私の自画像

木工屋の二代目です。木工日記と日々の出来事などを綴っています。HPはコチラ→http://eisin-akari.com

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全93ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ダミー

みなさん。おはようございます。

だんだんと温かくなって来まして、少しずつ着ているものが軽くなってきます。

ラジオで「もう夏日だ」などと言っていました。もう少し穏やかな気候で行きたいなぁと思いますが。。

桜もそろそろ葉桜になってきています。
イメージ 1




少し前ですが、手付きの行燈の大きいのを作って欲しいと、サンプルでお作りしました。

光源はLEDなので天面の開口はありません。
イメージ 2


実はコチラの行燈はダミーで、中には消火器が入るそうです。側面には赤で「消火器」と表示が付きます。

ホテルの廊下などに同じ形の行燈と一緒に並べると言う想定のようです。
イメージ 3


なので、同じように光るんです。中心には消火器があるので側面の4辺からラインの光源で光るようです。

写真は普通の光源が入っています。
イメージ 4




もう一つ。コチラはカメラのダミー。

ある料亭での防犯カメラなのですが、カメラそのままっていうのはカッチョ悪いからイヤってことで、

壁掛け用の照明ブラケットの雰囲気で製作。コチラは特に光りません。
イメージ 5


全体を和紙で貼りますが、二本桟の所だけ開いていて、ここから見張っています。
イメージ 6


つまりこんな感じって事かな。おお、あなたは藤堂俊介係長!(ゆうたろう)
イメージ 7


こちらも係長。
イメージ 8

この記事に

春と言ったら・・・

イメージ 1

春キャベツ!いやいや桜でしょ。。

キャベツを食べ始めて約3年ほどになります。もうライフスタイルです。

普通のキャベツよりも柔らかくて美味しい!この時期ホントにお勧めです♪



新しい年度になって、すっかり春になりました。

年度末はかなりハードな毎日でして、ほぼ毎日が朝帰り状態・・・さすがにくたびれました(苦笑)。

短納期で頑張った甲斐もあり、いろいろ間に合ってみなさんに喜んで頂けました。よかったよかった。

相手の喜ぶ顔を見ることが、自分もうれしいと、こういう仕事を続けて行きたいと思います。



川辺の桜もきれいに咲きました。

わずか数日しか咲かない桜を、春になると日本人は心待ちにしますね。平和だなあ。
イメージ 3


あのお腹の大きな野良ネコ。ただのデブなのかどうなのか、まあ、人懐っこい。

エサちょうだいよ〜って、この川に来る人みんなにやってるんでしょうけど、

生まれるまでは何か気になる。
イメージ 2



近所のコンビニにも野良猫は何匹か居ますが、壁にはこんな張り紙が。エサあげないでって。
イメージ 4


雨降りの午前3時、猫達はお腹を空かしていることだろうね。また特にここのネコは警戒心が強そう。。

川のネコもここも、野良猫にとっては厳しい現実のようです。ノラ頑張れ〜。。
イメージ 5


イメージ 6




やっと休みが取れたので、日曜日に名古屋の鶴舞公園に行ってきました。

雨が少し続いていた事もあって、この晴れ間に大変な賑わい。

日本のようなお花見文化は海外では無いようですね。

久しぶりに家族で心地よい休日を過ごしました。花より団子、露店もたくさんあって楽しかったな。
イメージ 7

花は桜木 人は武士という諺があります。

花では桜の花が最も美しく、きれいに咲いて潔く散る桜のように、

人のうちには、死に際の潔く美しい武士が最も優れていることを表した言葉です。

日本人は桜の花=大和魂の典型とし、人生を投影するところがあります。

だが、あえて桜の美しさは散り際ではなく、朝日を浴び満開に咲いている姿であると断言したい。

みんながそれぞれの位置で精一杯に咲く姿、それが沢山集まってみんなで笑顔で咲く姿。

ここにこそ人生を投影させたいと思う。僕は大和桜の美に映える姿を残したいと思います。

この記事に

もしかしてだけど

このところ少しずつ寒さも和らいで来ている様な気がします。

寒い日もありますが、寒さの底は過ぎていて、一歩ずつ春に近づいているのでしょうか。

寒がりの自分としては嬉しい限りです。三寒四温と言わず、そのまま春になってね(笑)

