ここから本文です
KEIHI旅日記

書庫全体表示

①はじめに
 こんばんは。今回の『KEIHI旅日記』は、COMICリュウから好評発売中のコミックス『アリスと蔵六』がこの春からアニメ化されましたので、その話題作の舞台探訪記事をご紹介させて頂きます。
 『アリスと蔵六』の作中の物語は、静岡県のとある山中から始まります。この山中に関しては、後日現地に訪れたいと思いますので、今回は割愛させて頂きます。
 物語は冒頭の静岡県から、場所を移動して『東京都新宿区』に移ります。今回は、第1章にあたる第1話〜第5話までに主に登場した『東京都新宿区』を舞台の中心とした記事をご紹介させて頂きます。

②『アリスと蔵六』とは
イメージ 1
 アリスと蔵六』は、2017年4月から6月まで全12話で好評放映中のアニメーションです。アニメーション制作は、J.C.STAFFが手がけられて、7月28日にBDBOXの1巻が発売されて、続いて10月27日にBDBOXの第2巻が発売される予定の作品となっております。
 物語は、アリスの夢と呼ばれる超能者が現れるようになった世界。その中で途轍もない能力を持った幼い少女・紗名は、あることがきっかけでアリスの夢の研究所を脱走し、外の世界を初めて知る。資質はあるが未熟が故、能力をうまく使いこなせず途方に暮れていた彼女の前に現れたのは、日本の由緒正しき頑固爺・樫村蔵六だった。この出会いが紗名の運命を大きく変えていくこととなる。…という物語の中心人物の紗名と蔵六が共に生活をする中で絆を育んでいく、ハートフルストーリーとなっております。

③舞台のアクセスについて 
 作中では、第2話において蔵六は、『JR原宿駅』に到着した孫の早苗に、紗名の世話を頼みます。ご紹介出来る場所は少ないですが、『JR原宿駅』近辺の移動になることを加味して、
今回の旅の拠点を最寄駅である『JR原宿駅』とさせて頂きます。
 また、オススメの聖地巡礼ルートは、
『JR原宿駅』→『神宮橋交差点』→『社会事業大学前歩道橋』→→『千代田トンネル』
となります。尚、千代田トンネルは徒歩では行けず、必ず自動車が必要になります。現地でタクシーを利用して、該当の道路まで移動するのが良いでしょうね。

□『JR原宿駅』⇔首都高速都心環状線(内回り)
 『JR原宿駅』近辺での撮影が終了したら、電車で『竹橋駅』に向かいます。『竹橋駅』にてタクシーを呼んで、首都高速都心環状内回りを走って貰いましょう。二人以上で行動しているのであれば、レンタカーを借りるという手もありますが、コストパフォーマンス的にもタクシーを利用した方が該当の場所を撮影する上でも利便性が良いでしょう。
イメージ 32
イメージ 33イメージ 34

□樫村生花
 作中では、都内某所にあるされている『樫村生花』にもモデルとなる建物が存在します。この場では、周辺が民家であるということもあり、舞台となる場所の公開は控えさせて頂きます。ご了承下さい。

④『アリスと蔵六』と舞台探訪
 今回、『アリスと蔵六』の第1章の第2話〜第5話の舞台をメインとした記事を御紹介させて頂きます。その上で、前回までにこの前段の話となる第1章第1話の記事を御紹介しておりますので、合わせて見て頂ければ幸いです。
□神宮橋交差点
【東京都渋谷区神宮前6丁目】
イメージ 1イメージ 15
△『神宮橋交差点』は、『JR原宿駅(表参道口)』を出てすぐそばにあり、非常にアクセスしやすい場所に存在します。しかし、観光名所の『明治神宮』の目の前ということもあり、交通量が大変多く、撮影の際は歩行者の邪魔にならないように注意が必要となります。

イメージ 2イメージ 14
△撮影する際に注意したい…として、ドコモの電波塔が画面奥に見えますが、この建物を標識と信号の間に入る場所を見つけて撮影することに限ると思います。歩行者の移動だけでなく、自動車の移動も大変多い駅前になる為、撮影時には歩行者等にカメラを向けないように注意したいですね。

□JR原宿駅(表参道口)
【東京都渋谷区神宮前一丁目にある、東日本旅客鉄道山手線の鉄道駅。建設は1906年。】
イメージ 4イメージ 16
△『JR原宿駅(表参道口)』を出て目の前にある横断歩道を渡った向かいの歩道側から撮影に臨みます。一見、神宮橋交差点そばにある神宮橋の上からも同じような構図で撮影出来るように思えますが、背後に建物が写りこんでしまう関係上、こちらかの撮影が正しいと思われます。

