ここから本文です
KEIHI旅日記

書庫全体表示

①はじめに
 こんばんは。久々の更新となる今回の『KEIHI旅日記』は、COMICリュウから好評発売中のコミックス『アリスと蔵六』がこの春からアニメ化されましたので、その話題作の舞台探訪記事をご紹介させて頂きます。
 『アリスと蔵六』の作中の物語は、静岡県のとある山中から始まります。この山中に関しては、後日現地に訪れたいと思いますので、今回は割愛させて頂きます。
 物語は冒頭の静岡県から、場所を移動して『東京都新宿区』に移ります。今回は、第1章にあたる第1話〜第5話までに主に登場した『東京都新宿区』を舞台の中心とした記事をご紹介させて頂きます。

②『アリスと蔵六』とは
イメージ 1
 アリスと蔵六』は、2017年4月から6月まで全12話で好評放映中のアニメーションです。アニメーション制作は、J.C.STAFFが手がけられて、7月28日にBDBOXの1巻が発売されて、続いて10月27日にBDBOXの第2巻が発売される予定の作品となっております。
 物語は、アリスの夢と呼ばれる超能者が現れるようになった世界。その中で途轍もない能力を持った幼い少女・紗名は、あることがきっかけでアリスの夢の研究所を脱走し、外の世界を初めて知る。資質はあるが未熟が故、能力をうまく使いこなせず途方に暮れていた彼女の前に現れたのは、日本の由緒正しき頑固爺・樫村蔵六だった。この出会いが紗名の運命を大きく変えていくこととなる。…という物語の中心人物の紗名と蔵六が共に生活をする中で絆を育んでいく、ハートフルストーリーとなっております。

③舞台のアクセスについて 
 作中では、『東京都新宿区』で紗名と蔵六で出合うところから、物語は大きく動き出すことを加味して、
今回の旅の拠点を最寄駅である『JR新宿駅』とさせて頂きます。
 また、オススメの聖地巡礼ルートは、JR新宿駅』→
『歌舞伎町一番街』→→『上海小吃 (シャンハイシャオツー)』
『花園神社』→『ホテルサンルート東新宿』→『四谷警察署』→→『JR原宿駅前』→『神宮前第2歩道橋』
となります。尚、『四谷警察署』から『JR原宿駅前』までは距離がある為、タクシー等を利用して、時間短縮するのも手かもしれません。

□歌舞伎町一番街⇔上海小吃 (シャンハイシャオツー)
 作中では、夜遅い時間帯に紗名と蔵六が街中を移動している様子が描写されていることが印象的な場面だと言えます。注意が必要なのは、『新宿歌舞伎町』という街は、時間帯に係らず客引き等の強引な声掛けを実施している人々が至る所におり、聖地巡礼の間はそれらを上手く躱し続けることが必要になります。
 『歌舞伎町一番街』から『上海小吃 (シャンハイシャオツー)』を聖地巡礼する際は、09:00〜15:00頃の夕方以降に活発に営業する店舗が準備中の時間帯を狙って探索することが比較的巡礼しやすいと思われます。
 また、『上海小吃 (シャンハイシャオツー)』に入って、作中同様に食事を頂く場合は、18:00以降の営業になる為、17:00くらいまでに聖地巡礼を済ませて、一日の終わりに夕食を頂いてから帰宅するといったスケジュール立てをしておくと、動きやすいのではないでしょうか。
イメージ 46イメージ 47

□四谷警察署⇔JR原宿駅前
 JR新宿駅を移動拠点として移動する中で、『四谷警察署』までが東京都新宿区になります。オススメの聖地巡礼ルート通り移動するのであれば、『四谷警察署』まで巡った段階で一度JR新宿駅に戻り、JR山手線内回りで『JR原宿駅』まで移動してしまう方法が、一番乗り換えも少なく移動しやすいでしょう。
イメージ 44イメージ 45


④『アリスと蔵六』と舞台探訪
□歌舞伎町一番街
【東京都新宿区歌舞伎町1丁目23】
イメージ 4イメージ 50
△歩行者用の横断歩道の上にそびえ立っている『歌舞伎町一番街』のゲートを、左下から撮影を実施します。外国人観光客にも人気の観光スポットのようであり、同様に写真撮影をしている人を多数見かけることになります。

□俺のイタリアン歌舞伎町店 付近
【東京都新宿区歌舞伎町1丁目17-5】
イメージ 18イメージ 85
△『歌舞伎町一番街』のゲートをくぐり、50m程進んだ場所から撮影を実施します。ここからは、街中の雰囲気がガラッと変わるので、慣れていない方は単独での行動は控えた方が良いと思います。

