ここから本文です
KEIHI旅日記

書庫全体表示

 こんにちは。今回の『KEIHI旅日記』は、2期の放送が秋に控えているアニメーション作品で、4月5日に3rdシングル『HAPPY PARTY TRAIN』が発売された話題作『ラブライブ!サンシャイン!!』の舞台探訪記事をご紹介させて頂きます。
 『ラブライブ!サンシャイン!!』の舞台は、静岡県沼津市となっており、過去に当ブログでもご紹介させて頂いておりますが、今回は作中に登場した『静岡県三島市』や『静岡県伊豆の国市』更には遠く離れた『大分県玖珠郡玖珠町(くすぐんくすまち)』が登場しましたので、この土地についての記事をご紹介させて頂きます。

 また、今回の記事をご紹介する前に、当方が過去にご紹介させて頂きました『ラブライブ!サンシャイン!!』に関する記事を合わせてご紹介させて頂きます。ご参照して頂ければ幸いです。
□KEIHI旅日記

①『ラブライブ!サンシャイン!!』とは
イメージ 1
 『ラブライブ!サンシャイン!!』は、2016年7月から9月まで全13話で放映されたアニメーションです。アニメーション制作は、サンライズが手がけられて、現在は全7巻でDVDやBDが好評発売中の作品となります。
 静岡県沼津市内浦にある、女子高校の「浦の星女学院」。この学校は全校生徒が100人にも満たず、来年度の入学希望者は0人。さらに統廃合の危機に瀕していた。そんな中、学校を盛り上げるために9人の生徒が立ち上がり、スクールアイドルを結成することになった。…というスクールアイドルとして活動する中で、苦難や成長を描いた物語となっております。

②3rdシングル『HAPPY PARTY TRAIN』とは
イメージ 4
 『HAPPY PARTY TRAIN』は、4月5日発売の『Aqours』の3rdシングルとなります。ラブライブ!サンシャイン!!のシングルは、毎回センターポジションのキャラクターが人気投票で変わる仕組みとなっており、今回は『松浦果南』がセンターポジションとなっております。
 『HAPPY PARTY TRAIN』の曲が入ったCDと一緒に、PVの入ったBD(もしくはDVD)が同封されており、今回の記事はそのPVに登場する舞台の紹介となっております。

④各舞台のアクセスについて
 PVでは、主に二つの時間軸で物語が構成されております。
 1つは、『HAPPY PARTY TRAIN』の曲をAqoursのメンバー全員で『豊後森機関庫』をバックにダンスを曲を披露するシーン。
 もう1つは、Aqoursのメンバーが、沼津に帰って来た『松浦果南』を『伊豆長岡駅』に迎えに行く過程で、果南の視点で見る『三島駅⇔伊豆長岡駅』間の心理描写を描いたシーンとなっております。
 作中では、今回のセンターにあたる果南が『三島駅』から伊豆箱根鉄道に乗車した所から物語が動き出すことを加味して、
今回の旅の拠点を『三島駅』とさせて頂きます。
 また、オススメの聖地巡礼ルートは、
『三島駅』→『伊豆長岡駅』→『弁天島神社』→『ドールハウスKIMURA』となります。『三島駅』からスタートして、一筆書きで『沼津駅』まで行くことが出来るこのルートは、コストパフォーマンスにも優れております。

□三島駅⇔伊豆長岡駅
 『松浦果南』が『HAPPY PARTY TRAIN』のPVの中で実際に利用している経路になります。『伊豆箱根鉄道三島駅』は、『JR三島駅』と併設されており、南口からのみ中に入ることが出来ます。尚、『旅助け』という1日乗車券も販売されており、大人1,020円、小人520円で利用出来ますので、こちらを利用すると非常に便利に移動することが出来るのでオススメです。
イメージ 8イメージ 2


□(伊豆)長岡駅⇔(伊豆・三津シーパラダイス)駐車場前
 『伊豆長岡駅』でカット合わせを実施した後に、内浦の方面まで伊豆箱根バスで移動となります。バス亭はいくつかありますが、伊豆・三津シーパラダイス行きのバス停は写真のように分かりやすい物が設置されておりますので、そこから終点まで乗車して下さい。到着後は、次の目的地の『弁天島神社』まで徒歩で向かうことになります。
イメージ 9イメージ 6


□重須⇔沼津駅
 『弁天島神社』でカット合わせを実施した後に、『重須』のバス停まで徒歩で向かいます。先ほどとは違い、この後は東海バスに乗車して、終点の『沼津駅』まで移動となります。
イメージ 17イメージ 7



□①三島駅⇔豊後森駅
 『HAPPY PARTY TRAIN』の曲とダンスをAqoursのメンバーが披露している『旧豊後森機関庫』まで向かうには、大分県まで足を運ぶ必要があります。パターン1は、陸路からのアクセス方法のご案内となります。時間は多少かかるものの、日帰りでも十分に移動可能な移動時間となっております。移動コストを極力削減したい方には、オススメの手段となります。