□JR原宿駅(駅構内)
イメージ 5イメージ 13
△今回は、駅構内の利用客が多すぎて、カット撮影未実施になります。次回訪問時に撮影したいですね。

□社会事業大学前歩道橋
【東京都渋谷区神宮前1丁目4】
イメージ 3イメージ 35
△現在、都内に存在する同名の大学の傍にある訳ではなく、現在の原宿警察署の目の前にある歩道橋になっております。かつて原宿警察署のあった場所には、社会事業大学が存在しており、現在は移転してしまった為、今現在も歩道橋の名前にその名残があるそうです。歩道橋の上から、写真右側にある原宿警察署等の建物を画面に収めることに注意したいですね。

□首都高速都心環状線(内回り)
【千代田トンネル付近。トンネル内で4号新宿線と分流する。】
イメージ 7イメージ 17
△今回は、カット撮影未実施になります。次回訪問時に撮影したいですね。比較写真はネット上から引用させて頂いております。タクシーに乗らないと撮影が困難だと思います。東京在住の方は、一度は見かけたことがある看板かもしれませんね。

□樫村生花(のモデル)
イメージ 19イメージ 38
△樫村生花のモデルとされる建物は、民家の一角にあるため、場所の公表は控えさせて頂きます。ご了承下さい。尚、作中で紗名と蔵六がタクシーを降りた場所は、樫村生花のモデルとなる場所の一つ前の角になります。撮影箇所を間違えていた為、次回訪問の際に撮影に臨みたいですね。

イメージ 20イメージ 39
△樫村生花のモデルとされる建物の正面に建っている建物を撮影した後、画像を反転させております。

イメージ 22イメージ 24
△キャプと比較してみると、実際の建物も出入口が同様のようで、全体的に建物の形が酷似しております。尚、撮影は閉店後の夜に実施しております。

イメージ 21イメージ 25
△花屋入口前の溝の撮影に臨んでおります。キャプと比較すると、マンホールの形が異なるようですね。

イメージ 18イメージ 26
△花屋入口から、向かいの建物の撮影に臨んでおります。窓枠の形がおおむね一致しているように思います。

イメージ 23イメージ 27
△花屋の看板の撮影に臨んでおります。実際に設置してある看板もキャプと同様の場所にあり、類似したデザインの物となっております。

イメージ 6イメージ 28
△ブレすぎた写真になっており分かりずらいですが、花屋入口を撮影したものになります。実際の写真でも、画面の右手前には鮮やかな花が展示されております。

イメージ 8イメージ 36
△正面から花屋を撮影した形となっております。入口扉が開くと、キャプのような店内が見えるのだと思われます。

イメージ 9イメージ 29
△同様に花屋の正面からの撮影に臨んでおります。

イメージ 10イメージ 37
△花屋を少し後ろに下がった位置から撮影に臨んでおります。

イメージ 11イメージ 30
△店内とは別に出入口があり、撮影に臨んでおります。花屋の建物の右端の辺りにこのスペースが存在します。

イメージ 12イメージ 31
△花屋の目の前の路地の撮影に臨みます。向かいの建物や、左奥にある青い看板等一致するパーツは多いと思われます。

⑤『アリスと蔵六』の舞台探訪を終えて
 以上が『アリスと蔵六』の第1章の第2〜5話にスポットを当てた記事をご紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか。樫村生花のモデルの建物に関しては、第1話から登場しておりましたが、ブログの構成上の問題で後半の記事でご紹介させて頂きました。
 作中では、第1話と比較して、それ以降の第2話〜第5話は樫村家や樫村生花でのストーリー展開が多く、ご紹介出来る舞台も少々少なくなってしまった為、このような構成となっております。ただ、第1話でご紹介出来るはずの舞台がまだ半分ほど残っているので、特定でき次第残りの舞台のご案内も出来たらよいなと考えております。
 直近で実の所、第1話〜第6話までの舞台を1日で舞台探訪しており、その次の週には第7話の舞台を巡っているのですが、作品を通して観光地とは言えないような穴場のスポットで写真撮影を実施する楽しみを日々感じております。それに、穴場スポットこそ、いつその場所や建物が取り壊されて、新しい形へと変わってしまうか分からないので、今そこにある舞台を撮影するその瞬間瞬間を、毎回大事にしていきたいなと感じます。
 それでは、また早い内に新しい記事を紹介出来るように考えつつ、この辺で。ではでは。

※一部の画像を比較研究目的により使用しています。
作品の著作権(画像も含む)は[© 今井哲也/徳間書店・「アリスと蔵六」製作委員会]にすべて帰属しますのでご注意ください。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事