7月21日㈰ みんなでつくる歌声広場

 宮城のうたごえ協議会主催のコンクールの日です。
7月13日㈯ きらめく星のコンサート

 毎年参加しているきらめく星のコンサート。いつもは会期の始めの方でしたが、今年は最終日の前日。6月30日に宮城のうたごえ協議会主催のぞうつながりコンサートで「ぞうれっしゃがやってきた」全曲を演奏したばかりなので、曲目は勿論「ぞうれっしゃがやってきた」の曲を抜粋。ソロを含めた4曲でした。
 「動物を殺せ」「悲しみの日」「いくさの終わる日まで」「ぞうれっしゃよはしれ」の曲で、空襲警報の音で始まりました。動物を殺せという重い内容なので、会場の皆さんはびっくりしたようです。仙台空襲に合わせた行事ですが、私たちのように暗い内容の曲を歌う団体は他にいません。朗読の会だと沖縄の戦時中の詩をよんだりして結構重い内容だったりするのですが…。
 会場はシーンと静まり返って私たちの合唱をじっくり聞いてくれました。「良かった。」「涙が出た」との感想が聞かれました。

6月30日 ぞうつながりコンサート

 東北の仲間も加わり、子供も含めて300人以上の出演者による、ぞうつながりコンサートの日です。会場はイズミティの大ホール。第一部が東北各県一団体ずつの演奏なので、先に東北各県のリハーサルでした。残念ながら、係の仕事でリハーサルは聞けませんでしたが、ロビーに漏れてくる歌声は中々のものでした。
 次がぞうれっしゃのリハーサル。子供も大人も一生懸命です。私たちみやぎ紫金草合唱団は昨年から折に触れて練習しており、直前のレッスンも丁寧にしていただいたので安心してリハーサルに臨むことができました。
 昼食休憩の後、本番が始まりましたが、出演者が鑑賞する席は無いという事で、急遽控室を開けてゆっくり休みました。
 いよいよ『ぞうれっしゃがやってきた』の本番。いつもと違って男性が多いので安心して聞くことができます。子どもたちの声も動きも微笑ましく、指揮の小林さんもいつになくにこにこと指揮してました。覚えたつもりでも多少の言葉の間違いはありましたが、それもご愛敬。300人の大合唱が無事終わりました。

6月21日 ヴォイトレ

6月21日㈮ ヴォイストレーニング

 月一回のヴォイトレの日です。今日はみんなでつくる歌声広場に歌う「エジプトから来た女の子」全曲を指導していただきました。発表の前だからでしょうか、結構団員が集まりました。
 ヴォイトレではここが下がっているからではなく、こんな風に発声してみなさいと言われてやってみると音も上がっているから不思議!直ぐに忘れてしまうのが…。
 今月末のうたごえ協議会主催の平和コンサート「ぞうれっしゃがやってきた」の練習も重点的にやり、演奏会に歌う学校シリーズも4曲ほど練習しました。
 

5月24日㈮

5月24日㈮ 第4金曜夜レッスン
 
 今日のレッスンは元団員作詞の「紫金草」から始まりました。11月の演奏会に向けて、「花のうたメドレー」から「アンジェラスの鐘」「今この時代に」「平和のおたより」と練習が続きました。沖縄関連の「童神」「辺野古崎の風に吹かれ」の練習もありました。みんなでつくる歌声広場の曲としては「きみとぼくののラララ」1曲だけでしたが、15分ほど重点的に指導していただきました。
 そして最後は、『ぞうれっしゃよはしれ』から3曲。「それではしつこいですが3曲目をやります。」と「雪よふるな」からでした。「男声は最初の出だしの音をしっかりとってくださいね。」と言われたのにまず、出だしからやり直し。次にソプラノの音が上がりきれずにダメ出しいう具合。「悲しみの日」「いくさの終わる日まで」と3曲続けて練習しましたが「見るからに苦手なパターンがそれぞれに」という小林さんの指摘通りの練習でした。
4月19日㈮

 松本先生のヴォイトレから始まる第3金曜夜練です。体操・発声もそこそこに曲のヴォイトレが始まりました。今日は先月のレッスンで丁寧にできなかった花うたメドレーの「四つ葉のクローヴァー」からです。女声合唱なので、まず女性だけ。女性同士なので先生の指摘はなかなかシビア。気になることが多いんでしょうね。ご指摘に直ぐ答えられないのが申し訳なく…。次が男声から始まる「アマポーラ」うーん、中々リズムに乗れないのは何故?思わず一緒に体を動かしてました。
 1時間のヴォイトレの後は、小林さん指導、上野さん伴奏の合唱練習2時間。学校シリーズの「ぼくらの学校」はサラッと。「クラス会で」は25分もしっかり練習。「地上の星」は通すだけで良いねと言いながら、22分もやってました。全部で7曲の練習をみっちりとやっていただいて充実の練習でした。
4月13日 第2土曜昼練

 土曜昼練月2回が始まってから4ヶ月。未だ皆さんの生活に定着して無いようで、今日も9時前に到着した方がいらっしゃるとか、生活を変えるのは本当に大変ですね。そう言えば、一週目の6日のレッスンを忘れた方もいらっしゃったかも…!お友達とレッスンについて連絡しあえるととても良いですよね。
 2時間しか練習できないのに、今日は、11曲も練習しました。短い時間に11曲もやるなんて、指導の小林さんも大変だろうなと思う次第。集中して練習しましょう!!
 