□②三島駅⇔豊後森駅
 変わってパターン2は、空路からのアクセス方法のご案内となっております。空路からのアクセスの利点は、時間を効率的に使うことが出来る点だと言えます。現地に到着するまでの時間が陸路のみの移動と比較すると、半分程度の時間で移動することが出来るので、何よりも現地での観光をゆっくり実施したい方には、オススメの手段となります。
イメージ 5イメージ 3


⑤『HAPPY PARTY TRAIN』と舞台探訪
□三島駅
【静岡県三島市一番町にある駅。建設は1934年。】
【東海旅客鉄道と日本貨物鉄道と伊豆箱根鉄道が乗り入れている駅。】
イメージ 11イメージ 10
△写真は、『三島駅』南口になります。今回、カット合わせを実施する伊豆箱根鉄道は、南口から中に入ることが出来ます。南口から北口への通り抜けは出来ない為、注意が必要となります。

▼ここから3枚のカットは、『三島駅』9番線からの撮影となります。
イメージ 21イメージ 24
△『三島駅』で最初に撮影するカットとなります。駅のホームの中央の辺りから改札口の方面にカメラを向けて撮影します。駅でのカット合わせは、3枚とも全て望遠レンズを用いると良いです。

イメージ 22イメージ 26
△駅のホームの一番端の辺りから改札口の方面にカメラを向けて撮影します。可能な限りローアングルから撮影するとキャプチャーと似せることができます。

イメージ 23イメージ 27
△駅のホームの中央の辺りから改札口の方面にカメラを向けて撮影します。9番ホームの看板が『御殿場高原ビール』の『御』の文字に重なる位置を探してみて下さい。


□伊豆長岡駅
【静岡県伊豆の国市南條にある伊豆箱根鉄道線の駅。建設は1898年。】
イメージ 12イメージ 13

▼ここから2枚のカットは、『伊豆長岡駅』2番線からの撮影となります。
イメージ 43イメージ 58
△『修善寺駅』方面にカメラを向けて撮影します。キャプチャーと比較してみると、左側にある自販機と柱が重なっていると一致度が高いです。

イメージ 44イメージ 59
△同じく『修善寺駅』方面にカメラを向けて撮影します。先ほどのキャプチャーのズームしたものとなる為、望遠レンズを用いて、左側に自販機が写りこまないようにすると良いです。

▼ここから12枚のカットは、『伊豆長岡駅』駅前での撮影となります。
イメージ 45イメージ 60
△『伊豆長岡駅』の自家用車を一時的に駐停車可能な場所から、駅を撮影します。キャプチャーとは実際の看板の位置が異なる為、完全一致は不可能ですが、画面内に該当の看板を収めれるようにしたいです。

イメージ 46イメージ 61
△『伊豆長岡駅』の駅構内からすぐ外に出た場所から、パン屋さんの方向にカメラを向けて撮影します。キャプチャーと比較すると、柱が5本画面に収まるように注意が必要です。

イメージ 47イメージ 62
△キャプチャーにおける『千歌』の立っている場所は、タクシー乗り場であり道路上となります。タクシーの他も、バスや自家用車が行き来しており、大変交通量が多い場所なので、周りを十分に注意した上で撮影に臨んで下さい。

イメージ 48イメージ 63
△自家用車を一時的に駐停車可能な場所にカメラを向けて、撮影します。正面に見える建物の窓の数をキャプチャーと比較すると、撮影しやすいです。

イメージ 49イメージ 64
△キャプチャーと比較すると、実際のコンクリートの地面のラインは消えかけており、完全一致は困難です。

イメージ 50イメージ 65
△キャプチャーの背景に写っている建物は実際に存在する建物なので、画面右側に写っている駅の柱と、地面の白線を目印に撮影してみると良いです。

イメージ 51イメージ 66
△画面右側に観光案内所、中央に電信柱、左側に駅の屋根が全て画面に収まるように撮影すると良いです。

イメージ 52イメージ 67
△先ほどのキャプチャーから左側にスライドしたカットとなります。キャプチャーにおける『鞠莉』の背後にある物は、タクシー乗り場の看板になります。

イメージ 53イメージ 68
△『果南』の背後にある建物を画面に収めることと、左側に写っている電信柱を2本分画面に収めることがポイントです。

イメージ 54イメージ 69
△背景に描かれている建物と電信柱が忠実に再現されているので、一番奥に描かれている電信柱まで画面に収める撮影をすると良いです。

イメージ 55イメージ 70
△先ほどと同様にコンクリートの地面の撮影となります。白線は消えかかっている為、大まかなカット合わせとなります。

イメージ 56イメージ 71
△画面右側に写っている駅の屋根のライトが3個分画面に収めることがポイントです。尚、こちらの写真も道路上からの撮影になる為、十分に周囲に配慮して撮影を実施して下さい。

