ここから本文です
KEIHI旅日記

書庫全体表示

 こんにちは。当方のブログをご覧になって頂いてありがとうございます。『KEIHI旅日記』の今回の記事は、タイトルにありますように、静岡県浜松市が舞台となっております『ガヴリールドロップアウト』の第9話に関する内容をご紹介させて頂きます。
 今まで特定出来ている範囲内ではありますが、第1話から第8話までの(+コラボカフェ編)『ガヴリールドロップアウト』に登場する舞台をご紹介させて頂きました。今回の記事のご紹介の前に前回までの記事もご紹介させて頂きますので、宜しければご参照下さい。


 2017年1月から3月まで放送予定の日本のテレビアニメです。略称は『ガヴドロ』と呼ばれております。
 天界にある「天使学校」を首席で卒業した主人公のガヴリールは修行のため人間界に下り、高校に通うこととなりました。「立派な天使になって人間達を幸せに導く」と誓った彼女でしたが、下界の様々な楽しみを知ってしまい、いつしか「ドロップアウト」して自堕落な生活を送るようになってしまっていた。…という何とも微笑ましいファンタジー作品となっております。


②『浜松市』の交通アクセスについて

 新幹線、在来線、遠州鉄道線、バス、タクシーと、浜松市の交通の基点となる『浜松駅』を今回の旅行の基点とさせて頂きます。

□浜松駅⇔名古屋駅
新幹線で49分【片道4,420円】…乗り換え無しで、早くて楽チン!
在来線で1時間47分【片道1,940円】…乗り換え1回ありますが、断然お得!
自動車で1時間46分

□浜松駅⇔新大阪駅
新幹線で1時間48分【片道8,420円】…乗り換え無しで、早くて楽チン!
在来線+高速バスで6時間58分【片道4,060円】…寝ている間に現地へ!お得です!
自動車で3時間19分

□浜松駅⇔東京駅
新幹線で1時間46分【片道7,770円】…乗り換え無しで、早くて楽チン!
高速バスで5時間19分【片道3,880円】…寝ている間に現地へ!お得です!
自動車で3時間15分


③『ガヴリールドロップアウト』と舞台探訪

 ガブリールドロップアウト』は、浜松市が基点となる舞台のアニメとなっております。今回は、基点ごとに分けて舞台の紹介をさせて頂きます。
 尚、私事ではありますが、今回は久々に浜松近郊が話のメインとして登場するので、久々に浜松市が舞台のアニメらしい構成になっており、嬉しかったですね。

□浜松駅を基点に行動

①ギャラリーモールソラモ
【静岡県浜松市中区】
 浜松駅北口を出てすぐ目の前にある広場となっております。階段の形も似てはおりませんが、数年前にはこの場所に同様にクリスマスツリーが展示されていたとか。

イメージ 18
イメージ 19

 今年のクリスマスにツリーが展示されたら、再びカット合わせしてみたい場所ですね。ちなみに、駅前だけありまして、人通りがかなり多いです。

□遠江一宮駅を基点に行動
※但し、遠江一宮駅を起点としても、駅から徒歩約50分の道のりとなるので、現実的なルートではありません。
 浜松駅でレンタカーを借りて、小國神社(おくにじんんじゃ)まで約45分かけて行く方が現実的かと思われます。

①遠江國一宮 小國神社(おくにじんじゃ)
【静岡県周智郡森町一宮3956-1】【0538-89-7302】

イメージ 2
イメージ 20
→この神社、当方が実際の行った際にも何人かの参拝客が実施されておりましたが、自動車のお祓いをやっている珍しい神社となっております。
 写真の右側奥まで自家用車を運んだ後、お祓いをしてもらう仕組みになっているようです。自動車運転がらみで役を祓いたい方は、一緒にやってもらうとよいかもしれませんね。

イメージ 3
イメージ 21
→写真を見ると一見、全く参拝客がいない神社に見えますが、実際の所はひっきりなしに参拝客が来るので、写真を撮るのも一苦労です。参拝客が写りこまないように、辛抱強く待ちましょう。