1月8日㈮

 沖縄の写真を撮り続けている嬉野京子さんを迎えての集会だったので、『童神』を歌おうと会場の戦災復興記念館に出かけました。他団からの参加もあり、特に若者が参加してくれて、アップテンポの曲にはリズムに乗って歌うことができました。「童神」「HEIWAの鐘」「タンポポ」を歌い終わって座席に戻ってくると、隣の席の方に「素晴らしい合唱でした。有り難う!」と言われて恐縮。時間切れで少し物足りなさが残りましたが、写真を見ながらの嬉野さんのお話も素晴らしかった。
 次のレッスンでは、指揮の小林さんから、「あの会場で、あんなに歌えるとは思わなかった。」と珍しく褒められました。

2019年2月2日㈯ 団総会

2月2日㈯ 団総会&新年会

 今年は日うた祭典が1月にずれ込み、1月12日には出演があったりしたので、例年は1月はじめに行う合唱団の総会が2月になりました。団の歴史上初めての事です。風邪をひいて出られなくなったり、家族の介護で出席できなくなった人もいましたが、沢山の団員が時間までに集まりました。昨年を振り返り、今年の方針を決定。団員の減少により、少々団費を値上げすることになりました。
 少し休憩をして、そのままバラライカで新年会が始まりました。団員の伴奏で歌を歌ったり、バラライカさんの演奏を聞いたりし、最後に一人一人今年の抱負を発表して新年会が終わりました。
1月18日㈮ フェルメール展・記念音楽会

 上野に着いて昼ちょっと前に、上野の森美術館でフェルメール展を見ました。コーヒータイムをして余り混んでいない時間を目指したのですが、やはり、フェルメールの絵の前は人ごみが凄く、隙間をぬって鑑賞しました。
 お昼を食べながら話をしていたら国会議事堂に行ってみようという事になり、行きました。外から簡単に見学すれば良いと思っていましたが、見学を申し込めることが分かり、申し込みました。見学できるのは衆議院の議場とその周辺だけでしたが、案内の人がいろいろ説明してくださって、傍聴席に座ってゆっくり議場を見ることができました。
 夜19時からは記念音楽会。会場は上野の森美術館の隣りの東京文化会館大ホールです。女性4人グループの5曲は圧巻でした。

1月19日㈯ 70周年記念日本のうたごえ祭典 PeaceFesta

 12時半からのHumanFestaの出番は一つなので、リハーサルも簡単に済みました。私たちは国際交流のステージで「平和の花 紫金草」を1曲歌っただけでしたが、私たちの前の韓国中・高校学校のグループは、人数が少ないのに澄んでいて素晴らしい歌声でした。
  16時からのPeaceFestaは沢山の団員が「ぞうれっしゃ」と「福島を忘れない」の両方に参加です。本番では間に1コマあるのにリハーサルは続けてあり、2階席から1階に降りるのに階段が見当たらず、ほとんど一周を息を切らして移動しました。こんな大変な事になるとは…!本番の前に何とかしなくちゃとMさんと会場を回り、何とか最短距離を見つけておきました。「ぞうれっしゃ」の座席もいつの間にか移動したりと色々ありましたが、無事終了。
 最短距離を移動して「原発0の世界を 福島を忘れない」のステージです。まず最初に震災後の映像が流れて
震災当時にタイムスリップ。小林さんの1曲目の前奏もいつになくやわらかです。途中で、福島から避難して訴訟を起こしている神奈川の女性の話は胸に迫るものがありました。最後の『子どもの大空』は神奈川訴訟の方の想いを考えると涙が止まりませんでしたが、少しでも想いを伝えたいとの気持ちでただただ歌いました。

1月20日㈰ 合唱発表会

 職場の部の合唱発表会です。今年は朝早い出演ではないので例年よりずっと楽。頼んであったお弁当を受け取りに行って頼んだ人たちに配布。お腹を満たしてリハーサルへ。あっという間にリハーサルが終わっていよいよ本番です。男声の声も良く聞こえ、まあまあの発表かなと思いました。東京に転居した元団員のTさんとSさんも応援に駆けつけてくれたのが心強かったです。
 その後、オリジナルコンサートに出演する団員の応援に東京在住のTさんたちと一緒に移動。忙しかったけど充実の一日でした。
 

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事