
 
雨によるシミがありますが使い込めば目立たなくなると思います
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 36
 
20
 
SPECIALLY MADE
 
SILKに三本ラインの刻印
 
BY  KATAKURA  TOKYO
 
ELASTIC の刻印のとうりやわらかく弾力あります
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 37
 
21
 
鼻先バネは片側二本二重巻きの四重巻き
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
22
 
片側三本のベースに後バネは二重捻り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
23
 
裏補強革張り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
24
 
TAIYOのスタンプ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
25
 
豪華な仕様のサドル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
26
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
27
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
28
 
サドルバッチが欠落しているのが残念
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
29
 
サドルを前方に引けるようブリッジ金具は綺麗に曲げられています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
30
 
前方からの姿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
31
 
美しいSILKの大型七宝バッチ
 
凝ったラグカットに
 
肉抜きされた上下ヘッドラグ
 
さらに金色で胴抜きされ
 
とどめに金線縁取りされ
 
ヘッドチューブの中央に
 
誇らしげに貼られています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
32
 
シートチューブのSILKバッチと通産大臣賞受領デカール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
 
33
 
三本ラインとSILKのトレードマーク
 
東京
 
片倉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 27
 
34
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 28
 
35
 
それぞれのパイプに美しすぎる職人技の金線びき
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 29
 
36
 
とても手書きとは思えない
 
返りの曲線の美しさがたまりません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30
 
37
 
シートステーの繊細な返し
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 38
 
38
 
絵になる車体
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 39
 
39
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 50
 
40
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 51
 
41
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 52
 
42
 
鷲が掴む盾形ヘッドバッチは黄、白、青色の三色七宝焼ラインの下に
 
金縁七宝赤地に白抜襷掛にSILKの文字
 
何度見ても素晴らしいデザイン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 53
 
43
 
金地に赤白のSILKマーク付き額飾り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 54
 
44
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 55
 
45
SILKバッチ時オリジナル回転ベル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 56
 
46
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 57
 
47
 
ベークライト?製の握り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 40
 
48
 
繊細な美しい模様が入る美しい形状
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 41
 
49
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 42
 
50
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 43
 
51
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 44
 
52
 
ブレーキアーチにSILK刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 45
 
53
 
美しすぎる
 
返りの先端を一回捻った金線引きには唸らされます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 46
 
53-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 47
 
54
 
美しい曲線を見せる剣先鍍金ホークは上下返りの箱線引きで隙のない造り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 48
 
55
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 49
 
56
 
オリジナルホークエンドに設けられたダボにダルマでシンプルに留められた泥除ステー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 58
 
57
 
剣先鍍金は前方から見ると斜めにかっこよく塗り分けられ
 
塗装部と金線引で引きで分けられ引き締めています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 59
 
57-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 70
 
57-2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 71
 
58
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 72
 
59
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 73
 
60
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 74
 
61
 
前ハブの胴に翼付SILKマーク刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 75
 
62
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 60
 
63
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 61
 
64
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 62
 
65
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 63
 
66
 
SILKマークのバッチ付ヘッドランプ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 64
 
67
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 65
 
68
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 66
 
69
 
SIJKのバッチが貼り付けられたダイナモ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 67
 
70
 
 
美しいローレットが入れられ造りの良いヘッドパーツの形状が素晴らしい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 68
 
71
 
ロッドブレーキの連結クランク金具のSILK刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 69
 
72
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 76
 
73
 
オフセットホーククラウンに合わせ美しい曲線をみせるブレーキアーチ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 77
 
74
 
ホーククラウンカバーに特許の文字とパテントNOの刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 88
 
75
 
ダウンチューブの美しいデカール
 
MODEL ” SK ”
 
車名は SK号
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 94
 
76
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 95
 
77
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 133
 
 
THE  FINEST BICYCLE
 
EVER MADE  
 
KATAKURA TOKYO JAPAN
 
 
 
 
イメージ 96
 
78
 
ダウンチューブの円形デカールに SILK SK KATAKURA の文字
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 97
 
81
 
前泥除にはサイドの太い金線と箱型の細い金線で親子線引
 
 
silk
オリジナルフラップ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 98
 
82
 
前泥除のデカール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 99
 
83
 
鷲とSILKマークと
 
東京
 
片倉自転車株式会社 謹製
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 100
 
84
 
全ケースはBBシェルに直付けされた三点受け金具と
 
 
両チェンステーに受け金具にがっちり留められています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 78
 
85
 
太陽型のデカール
 
ポンデライト防錆処理の文字
 
フレームは下地に亜鉛鍍金されているようです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 79
 
86
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 80
 
87
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 81
 
88
 
左クランクのSILK刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 82
 
89
 
ペダルはノンオリジナル
 
シャフトカバーは光風マーク入り黒セルロイド
 
 
八つゴム は朝洋
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 83
 
89-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 84
 
90
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 85
 
91
 
BBシェルはシルクハンガーの文字と
 
SILKマークの刻印入り真鍮製カバーで豪華に飾られています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 86
 