我が家の梅も見事に咲きました♪
イメージ 1


近くの川の野良もひなたぼっこであたたかそうです。あ〜僕もゆっくり寝たいわ。。
イメージ 2







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




箱根のリゾートホテルの改装工事があり、新しい客室のスタンド照明をつくりました。

前回つくったものと同じタイプになります。

ツマミがないので、知り合いのCNCルーターの工房へ。
イメージ 3


前回との相違点はツマミの印刷。白い点が白のラインに変更です。
イメージ 4



背の高いフロアスタンドと低いナイトランプ。数量は少量(8部屋分)でした。
イメージ 5


イメージ 6


設置後の画像はこちらです  ⇒   http://kai-ryokan.jp/hakone/blog/20170227171700.html

無事に納まってよかったです。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




おまけ

とっても充実していて時間がないのですが、たまに昼休みにネコを見に行きます。

まだ若い野良かな?木片の付いたゴムで遊んでいます。こういうには見ていて楽しい。

ここら辺の野良ネコは、下手な飼い猫よりも愛想がいいです(笑)

かわいいと 言われるために 生きてます  って感じです。
イメージ 7


イメージ 8

もしかしてだけど、ちょっとお腹が大きいような。。

また罪もない子猫が生まれてくるか・・・。

この記事に

ご多分に漏れず・・・

イメージ 1

何とか使わない方向で過ごしていましたが・・・

昨年の年末あたりから、どうも見えにくくなって来まして・・・

今月末で44になるのですが、ちょっと早いのかな?

視力のいい人ほど早いっていいますが・・・老眼鏡。

いや〜、それにしても使い出すとやはりよく見えますネ!

文字を読んだり書いたりするのにストレスないし、寸法も拾い易い!もう手放せないかもね。

父が胸ポケットのあるシャツがいいと言っていましたが、あーそれ、よく分かる。

夏になったら着る服がちょっと変わりそうです。。










昨今はLEDの普及で白熱球の需要も少ない様に思われがちですが、意外とそうでもありません。

やはり電球特有の火を燃やしているあの色がいいんですね。特に癒しを求める所では。

まるで、電球の小径みたい。
イメージ 2


何種類かお作りしました。どれも調光が出来る仕様になっています。
イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5





おまけ

ひょんな事から、こんなものが1個だけ我が家に。

ロングキープブレッド。非常食用の備えのパンです。非常時ではありませんが、ちょっと食べてみました。
イメージ 6


イメージ 7

若干の風味と、多少水分が少ない感じ。でも決して不味くはありません。

しかしながら、コレは美味い!・・・とも言いがたい。。ごめんなさい。。

こういう備えは必要ですね。

この記事に

組子の箱

立春も過ぎて、暦の上では春と言うことですが、、まだまだ寒い。

如月二月。如月は着更着(きさらぎ・着る更に着る)だから、やっぱり寒いです。

そういえば如月ハニーは如月なのに薄着で頑張ってるな。

斯く言う自分も小学生の頃は、毎年ではありませんでしたが、

3学期の途中まで半袖半ズボンで過ごす、クラスに一人くらいいるような、そういう子供でした。

1シーズン越せなかったな。

今はもう無理絶対無理!早くホントの春になっておくれ〜。。




さてちょっと細かい仕事です。今回はモノクロ画像で。

二種類の組子。どちらもかなり細かいです。手前が2mm桟の4mmマス、奥が3mm桟の7mmマスです。
イメージ 1


3mm桟の方は、定番の松花堂弁当。コレの変化で、右は同じ面積で背が高い箱(身)。約2倍はあるかな。
イメージ 2


途中は端折って、こんなにたくさん作りました。うへ〜。
イメージ 3


もっと細かい方の組子は、この箱の蓋になります。こんな感じで三角形にしての意匠です。
イメージ 4


さらに結び目?リボン?の取っ手です。
イメージ 5


蓋の中央にくっつけます。
イメージ 6


で、こんな感じで完成で〜す。あ〜疲れたわ〜。
イメージ 7


イメージ 8


この箱、高級なホテルの客室で使うものだそうです。

どんな風に使うのかと言うと・・・

















イメージ 9


イメージ 10

こんな風に急須と湯飲みが入って、お客さんが最初に部屋に入って飲むお茶のセットの箱なんだそうです。

自分で言うのもなんですが、凝ってますね。匠の技です。







おまけ

試しで作った蓋、組子のピッチがもっと細かい。きれいに見えますが、材料に粘りがなくて桟が欠けまくり。。。

適当な鍋敷きのつもりが、ちょっとしたお盆みたい(笑)
イメージ 11

この記事に

全93ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事