イメージ 4
イメージ 22
→実際の作中の画像の明暗が暗いので現地ではっきりと見えなかったのですが、望遠レンズで撮影して、奥の社をぼかすくらいが丁度よいのかもしれませんね。

イメージ 5
イメージ 23
→一致度の一際高い『小國神社』ではありましたが、お賽銭の際に鳴らす鐘が全く持って異なっております。むしろこのような形の鐘は初めて見ましたね。
 今回は未調査になってしまいましたが、過去に作中のような鐘であったか、文献等で調査してみるのも楽しそうですね。

イメージ 6
イメージ 24
→撮影方向的には合っているはずなのですが、いかんせん神聖な建物であるが故に、撮影の為に立ち入れる場所に限度があります。雰囲気だけ一枚残しておきますね。

イメージ 7
イメージ 25
→少々近寄りすぎてしまいましたが、お社に本来あり得ない神様を顕現させてしまったガヴリールとラフィエルのシーンになりますね。夜にライトアップでもされたら、こんな風に撮影できるのかな。

イメージ 8
イメージ 26
→先ほど述べましたように、『小國神社』の参拝客は大変多く、社務所の方をみだりに撮影をしてしまうと、参拝客と神社の関係者が写りこんでしまう恐れがあった為、社務所が写りこむ写真は極力さけております。それに伴い、カット合わせも一部省いている為、次回は早朝にでも再チャレンジ出来たら良いですね。

イメージ 9
イメージ 27
→緑色の掲示板もちゃんとあります。建物が作画とほぼ同じ為、探しやすいのではないでしょうか。

イメージ 10
イメージ 28
→もっと背景のお社をぼかしたかったですね。

イメージ 11
イメージ 29
→ここからは諸事情により、暫く同じ場所のカットが続きます。

イメージ 12
イメージ 30

イメージ 13
イメージ 31

イメージ 14
イメージ 32
→甘酒って初詣に行くともらえるんですね。最近、その時間まで仕事していることが多く、初詣に行った記憶が無いような……たぶん。

イメージ 15
イメージ 33
→ほとんど撮影中は場所を移動しません。入口の鳥居と緑色の掲示板のあるお社ですね。

イメージ 16
イメージ 34

イメージ 17
イメージ 35


 以上が、『ガヴリールドロップアウト』第9話の舞台探訪【聖地巡礼】の記事のご紹介記事となります。いかがだったでしょうか?
 現在の時点でまだ特定出来ていない案件は見つけ次第、追記させて頂きます。第10話以降の記事でも合わせて紹介出来たら嬉しく思います。

 さて…気が付けば、『ガヴリールドロップアウト』も9話まで放映が終了して、もう残りの放送もわずかとなっております。今までの傾向から行って、浜松市が舞台として登場しているのは、観光地がメインとなっておりますので、残りわずかの話数の間で果たして浜松市が舞台のカット合わせが出来るのか少々不安になりつつはあります。
 ただ、第3話登場の喫茶店がまだ特定が難航しており、見つかっていないので、出来れば放映が終了するまでには見つけて、実際にはどんなマスターさんがいらっしゃるのかブレンドコーヒーを飲みつつ、観察してみたいものです。
 それでは、また来週同作品の舞台を紹介出来るといいな…と思いつつ、この辺で。
 ではでは。

※一部の画像を比較研究目的により使用しています。
作品の著作権(画像も含む)は
[©2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会]
にすべて帰属しますのでご注意ください。

この記事に

  • 顔アイコン

    元旦にお仕事してるんですか!
    お疲れ様です。

  • > ベイスターズCS行ったぞ\(^o^)/さん
    ありがとうございますσ(^_^;)なかなか忙しい毎日ですが、休みは思いっきり羽を伸ばしてるので、なんとかなってますよ。

    [ KEIHI ]

    2017/4/2(日) 午前 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    > KEIHIさん
    本当に頑張ってください
    ガヴリールみたいにお互いそうならないようにしましょう。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事