□若狭屋歌舞伎町店 付近
【東京都新宿区歌舞伎町1丁目15-7】
イメージ 22イメージ 89
△通りの奥に見える建物は、『新宿東宝ビル』になります。両サイドにある店舗の看板の位置関係から構図を決めて撮影すると撮影しやすいです。

□珈琲茶館集新宿店 付近
【東京都新宿区歌舞伎町1丁目17-12】
イメージ 84イメージ 87
△写真は残念ながらトラックが目の前に駐車していた為、完全な比較は出来ておりませんが、左端に珈琲屋の看板が入るように撮影すると良いです。

□新宿クリスタル VIPクリスタル
【東京都新宿区歌舞伎町1丁目16-9】
イメージ 21イメージ 88
△作中はダイヤモンド。実際はクリスタルとなっております。正面から撮影を実施するだけなので、人の出入りが写りこまないように注意したいですね。

□七輪焼肉安安歌舞伎町店 付近
東京都新宿区歌舞伎町1丁目10-3】
イメージ 19イメージ 86
△通りの奥に見える緑色の看板は『小肥羊新宿店』のものです。この看板と、右側上部に設置されている赤色の看板『消火栓』を画面に収めることに注力したいです。

□ロボットレストラン
【東京都新宿区歌舞伎町1丁目1-7-1新宿ロボットビル】
イメージ 20イメージ 51
△海外の観光客に人気の観光施設だそうです。派手な外観なので、近隣を歩いていれば、すぐに見つかるはずです。作中と実際の写真も酷似していますね。

□上海小吃 (シャンハイシャオツー)外観
【東京都新宿区歌舞伎町1丁目3-10】
【営業時間:18:00〜05:00(日曜日は、02:00閉店)】
イメージ 5イメージ 52
△今回は、カット撮影未実施になります。次回訪問時に撮影したいですね。

イメージ 12イメージ 92
△『上海小吃 (シャンハイシャオツー)』は、この狭い路地の奥に店舗があります。左側の建物は『無料案内所』、右側の建物は『BARダリカレー』になります。

イメージ 13イメージ 52
△今回は、カット撮影未実施になります。次回訪問時に撮影したいですね。

イメージ 14イメージ 53
△『上海小吃 (シャンハイシャオツー)』の店内出入口の目の前から撮影に臨みます。画面左側に、赤色の飾りが垂れ下がっているので、目印に撮影すると良いです。

イメージ 15イメージ 54
△1つ前のカットから、やや後ろに下がった場所から撮影に臨みます。実際に撮影してみると、若干置いてある物が違ったりしますね。

イメージ 16イメージ 55
△1つ前のカットから、反対側を向いた方向にカメラを向けて撮影を実施して下さい。尚、写真の右前の辺りにはもう一つの店内に入る扉がありますので、開閉に注意が必要です。

イメージ 17イメージ 56
△1つ前のカットから、やや後ろに下がった場所から撮影に臨みます。今回は、早朝に撮影したので周囲が分かりやすいですが、夜になると出入口が分かりにくく感じる為、訪問するのは晴れた日の午前中が望ましいと思います。

□上海小吃 (シャンハイシャオツー)内装
イメージ 6イメージ 52
△今回は、カット撮影未実施になります。尚、店主は、店舗が『アリスと蔵六』の作中に登場していることをご存知なので、事前に依頼すれば撮影できるチャンスもあるかもしれまんせんね。

イメージ 7イメージ 57
△灰皿の撮影を実施しております。テーブルの配色が異なるように見えますが、今回当方が来店した際に通された席がメインホールとは別の部屋でした。もしかしたら、
メインホールはこの配色の机や椅子が用意されているのかもしれませんね。

イメージ 8イメージ 58
△『大葱羊肉(羊肉とネギの炒め物)』の撮影を実施しております。作中に登場した商品を実際に注文してみると追体験が出来て楽しいですよ。

イメージ 9イメージ 59
△『若鶏の唐揚げ』と『青島(チンタオ)ビール』の撮影を実施しております。『青島ビール』は、1903年に製造が始まった中国のお酒です。

イメージ 10イメージ 60
△『香菜拌干絲(豆腐の細切り)』の撮影を実施しております。尚、『上海小吃 (シャンハイシャオツー)』の1番人気のメニューとなる程、定番のメニューだそうです。