イメージ 57
△『HAPPY PARTY TRAIN』のカット合わせ、最後の1枚となります。『伊豆長岡駅』の外から夜景撮影はまだ未実施な為、後日掲載予定となります。

□無名踏切
【静岡県伊豆の国市寺家300-2】
【伊豆長岡駅から徒歩13分。】
イメージ 18イメージ 51
△場所が分かりにくいと感じる場合は、『伊豆長岡駅』からコラボタクシーで現地まで向かうという方法もあります。ファンが何度か『無名踏切』まで利用しているという話を聞くので、行き帰りに利用してみるのもありですね。

イメージ 30イメージ 72
△撮影ポイントは、画面左側に写っている標識と、踏切よりやや左側に見える場所を探すことです。撮影の際には、ローアングルからの撮影を実施することで、より一致度が高くなります。ただ、周囲は自動車の往来も度々ありますので、周辺には十分注意して下さい。

イメージ 31イメージ 36
△撮影のチャンスは、約15分に一回となります。事前に位置取りをしておき、万全の状態で撮影に臨みたいですね。

イメージ 32イメージ 37
△この周辺は自動車の往来を注意するだけでなく、近隣の学生の通学路となっております。不審な行動をして、迷惑を掛けることが無いように十分に注意して下さい。また、『伊豆長岡駅』には駐車場がある為、路上駐車をすることが無いように配慮したいですね。



□修善寺駅
【静岡県伊豆市柏久保にある伊豆箱根鉄道駿豆線の駅。建設は1924年。】
イメージ 14イメージ 15
△『修善寺駅』は、オススメの聖地巡礼ルートには組み込んでおりません。ただ、『伊豆箱根鉄道』の内装をゆっくり撮影する場合に適しているのが、当駅となります。ホームに列車が到着してから、次に出発するまでの約20分程度は周りの利用客を気にせずに撮影が出来るので、内装撮影が上手くいかない場合は、こちらの駅で停車している列車内を撮影することをオススメします。

▼ここから1枚のカットは、『伊豆箱根鉄道』外観の撮影となります。
イメージ 24イメージ 73
△撮影の際には、窓枠の写り具合をキャプチャーと比較してみると良いです。

▼ここから13枚のカットは、『伊豆箱根鉄道』内装の撮影となります。
イメージ 25イメージ 74
△『果南』の座っている位置から向かい側にある座席を撮影するかたちになります。座席を3つ画面に収めるように撮影することがポイントです。

イメージ 26イメージ 75
△『果南』が肘を掛けている窓枠の位置と、座席の後ろ側の窓枠の位置を注意して撮影すると良いです。

イメージ 29イメージ 76
△『果南』が座っている座席を真横から撮影を実施しております。

イメージ 33イメージ 77
△先ほどのキャプチャーからズームしたカット合わせとなっております。

イメージ 34イメージ 78
△『果南』が座っている座席から、右斜め後ろの位置を撮影しております。

イメージ 35イメージ 79
△右奥の背景にあるロングシートを画面に収めることがポイントです。

イメージ 36イメージ 80
△撮影位置に注意して下さい。『果南』の座っている座席の真後ろからの撮影となっております。

イメージ 37イメージ 81
△『果南』が座っている座席を真正面から撮影したカット合わせとなっております。

イメージ 38イメージ 82
△可能な限り座席の足元からローアングルで撮影すると良いです。

イメージ 39イメージ 83
△『果南』の右奥には、もう一つシートが写っているので、それも合わせて画面に収めることがポイントです。

イメージ 40イメージ 84
△座席の上部と窓枠が重なる位置を見つけてカット合わせを実施することがポイントです。

イメージ 41イメージ 85
△先ほどのカット合わせから、ズームして撮影すると良いです。

イメージ 42イメージ 86
△シートを真正面から撮影しております。


□弁天島神社
【静岡県沼津市内浦重須615】
【伊豆・三津シーパラダイスから徒歩18分。】
イメージ 16イメージ 87
△写真の中央に写っている赤い鳥居の場所が、『弁天島神社の入口』になります。カット合わせをする場所には、そこから石階段を頂上まで登った場所にあります。

イメージ 19イメージ 88
△左側にある社の位置に注意しつつ、画面中央に石像が背後にある木と重ならない位置を探して撮影することがポイントです。

イメージ 20イメージ 89
△画面右側に石畳が規則正しく配置されているので、カット合わせの際のそれに注意すると良いです。

イメージ 27イメージ 90
△上記2枚のカット合わせで、『花丸』の立ち位置が分かると思います。社のある位置から『花丸』が焼き芋をしている方向にカメラをローアングルで合わせると一致しやすくなります。

イメージ 28イメージ 91
△先ほどのカット合わせから、ズーム撮影すると良いです。





サークルで関連記事を探してみよう!

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事