ココロもカラダもハッピースマイル

〜 大阪(堺・高石)在住セラピストからのメッセージ〜

美容/健康

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1

日頃の立ち仕事、外回り。しかもこの寒さで足もカッチカチ。
足の疲れを取って、軽くなりたーい!という人に。

用意するもの

●硬い棒状か筒状のもの
(ある程度の太さがある方がいいと思います。木の棒、ワインのビンなど)

立って、片足の足の裏をその棒に乗せ、もう片方の足でバランスを崩さぬよう支えます。
で、棒の上の足の裏を少し棒に押し付け気味に、自分の体から離れるように前へ転がし、
そして戻ってきてを繰り返します。ずっと棒は土踏まずのエリアを行ったり来たりです。

・注意点 
少し床方向に押し付け気味に。土踏まずがグリグリされる感じ。フワフワ棒が当たってるだけでは、
効きません。
硬いものでないと危ないと思います。特にビンは。ビンは滑りやすいとバランス崩すかもしれないので、
タオルを巻くなりしたらいいかもしれません。

*行う場合にはバランス、安全に気をつけて下さい。自己責任でお願いします。
あくまでも僕がやってる方法のご紹介なので、責任は負いかねます。

では、春に向けて猫のようなしなやかな足を取り戻して、新しい事に恋にチャレンジしましょう!!


心と体の癒し処  蓮庵(http://ren-an.com

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

美しい足って

女性のお洒落な靴は美しくありたいという想い、努力の賜物だと思うので、
素晴らしいことだとは思うのですが。

ふと周りの女性の歩いてる後ろ姿を見てみてください。自分の足が犠牲になって、
悲鳴をあげている方が多いことに気づかれると思います。

積み木を想像してみてください。一番下のブロックが大きく傾いてしまったら、
上のブロックはどうなるでしょう?

それを倒れないようにするため、骨盤、腰周り、上体の筋肉が必死に頑張っています。

美しさとは、力が抜け優雅に流れることやバランスではないでしょうか?

意識が高く、靴をしっかり選んだり、自宅でケアされている方もたくさんおられるでしょうが。

体のプロとして、悲鳴をあげている身体を見ると、かわいそうに思ってしまいます。
自分の身体、大切にしてあげてくださいね。彼氏のためのお洒落も楽しみつつ。



心と体の癒し処  蓮庵(http://ren-an.com

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事