イメージ 11イメージ 61
△『エビチャーハン』と『銀絲巻(揚げパン)』、先ほどご紹介した『大葱羊肉(羊肉とネギの炒め物)』とアサヒスーパードライと、お通しの撮影を実施しております。今回注文した商品は先に紹介した5品とお酒2本で、合計7,800円でした。紗名は一体どれだけの料理を飲み食いしたのか、想像するだけで懐事情が心配になるところですね。

イメージ 62イメージ 63
△当方が今回通されたサブホールの方は、嬉しいことに出入口に『アリスと蔵六』のアニメポスターが掲示されております。お店を利用した際には、是非ともこのポスターも撮影しておきたいところです。

□花園神社(靖国通り側鳥居)
【東京都新宿区新宿5丁目17-3】
イメージ 90イメージ 93
△花園神社には、3つの鳥居があり、そこから境内に出入りすることが出来ます。その中の一つが、靖国通り側の鳥居になります。

イメージ 91イメージ 94
△当方が花園神社を訪れた日は、花園神社大祭の準備中であり、写真のような旗が掲示されておりました。この後紹介する明治通り側の石柱は、花園稲荷神社と記されているので、その違いで鳥居を判断すると良いですね。

□花園神社(明治通り側鳥居)
イメージ 37イメージ 64
△花園神社の2つ目の鳥居の撮影となります。こちらの撮影を実施するには手前の道路を写真に収める関係上、向かいの道路に渡って鳥居を撮影すると良いです。向かいには、セブンイレブン新宿5丁目明治通り店があります。

イメージ 38イメージ 65
△明治通り側の鳥居の前は、とにかく人通りが多いです。鳥居を正面に構えた状態で、左手側を撮影すると良いですね。

イメージ 39イメージ 66
△画面の奥には、ポールが3本設置されており、ポールの撮影を実施します。

イメージ 40イメージ 67
△一つ前に撮影した反対側のアングルの撮影になります。道路側の撮影を実施しますが、作中と違い点字ブロックが存在します。

□花園神社(境内)
イメージ 23イメージ 68
△花園神社の境内に入ると、社に向かう道の途中に印象的な看板を見つけることになると思います。これは、これより先では飲食や座り込み等の禁止行為をしないようにご協力お願いしますという注意書きになります。この神社は、外国人観光客の定番の観光スポットにもなっているようで、人の出入りも大変多いです。決まりは守って、楽しく写真撮影に臨みたいですね。

イメージ 24イメージ 69
△完全に一致しないカット合わせの1枚となります。キャプと比較すると、実際の手すりが作中程長くないことが要因だと考えられます。画面の屋上にある柵や、手前のパイプの配置を気を付けることで、似せることが可能になります。

イメージ 25イメージ 70
△社の手前から階段を見下ろすような形で撮影に臨みます。

イメージ 26イメージ 71
△階段の中央から社の壁まで撮影する形になります。右側には絵馬の展示場が画面に収まるように注意したいですね。

イメージ 27イメージ 72
△完全に一致しないカット合わせの1枚になりますね。キャプと比較すると、社務所の位置が実際とは異なることが要因だと言えます。手前の手すりの位置を確実に合わせた上で、画面内に可能な限り社務所を収めることに注力したいですね。

イメージ 28イメージ 73
△階段の下から社を見上げるような形で撮影に臨みます。

イメージ 29イメージ 74
△蔵六の後ろにあるのは社の扉模様となります。実際に撮影にすると円形なので、それを考慮して撮影の臨むと良いでしょう。

イメージ 30イメージ 75
△階段の奥行を意識して撮影に臨みます。また、奥にある建物の窓枠の配置を意識するとより似せた写真撮影が可能となります。

イメージ 31イメージ 76
△蔵六の背後にある柵は、実際には近くにある訳では無く、社務所の屋上にある柵を撮影したものとなります。

イメージ 32イメージ 77
△社の手前から境内の奥に繋がる鳥居へと続く道を見下ろすかたちで撮影に臨みます。

イメージ 33イメージ 78
△完全に一致しないカット合わせの1枚となります。キャプの写真と限りなく近いカット撮影を実施する為には足場が無い為、絵馬の展示場のそばから見下ろす形で撮影に臨むと良いでしょう。

