全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
     麗ちゃんの一番人気、“そば入りお好み焼き(770円)”
 
 広島駅ビルの2Fには、お好み焼き屋(広島風)さんが軒を連ねていますが、その中の一軒の“麗ちゃん”はいつも長い行列が出来ています。それとは対照的に、食事時でもお客の少ないガランとしたお好み焼き屋さんも数件あります。
 私はお好み焼きを食べるのに、わざわざ列に並んでまで待つ必要も無いと思っていたので、これまでは、比較的すいている決まったお店で食べていました。
 広島風お好み焼きはキャベツとモヤシがどっさり入っているので、ピッツァのような関西風お好み焼きに比べると、焼き上がりが水っぽくなるのは、仕方のない事だと諦めていました。
 これをヘルシーと感じるか、物足りなく感じるかは好みの問題だと思いますが、このあいだ私が食べたお好み焼きは、普段よりもさらに水っぽくて、もう当分のあいだは、お好み焼きはいらないと思っていました。
 しかし、お好み焼き屋へは一人でぶらりと入っても特に違和感がないのと、値段、ボリューム共に手頃なので、先日もついつい出かけてしまいました。
 午後2時頃、駅ビルの2Fへ行ったところ、いつもは長い列の出来ている“麗ちゃん”の待ち客は2人のみでした。これなら待ち時間も少なくて済みそうなので、私も待ってみる事にしました。
 この店へは数年前に一度入ったことがありましたが、その時は、おばさんたちがズラーと並んでお好み焼きを焼いていたのに驚き、広島のおばちゃんパワーに圧倒されたものでしたが、今は、おばさんたちの姿は無くて、比較的若そうな男性たちに代わっていました。
 カウンターの前に座って、目の前で繰り広げられる、何個もの、山盛りになったキャベツとモヤシが焼けるのを見ていると、それだけで腹いっぱいになって来るようでしたが、実際に出来上がったお好み焼きを食べ始めると、行列の出来る理由が良〜く分かったような気がして来ました。
 この“麗ちゃん”のお好み焼きはカラっと焼き上がっていて、他店のような、水っぽさをあまり感じませんでした。
 もし、他店の経営者が、行列が出来るほど繁盛している“麗ちゃん”を羨ましく思っているようなら、一度、麗ちゃんのお好み焼きを研究してみると、何か良い集客のヒントが見つかるかも知れません。
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事