私の自画像

木工屋の二代目です。木工日記と日々の出来事などを綴っています。HPはコチラ→http://eisin-akari.com

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全99ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

万葉庵

みなさん。こんばんは。

今月に入り東海地方も見事に梅雨入りしました。

雨が降らないと困ってしまいますが、やっぱり雨の日よりも晴れた日の方が気持ちも晴れていいなと思います。

そこで雨の日でも楽しくなる様に、自動車にはレインエックスを塗って視界をすっきり。

これで雨の日の運転も多少は楽しいものになります♪

訪れる状況は変えられず、代わりに工夫次第で楽しくなったり、気分よくなったりします。

とは言え、梅雨は早く明けて欲しいのが本音です(笑)
イメージ 1

雨に材料も濡れていますが、まだ挽いたばかりの材料なので、今の時期はあえて雨に当ててアクを流します。

ある程度になったら乾かす段階に入ります。だいたい一年弱も乾かせば使える材になります(長いね・笑)。




温浴施設の飲食店の看板行燈が壊れてしまって、とのことで同じものを作ることに。

ウチで作ったものではないのですが、外寸だけの図面とボロボロになった現物だけでの製作です。
イメージ 2


ちょっと角度の付いたものは、見た目にも面白く印象もいいのですが、

そういった傾いたものの制作というのは、実はいろいろ面倒なことが多いのです。

パネル構造ではなく、今回は柱構造、横桟を入れる溝を角度をつけて先に突きます。
イメージ 3


角度が付くと、右用左用というものが発生します。今回の柱はセンターで45度でお互いを合わせて柱にします。

上下箇所は後から木片をつけて整えます。
イメージ 4


柱の竿が整ったら位置を決めて角度を決めてカットです。写真の鋸刃は90度より若干傾いています。

また、横から見た台形の角度と、錐にするための角度は違います。

角度の出し方は、中学生くらいの数学と実測で算出しました。結局は実測です(笑)。

実際に仕事でよく使うので、本当は三角比をもう一度きちんと勉強し直したいと思っているところです。
イメージ 5


ちょっとだけ傾いているのがわかるでしょうか?