イメージ 34イメージ 79
△階段を見下ろす形で撮影に臨みます。

イメージ 35イメージ 80
△手すりの手前にある飾りと、画面の奥にある絵馬の展示場の配置を意識して撮影に臨みます。

イメージ 36イメージ 81
△階段を正面から撮影に臨みます。ここまで撮影を実施していると、花園神社で参拝に来る多くの観光客に遭遇することになると思います。お参りや記念撮影等で、邪魔になってしまうことが危惧されますので、周囲に配慮した上で楽しく写真撮影に臨みたいですね。

□ホテルサンルート東新宿
【東京都新宿区新宿7丁目27-9】
イメージ 3イメージ 48
△ホテルのある向かい側の道路に渡り、画面右側にあたる位置から望遠レンズで撮影に臨むと良いです。ホテルの看板が画面左側にある為、同じ配置に合わせて撮影に臨みます。

イメージ 41イメージ 49
△同じくホテルの向かい側の道路に渡り、画面の左側にあたる位置から望遠レンズで撮影に臨むと良いです。道路脇に植木があるのですが、一部植木が存在しないスペースがある為、そこからホテルを見上げるような形で撮影に臨みます。

□四谷警察署
【東京都新宿区新宿1丁目26番12号】
イメージ 2イメージ 82
△作中では紗名や蔵六が、街で起こした事件に対して取り調べを受けた場所とされております。厳密にカット合わせをするのも憚れれる為、雰囲気だけ味わえる程度に撮影に臨んでおります。

□JR原宿駅(表参道口)
【東京都渋谷区神宮前一丁目にある、東日本旅客鉄道山手線の鉄道駅。建設は1906年。】
イメージ 42イメージ 83
△完全に一致しないカット合わせの1枚となります。キャプが高所から原宿駅を見下ろす形となっている為、高所を撮影する特殊な機器を持参していれば撮影が可能かもしれませんね。

□神宮前第2歩道橋【撮影後に画像反転】
【東京都渋谷区神宮前4丁目3-3-6】
イメージ 43イメージ 95
△『表参道駅』から歩いて、目と鼻の先にある『伊藤病院』目指して移動して下さい。病院の目の前には、『神宮前第2歩道橋』があります。歩道橋の上から道路を見下ろす形で撮影に臨みます。そして、撮影後に写真を『反転』させるとキャプと似せることが出来ます。


⑤『アリスと蔵六』の舞台探訪を終えて
 以上が『アリスと蔵六』の第1章の第1話にスポットを当てた記事をご紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか。
 今回は、普段から当方が舞台探訪を実施することが多い近場の舞台とは異なり、東京という少し遠方が舞台となっている作品にスポットを当てて見ました。
 春ごろからアニメが開始して本当に面白く、絶対に現地に行って撮影がしてみたいとずっと思ってモチベーションが高かったこともあり、観光地として見慣れているはずの風景が、アニメ作品というフィルターを介してカメラを構えると新鮮に写り、撮影をする上でずっとワクワクした気分を味わうことが出来ました。そして、このワクワクした気分を一人でも多くの人に味わってもらいたくて、日々記事をご紹介しているのかもしれません。
 当方が日々、舞台探訪の記事を書いてご紹介しておりますが、このような記事を書いてご紹介している方々は、世の中に多数存在しております。そのような環境がある中で、自分の好きな作品の記事を紹介している方のブログを見て、現地に足を運んだことがある人もいるかもしれません。
 ただ、この一歩を踏み出して行動を起こすこと自体が意外とハードルが高いと言えます。実際に記事を見ても、現地まで行って限られた時間内で目的地に到着することが出来るのか…または、無事に帰路に付くことが出来るのか…心配事は絶えないと思われます。
 そのように受け手が感じるであろうと想定する中で、少しでも敷居を低くすることで、誰でも簡単に行けるのではないか…と思って頂くきっかけ作りが出来たら良いなと、最近はそのような事を考えながら舞台探訪記事を書き続けています。
 昨今は、作中に登場する背景が現実の舞台となっているアニメ作品が多数存在しております。そのような環境の中で、自分が本当に大好きな作品と巡り合い、より好きになるキッカケ作りの一つとして、舞台となった土地を観光して忘れられない思い出作りをしてみて欲しいと思います。
 舞台となった土地で見た風景、食べた食事、人とのふれあいの中で、きっと今までに無い気づきに出会えるはずです。帰路に付いた後に、大好きな作品を見返してみると、違った気持ちで接することが出来るかもしれませんよ。

※一部の画像を比較研究目的により使用しています。
作品の著作権(画像も含む)は[© 今井哲也/徳間書店・「アリスと蔵六」製作委員会]にすべて帰属しますのでご注意ください。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事