92
 
Specially  Made  By  Katakura
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 87
 
93
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 89
 
94
 
チェンステーの返り付き金線引きと刻印入り内拡式ブレーキ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 90
 
95
 
クッキリと入れられた刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 91
 
96
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 92
 
97
 
KARASAWA
 
ブレーキメーカー名?の刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 93
 
98
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 101
 
99
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 102
 
100
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 112
 
101
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 113
 
102
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 114
 
103
 
後ろ泥除の小判型SILKプレスマークと親子線
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 115
 
104
 
シートラグの車体番号
 
三本のチューブに描かれた返りの金線と泥除けの金線のバランスが素晴らしい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 116
 
105
 
シートボルトのSILK刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 117
 
106
 
素晴らしい造りのブリッジ固定金具
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 118
 
108
 
後ろ姿
 
泥除けにバランスよく配置されたデカールやバッチ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 119
 
109
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 103
 
110
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 104
 
111
 
手書きによる親子線や曲線の美しさに息をのみます
 
 
 
 
 
イメージ 145
 
135
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 136
 
136
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 137
 
137
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 105
 
112
 
美しい翼形の七宝ステーバッチ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 106
 
113
 
太陽光の中にSILKのデカール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 107
 
114
 
大きく外側を回るステーで護られた素敵なデザインのリフレクター
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 108
 
115
 
 
鳩目で留められた泥除下端部の豪華SILKバッチ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 109
 
116
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 110
 
117
 
泥除けエンドは美しいラインにカットされ形よく少し反り上がっています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 111
 
118
 
泥除けの線びきの美しさ職人の技に脱帽です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 120
 
119
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 121
 
120
 
後ろハブのローレットが切られたグリスニップル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 123
 
121
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

高級シルク号 3

 
高級シルク号 3
 
 
イメージ 1
 
風格ある立ち姿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
美しく造り込まれた丸く厚みのある上ナットとローレット入りの算盤の駒状の上椀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
オフセットされたクラウンの形状に合わせたブレーキアーチの形状に注目
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
ロッドブレーキ下がり棒の下端部の回転部の造り込みは素晴らしい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
シンプルなクランクのコッターピンカバーはシャフトのセンターにマイナスネジで固定するタイプ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
車種記号のSKと車体番号9953
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
シートチューブと後ろ泥除けに配置されたデカールやバッチ、プレスマーク
 
金線引きなどは完璧なバランスで美しいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
造りの良い泥除け吊り金具
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
残念な右側クラウンカバーの凹みは分解して修正できると思います
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
オフセットクラウンの特許NOの刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
浅上がりのハンドルがよいです、額バッチが欠落しているのが唯一残念です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
SILK独特のデザインの後ろを絞った形状のセル握り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
シルクマークの刻印と真鍮製のグリップエンドが素敵です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
これから手を入れ磨き込んでいけば
 
また一台昭和の名車が蘇ることでしょう
 
 
レストア後の姿が楽しみです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

高級シルク号 2

 高級シルク号
 
 
イメージ 1
 
ダウンチューブの美しいデカール
 
SILK MODEL ”SK”
 
SKはモデル名
 
何の略でしょう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
トップチューブのデカールと金線はフレーム巻きのおかげで
 
状態良く綺麗に残っています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
シートチューブ下端部のデカールは残念ながら判読不明ですが保証票でしょうか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
チェーンステーの美しい字体のデカールも綺麗に残っています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
後泥除けの固定は直付けダボに鉄製のダルマを介して裏側から隠し留めになっています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
左側シートステイに装着されたダイナモとその泥除け
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
サンライト製
 
16V−6W  T.3V−0.5W
 
リベット留めされた真鍮製バッチがよいです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
高級車の証、鍍金荷掛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
内拡式ブレーキの刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 26
 
リアハブの刻印
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
錠前のレンズ、鍵、閂にもシルクマーク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
リムのSILKプレスマーク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
浅上がりハンドルの後ろ姿がよいです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
泥除けにオーナーの住所と名前が残っています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
泥除けステーの形状は泥除けを護る役目を果たしています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
シルクの特徴的な埋め込み型ティアドロップの白ガラスリフレクター
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
美しい翼形状の泥除けバッチ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
白ガラスリフレクターにSILKの文字
 
手引きの金線がリフレクターの形状に合わせて美しい曲線を見せています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
下端部の豪華なバッチのデザイン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
一部欠損していますが造りの良い真鍮製バッチが鳩目で留められています
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
気品のある後ろ姿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
前泥除けのデカールが判読不明なのは残念です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
前泥除けにも翼形状のステーバンド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
前リムのSILKプレスマーク
 
センターぶ黒帯に金線引だった痕跡がみえます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
前バブの刻印は不鮮明ですが磨けば蘇るでしょう
 
 
 
 
 
 
 
その3に続lく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事