メインはビス留めですが、位置決めのためにホゾをつくり、これで柱が完成です。

この木枠は柱が肝要です。
イメージ 6


下の台座に角孔を開けてそこにホゾを入れ、ビスでがっちり留めてしまいます。
イメージ 7


ということで形になりました。これで高さ90cmくらいはあります。ちょっと大きめですね。

角度がばっちり決まった時の感じは、職人ならではのウレシイに尽きるものです(笑)。
イメージ 8


パネルが入るとこんな感じになります。

物が出来上がる手順というのは、職人さんによって順番も多少違いがあるものです。

自分の立てた手順できれいに出来た時は、ちょうど数学の問題を解いたような感覚に似ています。

もちろん嬉しいですし、多少自信にもつながります。
イメージ 9


色を塗って完成するとこんな感じになるのかな(画像拝借)。
イメージ 10


先週もいろいろ頑張りました。なんだかんだ言って一週間に1〜2回は深夜になっています。

もう少し仕事の段取りを考えないとね(車内からの撮影です)。
イメージ 11

この記事に

初夏六月

みなさんおはようございます。

初夏六月になり、随分日も長くなりました。

明け方まで仕事をすることも多いのですが、午前4時頃で薄っすらと空が明るいです。

これから夏に向けて梅雨になり、だんだん暑くなり、だけど夏至は21日でその日を堺に日が短くなっていきます。

実は以外にも夏って短い期間だったりするのかもしれません。

植物は秋に実りを残し次の年にバトンを渡すため、夏には大いに葉を広げに伸びて伸びて茂ります。

四季の移ろいを自分にも映しながら、この夏も頑張っていきたいと思います。

チミはどこからやってきたのかな?頑張っていこうね。
イメージ 1




随分昔に作った、ウォールナットの硝子ケースに引き出しをつけて欲しいとご依頼がありまして、

数年ぶりに自分の手元に帰ってきました。扱う人が良いみたいで、傷もほとんどありません♪

嫁いだ先で丁寧に使ってもらっているって、こういうのは職人さんにとってはウレシイものなんです。
イメージ 2


なるほど、こういう風にしたいんですね。
イメージ 3


ケースの作りから柱を介しての意匠にしたいという事で、ますは側面をこのように。
イメージ 4


コチラは引き出し部分。中の部材も全てウォールナットで作りました。
イメージ 5


本体部分とドッキングです。何となくそれっぽく見えてきました。

木の色が既に焼けているので、出来るだけ合わせようとしましたが、自然の産物なのでなかなか合わないね。
イメージ 6


ということで、何とか完成致しました。

仕上げはオイルフィニッシュ仕上げ。既存部分ももう一度塗り直して潤いを持たせました♪
イメージ 7


引き出しの取っ手は納品先でいいのを選んで付けるんだそうです。
イメージ 8

6月から新しいサロンがオープンするらしく、そこで使うものらしいです。ところで何を入れるのかな?





おまけ

先日郵便局に行って切手を買いました。

請求書など送るのに、受け取った先でちょっと楽しんでもらえればと、あえて記念切手を使っています。

意外と選ぶのも楽しいんですよ♪ さわやかな夏らしいデザインがいいですね。
イメージ 9

この記事に

森の切り株

みなさん。こんばんは。

ここ最近は投稿が1週間に1回程度になっています。

ホントはもう少したくさん投稿したいな、と思ってるんですけどね。

「週刊えいしん」ってことでよろしくお願いします♪



パスコの超熟イングリッシュマフィンを買ってきてちょっと作ってみました♪

レタス、たまご、ちょっと焼いた分厚いハム?、あとこれにスライスチーズを乗せます(^0^)
イメージ 1


とりあえずツマ用で、ブラックコーヒーではなくコーヒー牛乳です(笑)

ちょっとマフィンをトースターで焼いた方が美味しかったな。

次回はそうしよう。リベンジはいつになるかな?ですが(笑)
イメージ 2




菓子パンはカロリー高いことは分かってるんですが、たまにね食べたくなるのです。

パンはどれも基本的に好きです。個人的にお好みはデニッシュ生地のパン、やっぱりこれは美味しいね。

そんなパンを使って、随分昔にもやったけど、ちょっとした遊び心。

いろいろ仕事で時間が無いからね。こう言う時こそこういう楽しさが大事なのかもしれません。



フジパンの「森の切り株」

選ぶ基準は形と大きさ、これはいいかも♪
イメージ 3


中に仕込んでこうなりました。どうかな?個人的にはやっぱり楽しいな〜って(^0^)
イメージ 4


もちろん中だけをくりぬいて食べて、中に電球を仕込んだだけの簡単遊びなんですが、

実は一回失敗して表の切り株部分まで破いてしまって、また買いに行って、もうお腹いっぱいなんです(笑)
イメージ 5



2つめを買いに行った(別のスーパー)時にあった塩パン、おお、これもいいね。
イメージ 6


思ったよりも油分があって、表面が硬かったけど、こっちの方がいい感じに見える。美味しそうに見えるかな?

そして撮影後は胃の中へ、これも美味しかったです。

遊びだけどパンのあかり、

決して食べ物を粗末にしてるつもりはないんですけどね。

楽しんでもらえたら幸いです。
イメージ 7






おまけ。

ちゃんと仕事もしていますよ(笑)ホントは遊びの方がおまけだと思うけどね。

照明の仕事以外でも、ウチで出来ることはいろいろやっています。

今回は「土足厳禁」の看板。以前納めたお寺さんのところへ行きます。
イメージ 8


文字入れ、塗装は納品先です。

見た目簡単な作りですが、中は実や臍を入れて整えています。

材料は柾目の細かい天然秋田杉。今では伐採禁止になってしまった貴重な材なんですョ。
イメージ 9

この記事に

さらし黒竹

みなさん。おはようございます。

仕事の方は一段落ついたってわけではないのですが、一応日曜日は休めるように頑張っています♪

一度リセットしてまた今週も頑張って参ります。週のはじまり、張り切って行きましょう(^0^)


