全体表示

[ リスト ]

8月9日(土)
 
 全国教育のうたごえ祭典in群馬に出演のため、新幹線に乗り合わせて出かけました。 
 会場は群馬高崎駅からバスで約30分程の榛名文化会館エコールです。指揮の小林さん・伴奏の上野さんも含めて総勢25人。着いて一息つくかつかないうちに宮城教職員合唱団「ひまわり」のリハーサルが始まり、団員10人が参加のためリハーサル室へ。終わってすぐ、紫金草のリハがホールで行われました。
 1時半、いよいよ合唱発表会の開始です。前半は開催県群馬の発表会。7団体参加でした。
 教育の部は3時頃から。民謡あり、小編成あり、親子ありと多様な形態で17団体の参加。みやぎ紫金草合唱団は8番目、ひまわりは12番目の発表です。「小さいホールならその人数でも大丈夫。」と小林さんに言われた言葉に恥じないようにと心がけて歌いました。始めは音程が不安でしたが、徐々に調子を取り戻して、最後には会場いっぱいに響けと声を張り上げました。終わってすぐ帰らなければいけない人が数人いましたが、殆どの人は伊香保温泉にお泊りなのでしばし歓談。 
 やや時間おいて、いよいよ発表です。合唱の部の推薦の一番最初に呼ばれたのは我がみやぎ紫金草合唱団。みんなで思わず拍手!期待はしていましたが、もしかして呼ばれなかったらという不安もあったのだけれど、呼ばれて一安心。「ひまわり」も準推薦の一つに選ばれて良かった。
 貸し切りバスに乗り合わせて、伊香保温泉『天坊』へ出発。着いたら温泉に入る時間も無く、大交流会です。  この交流会では日うたグッズを売っても良いと言われていたので、各団の出し物のときに日うたとグッズの宣伝もしました。もちろん出し物は「みやぎ名物アイウエ音頭」。皆で日うたTシャツを着て踊りました。お蔭様でたくさんグッズが売れました。
 終わったのが10時なのにその後全国教育のうたごえ協議会常任委員会に二人参加。ほかの人たちは祭典の被災地歌う会の相談で遅くまで話し合い。どちらの人も午後11時までの岩風呂には入れずじまいで残念。
 
8月10日(日)
 
 台風の影響で朝から雨降り。殆どの人が観光オプショナルツアーを申し込んでいて、野外の榛名湖や牧場コースの人たちはおもちゃ博物館に予定変更。これが意外と好評で結構楽しめました。世界遺産になったばかりの富岡製糸工場コースは予定通りで、高崎だるまに名入れもでき、皆さん満足でした。
 午後は14時半から榛名文化会館エコールで大音楽会。現地の皆さんの『焔の記憶』と『ぞうれっしゃがやってきた』全曲の演奏。我が団からも『ぞう…』に3人参加でした。
 帰りの列車では皆さんゆっくり歓談、楽しい時間を過ごしました。
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事