テーセウスとミーノタウルス (2/2)


イメージ 1
クレタ島(Creta)、ナクソス島(Naxos)、アテネ(Atenas)とエーゲ海(Mar Egeo)



Ariadna igitur in litus descendit atque huc et illuc currens multis cum lacrimis capillum et vestem scindebat, ut homines qui maerent agere solent - ita maerebat virgo miserrima, quae a viro quem ante omnes amabat sola relicta erat inter feras insulae sicut agnus timidus inter saevos lupos.
アリアドネは浜辺に下りて、あちらこちらを泣きながら走り、悲しむ人が常にするように服を破り髪をかきむしっていた、誰にもまして愛していた男から捨てられ、たった一人で野蛮な島に残された不幸な娘は、残酷な狼に怯える若い気弱な子羊のように悲嘆していた。



Ariadna Naxi relicta, Theseus ad patriam suam navigabat.
アリアドネはナクソス島に残されて、テーセウスは彼の祖国(アテネ)へ向かって航海を続けていた。


Interim pater eius Aegeus, rex Atheniensium, ab alto saxo in mare prospiciebat. 
そうこうするうちに、彼の父親のアテネ王アエゲウス(Aegeus)は高い崖から遠くの海の上を眺めていた。


Brevi navis filii in conspectum venit, sed navis rediens eadem vela atra gerebat quae abiens gesserat: Theseus enim post necem Minotauri vela mutare oblitus erat! 
しばらくして、彼の息子の船が彼の視界に入って来た、しかし、戻って来ている船の高く掲げている帆は出港した時と同じ黒い帆だった。実は、テーセウスはミーノタウルスを退治したあと、船の帆を取り替えることを忘れてしまっていた!


Itaque Aegeus, arbitratus mortem filii eo colore significari, sine mora de saxo se iecit in mare, quod a nomine eius etiam nunc 'mare Aegaeum' vocatur. 
そのため、アエゲウスは帆の黒い色は息子の死を意味すると思って、ためらいもしないで、崖から海の中へ身を投げた。そして、その海は彼の名前を取って、今もエーゲ海と呼ばれている。




.


みんなの更新記事