ダエダルスとイカルス(2/2)



イメージ 1




Mox pater et filius Cretam reliquerunt, neque vero recta via Athenas in patriam suam volaverunt, sed nova libertate delectati in magnum orbem supra mare Aegaeum volare coeperunt. 
すぐ父親と息子はCreta島をあとにした、しかし、彼らの祖国、アテネへ向かう道は真っ直ぐではなかった、けれども、彼らを魅了した新たな自由は、大きな空中散歩になってエーゲ海の上空を飛び始めた。

Icarus despiciens multitudinem insularum miratus est: ""O, quot parvae insulae in mari ingenti sunt!"" 
イカルスは多数の島々を見下ろしながら、びっくりした。
オォー! 広大な海の中に、なんと多くの小さな島々があるんだ

Daedalus vero ""Illae insulae”” inquit ""haud parvae sunt, quamquam parvae esse videtur. 
そこでダエダルスは言ったあれらの島々は 小さくないんだよ、私たちには小さいように見えるけれども。

Icarus: ""Sed illa insula quae nobis a sinistra est multo maior esse mihi videtur. Quae est illa insula?"" 
イカルス: “ところで、僕たちの左にあって、僕にはとても大きく見えるあの島は。あの島は何て言うの?

Daedalus: ""Peloponnesus est, Graeciae pars, nec vero insula est, sed paeninsula, nam Peloponnesus terra angusta, quae Isthmus vocatur, cum reliqua Graecia coniungitur. 
ダエダルス: “ペロポネススだよ、ギリシャの一部で島ではなくて半島なんだよ、実際、ペロポネススは地峡(Isthmus)と呼ばれている残っている狭い土地で、ギリシャと繋がっているんだよ。

Prope Isthmum sita est Corinthus, urbs pulcherrima, nec procul absunt Athenae, patria nostra.””
地峡の近くにコリントスがあるんだ、大変美しい町で、私たちの祖国、アテネは遠くないんだ。

"Si altius volabimus, non solum Graeciam, sed paene totum orbem terrarum spectabimus"" inquit puer temerarius atque etiam altius se levavit. 
もし、僕たちがさらに高く飛んだら、ギリシャのみならず、ほとんど世界中の国を眺められるだろうね。そう言って、向こう見ずな少年は、そして、もっと高く上がっていった。

Illinc non solum magnas Europae et Asiae partes despiciebat mirans, verum etiam oram Africae procul cernebat, deinde supra se solem in caelo sereno lucentem suspexit. 
そこから巨大なヨーロッパのみならず、そしてアジアの地域まで、そしてまた、はっきりと分かる遠くのアフリカの海岸を驚きを持って眺めていた。それから、自分の上の晴れた空には、光輝く太陽を見た。

Statim puer, cupidus solem propius aspiciendi, quamquam pater eum monuerat, in summum caelum ascendit…””
少年はすぐ、父親が彼に警告していたにも関わらず、もっと近くで太陽を見たくなって、空中高く上がって行った




""Tum factum est id quod necesse erat accidere: ignis solis propinqui ceram, qua pennae iunctae et fixae erant, mollivit et pennas ussit.
それから起こるべきことが起こった、近くの太陽の熱が、翼を繋ぎ合わせて取り付けていた蝋を柔らかくして、そして翼が燃えてしまった。

Puer territus, lacertos nudos quatiens, in mare cecidit ac mersus est, neque pater ei auxilium ferre potuit. 
少年はぞっとさせられた、むき出しの腕を揺らせながら、海の中に落ちて行って、そして、溺れて死んだ。父親は彼を助けることは出来なかった。


イメージ 2



Ea maris Aegaei pars in qua Icarus mersus est a nomine eius 'mare Icarium' appellatur. 
イカルスが溺れて死んだエーゲ海のその海域は、彼の名前からイカルス海と呼ばれているんだ。


イメージ 3



Item insula propinqua, in cuius litore corpus pueri inventum est, etiam nunc 'Icaria' vocatur.
さらに、海岸で少年の遺体が発見された近くの島は、今もまだ’イカリアと呼ばれているんだよ。



.


みんなの更新記事