全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

     普段はメガネの似合うインテリ芸人。確かにしゃべり声はええ声です。

    「麒麟です」でお馴染みの麒麟川島明くん。ルミネでネゴシックスと同じくらい久しぶりに会いました。なのにこの後関西テレビでも会いました。サタウマのゲストに来ていました。そして今度の27日に福岡で再び会います。数年会ってなかったのに1ヶ月で3回も会ったりします。芸人さんとの縁は本当に不思議です。相方の田村とはロケやプライベートでもよく会っていました。コンパをしたり。ところが川島とはなかなか会う機会がありませんでした。ただしボクは個人的に川島を気に入っていたのでラジオのゲストなんかに来るとよく話をした記憶があります。

    大阪の若手芸人はしばらくは劇場が主体なのでミナミ周辺に部屋を借ります。が、川島は何故か肥後橋というキタに近い方に住んでいました。当時の川島曰く「住み易い」と。正直交通の便もそんなにいい方じゃないし家賃もそんなに安くないのに住んでいました。ただ川沿いで落ち着いた雰囲気のあるいい場所ではありましたが、若手芸人が好む場所ではありません。当時からそんなに芸人さんとの交流があまりない川島にとって肥後橋は落ち着いた生活の出来るよき場所だったようです。そこで仕事が終われば誰よりも早めに帰りせっせせっせと絵を描いていました。それを自分の部屋の壁中に貼っていました。ボクも当時は変な奴やな〜と思ってました。「今は?」と尋ねると絵は辞めたそうです。本人曰く「あの頃はどうかしてました。もう目が覚めました」と。「人とも付き合わないで絵ばっかり描いてたらあかん奴でしょ?」と。「ほんまあの頃はあきませんでした。礼二さんのおかげで目が覚めました」と。実はある番組のロケで中川家が川島の部屋へ来ました。壁中に貼っている絵を見て礼二が「こんなもんやぶいてしまえ!」と全部やぶいて捨てたそうです。おそらく人付き合いもせずに絵ばかり描いている川島を気にはしてたのでしょう。礼二にやぶいてもらったおかげで目が覚めたそうです。ボク個人としては、人付き合いしながら絵も描いたらいいのにとは思いますが・・・。ま〜なんにせよ確かに少し明るくなった気がします。礼二ありがとう。

    ではお払いの意味もこめて、あの頃の川島よ去れ!!ハリセン一喝!!

    今は以前書いたネゴシックスと同じ地区に住んでいます。東京進出を決めた時に東京の事が全く分からないので先に東京へ出てきてたカナリアの溝黒に100万円渡して「ええ感じの場所探して」と頼んだところ見つけてくれたのが今の地域。どこに行くにも便利で家賃もそれほど高くない。若手芸人が住むにはうってつけらしいのですが、東京の芸人さんはあまり住んでいないそうです。もっぱら大阪から東京進出を果たした芸人ばかりが集まっています。どれだけこの地区がいいかと言うと、一度引越しを同じ地区内でしたそうです。そして東京へ来た川島をまたさらに人好きにさせたのが、同じ地区に住む先輩ケンドーコバヤシです。しょっちゅうこの地区で一緒に夕飯を食べたりしています。川島はNSC11期生の中川家礼二とケンドーコバヤシのおかげで明るくなりました。ちなみに今日大阪時代にコバが行き着けにしていたというお好み焼き屋へ偶然行きました。何故かコバのサインが何枚もありました。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

川島さんの過去のお話聞けてよかったですw
ありがとうございました!

2009/10/10(土) 午後 7:08 [ クエン ] 返信する

顔アイコン

この写真の川島さん、ちょっと怖いですね(^_^;)。
でも、昔の話を聞けてうれしかったです。
ありがとうございました。

2009/10/12(月) 午後 11:13 [ 付き人 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事