前回の記事にもありましたが、特注で竹を意匠にしたブラケット(壁掛け用のあかり)の制作です。

一部に異なる素材を意匠として入れるのは、ちょっと面白いですね。

このような竹を割っていきます。
イメージ 1


傾斜盤で割って厚み4mm程度まで薄くしなければいけないので、後はベルトサンダーで整えます。
イメージ 2


枠に組み込んで、一枚ずつの面にしていきます。

この枠のお互いが接する辺を全て45度にカットして立体にしていきますよ。
イメージ 3


パット見あまりわかりませんが、こうすることでどの面も柾目が出るようになります。
イメージ 4


放熱孔をつけるためこのような、コの字の枠をつけます。

通常は橋から桟を一本渡すんですが、今回は竹があるのでこのような形になりました。
イメージ 5


紙を貼ると竹の意匠がよくわかります。
イメージ 6


最後に点灯。あまり竹の意匠が分かりにくいですが、もう少し明るいところでの使用になると思います。

違う素材を一部取り入れたあかり、ちょっとしたアクセントかな。
イメージ 7




おまけ


地元の泳げたい焼きくん、ここは季節によってたい焼きの販売をお休みするんです。

「たい焼き屋のくせにたい焼き売らないたい焼き屋なんです」って店主はいってました(笑)

味はもちろん美味しいたい焼き、またここで買いたいな、と思わせれば大成功ですね。
イメージ 8


形も面白くて、普通の形ではないたい焼きです。餡子が美味しいと感じる歳になりました(笑)
イメージ 9

今の時期はたい焼きの代わりにカキ氷に力を入れているんだそうです。また行こう♪

鯛焼き夢工房つくりた手 ⇒ http://tukuritate.web.fc2.com/index.html

この記事に

図書カード

みなさん。お早うございます。

GWが明けて一週間、初夏の陽気かと思えば、寒い日もあり、半袖と長袖を交互に使い分けて過ごしています。

沖縄では既に入梅したとラジオでも言っていました。

昨日は東海地方もかなりの大雨、このあたりももうすぐ入梅でしょうかね。

工場近くの名前も知らない花。入梅する前の皐月の穏やかな気候を楽しめたらと思います。
イメージ 1


イメージ 2



さて、表題にもありますように、子供が子供会や学校などで、今まで貰ってきた図書カード。

溜まりに溜まって、こんなにたくさんになりました。
イメージ 3



そこで、このカードを使って買いました!ドドーンとね。

広辞苑第七版、新たに盛り込まれた言葉を搭載して10年ぶりの改訂です。

本当はもう少し早く購入してあげたかったのですが、このタイミングになりました。
イメージ 4


電子辞書に対して全然コンパクトじゃないし、重たいし、字は小さいし。

でも引いた言葉の近くの言葉も一緒に目に入るし、子供には何かとこっちの方がいいんです。

昔購入してあげた辞書は、「ドラえもんの国語辞典」なので、当然語彙の量が圧倒的に違います。

林修先生が、「広辞苑は引くものじゃない、読むものだ」とテレビで言っていました。

その言葉を聞いてか、以前から長男も欲しがっいましたし、

僕自身も広辞苑があるといいなと思っていましたので、思い切って購入です(図書カードですが・笑)。

言葉を覚えるのはホントは読書がいいのでしょうけどね。
イメージ 5


実は我が家にはもう一冊広辞苑があります。広辞苑第二版、かなり古いです。

僕が子供の頃からある辞書ですから、かれこれ30年以上は昔です。

もう表の黒いカバーも無くなって、外のカバーもボロボロです。

いっぱい引いて、いろいろ覚えればいいと思います。
イメージ 6






おまけ



夏を先取り?って訳じゃないけど、涼しげにところてん。こっちの人はところてんを箸1本で食べます。

って言いますが、やっぱり食べにくいので、箸2本で食べてます♪
イメージ 7


次はこんな竹を使います♪
イメージ 8

この記事に

全99ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事