ここから本文です
KEIHI旅日記

書庫全体表示

 こんばんは。『KEIHI旅日記』の中の人、KEIHIと申します。今回は、前回の更新と同様に静岡県浜松市が舞台となるアニメ作品である『ガヴリールドロップアウト』の記事をご紹介させて頂きます。
 尚、今回は紹介する場所がほとんど無い為、いつもの記事よりも短縮版になります。そして、タイトルにありますように、今回は第2話の舞台を紹介させて頂きます。
 また、『第1話の記事』もご紹介しておりますので、宜しければ合わせてご参照下さい。

①『ガヴリールドロップアウト』とは
イメージ 1

 2017年1月から3月まで放送予定の日本のテレビアニメです。略称は『ガヴドロ』と呼ばれております。
 天界にある「天使学校」を首席で卒業した主人公のガヴリールは修行のため人間界に下り、高校に通うこととなりました。「立派な天使になって人間達を幸せに導く」と誓った彼女でしたが、下界の様々な楽しみを知ってしまい、いつしか「ドロップアウト」して自堕落な生活を送るようになってしまっていた。…という何とも微笑ましいファンタジー作品となっております。

②『浜松市』の交通アクセスについて

 新幹線、在来線、遠州鉄道線、バス、タクシーと、浜松市の交通の基点となる『浜松駅』を今回の旅行の基点とさせて頂きます。

□浜松駅⇔名古屋駅
新幹線で49分【片道4,420円】…乗り換え無しで、早くて楽チン!
在来線で1時間47分【片道1,940円】…乗り換え1回ありますが、断然お得!
自動車で1時間46分

□浜松駅⇔新大阪駅
新幹線で1時間48分【片道8,420円】…乗り換え無しで、早くて楽チン!
在来線+高速バスで6時間58分【片道4,060円】…寝ている間に現地へ!お得です!
自動車で3時間19分

□浜松駅⇔東京駅
新幹線で1時間46分【片道7,770円】…乗り換え無しで、早くて楽チン!
高速バスで5時間19分【片道3,880円】…寝ている間に現地へ!お得です!
自動車で3時間15分

③『ガヴリールドロップアウト』と舞台探訪

 『ガブリールドロップアウト』は、浜松市が基点となる舞台のアニメとなっております。今回は、基点ごとに分けて舞台の紹介をさせて頂きます。但し、今回の舞台紹介は諸事情により、場所を伏せさせて頂きます。ご了承ください。


□浜松駅を基点に行動

①マックスバリュー〇〇店
→当作品の舞台が、第2話より県外の舞台が存在していることが判明しました。その為、モデルが浜松市にあるマックスバリューと断定するには材料が足りない為、特定の店舗とは紹介しない形を取らせて頂きます。
イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
→また、前回に引き続き作中の価格と実際の価格を比較してみましたが、実際の店頭の商品の方が全て価格が高くなっておりました。お野菜って、こんなに値段が高いのですね。。


□静岡県外の〇〇駅を基点に行動

①〇〇〇〇〇
→作中では、サターニャの家として登場しております。
→民家である為、詳細は伏せさせて頂きますが、現存はしております。
イメージ 6
イメージ 8

イメージ 7
イメージ 9
→スタンプでアパート名は隠さて頂いております。

イメージ 10
→当物件を取り扱っている不動産のHPで、同物件の建物内の画像を検索してみたところ、上記の画像の場所も存在するようです。運が良ければ、この物件もしくは同系列の物件で、既に生活している人もいるかもしれませんね。

 以上が、『ガヴリールドロップアウト』第2話の舞台探訪【聖地巡礼】の記事のご紹介記事となります。いかがだったでしょうか?
 現在の時点でまだ特定出来ていない案件は見つけ次第、追記させて頂きます。第3話以降の記事でも合わせて紹介出来たら嬉しく思います。

【注意喚起!!】
 ここで注意喚起を1点しておきます。今回ご紹介させて頂きました民家は、個人宅であるが故に、詳細を伏せさせて頂きました。ご了承くださいませ。
 また、舞台の詳細は伏せているものの、各々で舞台を特定して現地に足を運ぶ方々もいらっしゃると思います。近隣にお住まいの方々にカメラを向けてしまうとトラブルになり兼ねませんので、撮影の際は十分に周囲に配慮して自己責任で実施して下さい。よろしくお願いします。

それでは、また早いタイミングで更新出来るように努めたいと思います。ではでは。

※一部の画像を比較研究目的により使用しています。
作品の著作権(画像も含む)は
[©2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会]
にすべて帰属しますのでご注意ください。

この記事に

  • 顔アイコン

    見させてもらいましたよ
    いつもいいね

  • > ベイスターズCS行ったぞ\(^o^)/さん
    いつもご感想頂いて、ありがとうございます!見て頂いた上に、感想まで頂けること、毎回励みになります。自分が楽しいと思うことを紹介していますが、少しでも他の方にも共感してもらえるように、また次の記事を書いて行きたいと思います。

    [ KEIHI ]

    2017/2/10(金) 午後 9:09

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事